ガーデニング

ガーベラの育て方は簡単?鉢植えの育て方のコツは

関連キーワード

ガーベラと言えば、春や秋に花を咲かせ、よく園芸店や花屋でも見かけますが、育て方は簡単なのでしょうか。
鉢植えでもよく見かけますよね。個人的には枯らしたことがあり、ちょっと育て方が難しいのではという印象ですが、育て方のコツについて詳しく知ることで上手に育ててみませんか。

スポンサー

ガーベラの種類は?

ガーベラ多年草で、育て方はそれほど簡単ではありませんが普通程度と言われています。上手に育てれば来年も花を咲かせることができる多年草ですので頑張って育ててみませんか。

草丈は15cm~60cmとなっていて鉢植えの場合には背の低い品種のものが多くなっています。

花の色は白、赤、オレンジ、ピンク、黄などカラフルで明るい色が揃っています。2色咲きもありバラエティ豊かに楽しませてくれます。花の大きさについても4cmほどの小さな花から12cmの大きな花まであり、一重咲き、八重咲き他様々な咲き方のものもあり多様な魅力を持っています。細い花びらがたくさんに重なったような変わった咲き方のものも登場しています。

白、赤、オレンジ、ピンク、黄などの色の小さな花を揃えるとかわいらしい印象ですので様々な色のガーベラを育ててみるといいですよね。

ガーベラの育て方は簡単?鉢植えの育て方のコツは?

日当たりの良い場所がとても好きなのがガーベラです。花を咲かせるためにもよく日に当てて育てるのがおすすめです。鉢植えも外で育てるのが良いのですが、夏の暑さには弱いので鉢植えなどの場合は、夏は直射日光の当たらない場所に置くのがいい方法です。 夏にダメにしてしまうことが多いガーベラですので、特に鉢植えの場合には夏になったら日陰の風通しの良い場所に移してあげましょう。

また、冬に霜や凍結をする地域では寒さに注意をして軒下に移動するか部屋の中に鉢植えを入れてあげると育てることができます。

夏の直射日光と梅雨時の雨、そして冬の霜や凍結だけには注意をして育てましょう。季節ごとに注意することを覚えておくと育てやすくなります。うどんこ病なども高温多湿の時期に発生しますので葉や茎が白くなったら気を付けましょう。

最近のガーベラでは病気に強く、耐寒性もある「ガーデンガーベラ」というものもあり、とても育てやすくなっていますのでそうしたガーベラを育てるのもいいでしょう。

スポンサー

ガーベラの花の手入れは?

ガーベラは春と秋に花が咲き、夏の暑さに弱いため夏は休んで春と秋に咲きます。なんだかガーベラに夏のイメージがあったのですが、夏を避けて咲くのがガーベラです。

ガーベラの花の手入れとしては、花が枯れてきたら花茎の根っこから取ってあげることが大切です。枯れた葉っぱも下から取ってあげましょう。手でちぎってあげるのが一番上手に取れる方法ですのでおすすめです。

また、葉っぱが多いと日光があまり当たらなくなり花が咲かないことも出てきますので葉っぱが増えてきたら少し間引いてあげることも必要です。花芽が出てくるように真ん中の葉を間引きましょう。

肥料がなくなった場合も花が咲かなくなりますので注意をします。直射日光を避けながら日光を当てることや肥料をしっかりあげることが花を咲かせるためには重要となっています。

水遣りに関しても鉢植えの場合はガーベラの花に水をかけないようにしてあげることが花を傷めないコツですので注意をしましょう。

ガーベラの花の魅力は?切り花に向いている?

ガーベラは、切り花として人気で花屋でもよく見かけることが多いのではないでしょうか。ガーベラの特徴として花持ちがいいということがあります。水揚げもでき長く持つ花として人気です。

ガーベラの花を長持ちさせるには、コツもあり、茎を長めによく花屋さんで見かけるようなサイズに切ります。そして生ける水は浅くするのがコツです。水を多く入れると茎が腐りやすくなってしまいますので浅い水にいれるのが花持ちをよくするためには大切です。

スポンサー

育て方のコツをつかんで鉢植えや切り花でガーベラを楽しんでみましょう!

いかがでしょうか。ガーベラの花の魅力についても最後にご紹介しましたが、切り花としても長く楽しめる人気のガーベラですので鉢植えなどでもコツをつかんで育ててみてはいかがでしょうか。季節ごとにちょっと気を付ければ育てやすい草花です。夏の暑さには特に注意をして直射日光に当てないようにして育ててみるのがコツです。

3月~4月に植えて多年草ですので毎年春と秋の花を楽しんでみませんか。

ガーベラの種類と育て方は?

ガーベラの花は最近、切り花としてもよく見かけますよね。色もカラフルな色があって、赤やピンク、黄色、オレンジ、白、複色と様々な色を揃えるととてもかわいいですよね。

また、一重、八重、スパイダー咲き、セミダブルなどと花の形も様々です。

どんなガーベラがお好みでしょうか。ガーベラの種類と育て方について詳しくみていきます。

ガーベラの種類で代表的な一つ「エバーラスト」

ガーベラは、草丈15cm~60cmと大きさに差があり、矮性種は鉢植えにして寄せ植えにおすすめです。高性種は、庭の縁取りなどに植えると映えますよね。洋風の庭を作る時には華やかになり、おすすめです。

この高性種の代表的なガーベラが「ガーデンガーベラ・エバーラスト」です。その名の通り、庭植えに適しています。

大きな株になり、育てるのも丈夫で、花も良く咲きますので庭に植えるにはピッタリです。暑さや寒さにも強く、南関東より西の地域では地植えで大丈夫な品種です。

ガーベラは意外と暑さに弱かったり、葉っぱが多くなって咲かくなったりします。また、灰色かび病やうどんこ病などにかかって枯れることも多いものです。

うどんこ病にも強い「エバーラスト」は育てやすい魅力的な品種です。

背は高くなりますが、鉢植えでも育てることができますので、どちらでもいいでしょう。春から秋までよく花が咲くことでも人気です。

昔からの品種の細い花びらのガーベラ

また、昔からよく庭で植えられている高性種で、宿根草として捉えられているのが「スーパークリムソン」です。こちらは耐寒性が強い品種です。清楚な細い花びらの花で花が少なく、育てやすい品種です。

庭で冬越しできるのがおすすめの「スーパークリムソン」ですが、今はあまり見なくなったクラシックなガーベラです。

原種の「ヤメソニー」も赤色で花びらが細く、枚数も少ないのが特徴です。この原種「ヤメソニー」が他の原種と掛け合わされることで、今では、華やかな花びらの園芸品種がたくさん誕生しています。今、新しいガーベラの品種は毎年のように誕生しているそうです

「宿根ガーベラ・大輪ガルビネア」も育てやすくて人気

最近では、「大輪ガルビネア」と言った品種も人気です。通常の「ガルビネア」の花径が4~5cmなのに対し、花径が7cm~10cmと大輪なのが特徴です。

また、花がオレンジとイエローのバイカラーになっていたり、淡いピンクと白の複色だったり、鮮やかな色で大きな花を咲かせる品種です。

耐暑性や耐寒性に優れているために、庭に植えても大丈夫なのが人気となっています。より大きな花びらと色合いの華やかなイメージになりつつあるガーベラの種類と言えそうです。

もともとの「ガルビネア」も宿根で、毎年楽しめますので人気です。マイナス5度までは耐寒性があります。花びらも割と大きく、花もたくさん咲きますので人気です。

小さく育てるミニガーベラも

また、草丈が小さく、花びらが大きな「ミニガーベラ」も売られています。小さなサイズですので、そのまま、小さな鉢で育てるのもかわいらしいでしょう。

たくさんの色を揃えて、寄せ植えの鉢にするのもいいですよね。こちらは、それほど寒さには強くなく、半耐寒性で0度になると葉が枯れて冬眠するガーベラです。

最近では耐暑性や耐寒性に優れた品種もたくさん出ています。このような育てやすい品種を選んで、ガーベラを楽しんでみるといいですよね。

ガーベラの色による花言葉もご紹介!

ここで、ガーベラの花色による花言葉もご紹介しておきます。ガーベラの花言葉は「希望」や「常に前進」です。明るい花色や花のイメージにぴったりですね。
ガーベラの色によっても異なる花言葉があり、ピンクのガーベラは「崇高美」です。白いガーベラは、「希望」「律儀」となっています。

赤いガーベラは「神秘」で、赤い色が深い神秘的な色をしているからでしょうか。黄色のガーベラは、「究極美」「親しみやすい」です。日光なども連想させるような色ですよね。

オレンジは、「我慢強さ」「あなたは私の輝く太陽」や「忍耐」となっています。明るく強く咲いている様子が我慢強さに見えるのでしょう。

こくした花言葉を見てみると、ガーベラの花言葉は、どれも全体的には明るいイメージのものが多いですよね。南アフリカ原産の花、ガーベラは私たちに元気を与えてくれる花です。そんな花を丈夫に育てて花を咲かせたいですね。

ガーベラは耐暑性、耐寒性のある品種がおすすめ

いかがでしょうか。ガーベラの種類と育て方についてご紹介しました。ガーベラを枯らしてしまったという人も意外と多いでしょう。耐暑性や耐寒性のある品種を選ぶことで育てやすくなります。

庭植えに向いている「エバーラスト」や耐暑性・耐寒性が高い「ガルビネア」や大輪の花を咲かせる「大輪ガルビネア」などを選んで育ててみましょう。毎年花をたくさん咲かせてくれる嬉しい品種です。

より華やかに鮮やかになりつつあるガーベラの品種をよく知って、いろいろ楽しんでみてはいかがでしょうか。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ