ガーデニング

ハナミズキの花の時期っていつ?色や花の種類、育て方に詳しくなりませんか

2018-02-17

関連キーワード

ハナミズキは、街路樹でもよく見かけますので知っている人も多いのではないでしょうか。ハナミズキの花が咲くと結構目を惹きますよね。

ただ、具体的にハナミズキの花の時期や色のことや花の種類について多くを知っているのかというと知らないことも多くあります。私たちの身近にあるハナミズキについてもっと詳しくなりませんか。

ハナミズキの歴史と花の時期は?

ハナミズキは、春に咲く印象的な花が私たちを楽しませてくれますよね。時期としては4~5月に花が咲きます。

アメリカを代表する木だということを知っていますか。歌手の一青窈さんの「ハナミズキ」はアメリカの平和を歌った歌ですが、ハナミズキがアメリカの木だということについては意外と知らない人が多いのではないでしょうか。

ハナミズキは、意外と最近、日本に伝わった樹木で、明治45年にワシントンに桜の木を送った返礼として大正の初めに東京に送られてきたものです。つまり、日本を象徴する桜に対して、アメリカの代表する花としてハナミズキが送られてきたことになります。それほどアメリカでは親しまれている木ということになるのでしょう。

和名は、「アメリカヤマボウシ」と言われています。ヤマボウシともよく似ていて違いがわからないことも多いのではないでしょうか。ハナミズキの方が先に花を咲かせます。

育てやすく大きく育ち、3m~12mほどになるハナミズキは、家のシンボルツリーに植えている人や街路樹で植えられているのをよく見掛けるのではないでしょうか。

ハナミズキの花には不思議が!

花がピンクや白、赤など美しいハナミズキですが、ハナミズキの花にはちょっと不思議があります。花びらと私たちが見ているものは実は「苞(ほう)」で本当は葉っぱです。

その中に小さな粒状の丸いものが花となっています。私たちが美しい色に見とれているものは葉で、色鮮やかな葉を見ていることになります。ハナミズキが長く咲いているのは花ではなく葉っぱなので長く味わうことができるとも言えます。

また、葉っぱは秋に赤く紅葉して葉がなくなってしまう落葉樹です。花と紅葉の両方を楽しむことができるのがハナミズキの魅力ともなっています。

ハナミズキの種類は?

ハナミズキは、花色がピンクや白、赤などとありますが、種類によって色がいろいろあります。

ハナミズキの中でも最も主流なのが街路樹などに並べて植えられている「チェロキーチーフ」という品種です。紅色の大きな花がたくさん咲き、街路樹としても目を惹きます。「レッドジャイアント」は濃い赤色の花が咲き、葉っぱの紅葉もきれいで楽しめます。「ジュニアスミス」は、ピンクの大輪の花を咲かせて人気です。ハナミズキと言えば、ピンクの花を思い浮かべる人も多くいるでしょう。

「ベニバナハナミズキ」も濃いピンクのはっきりした花を咲かせるため印象的です。本来は、ハナミズキの基本は白い花ともされていますが、淡紅色のピンクも人気があります。

白い花では、「クラウドナイン」があります。こちらは白い大輪の花を咲かせ、木自体は少し低い品種が特徴です。

桜が終わった頃に咲いているのが長く楽しめるのがハナミズキの魅力です。街路樹で人気なのもそうしたことにも理由がありそうです。

ハナミズキは育てやすい?

ハナミズキは、樹形が早く安定するというのも人気の一つです。そのままにしていてもきれいに育ってくれますので、剪定や枝を整える必要があまりいらずに手入れがしやすい木といういい点があります。

植える場所に適しているのは、日がよく当たる場所で少し乾燥した程度の場所がおすすめの場所です。また、耐寒性、耐暑性ともにやや弱いので、夏は西日の当たらない所に植えるようにするのがコツです。水はけもいい土に植えるようにしましょう。

ハナミズキの花が咲かない時は?

ハナミズキは、花が咲かないという悩みを持った人も多いようです。日当たりが悪いと花もあまり咲かないようになり、日向に植えなおしてやるのもおすすめの方法といえます。

乾燥、西日についても花を咲かせるためにもしっかりと考えてあげた方が良さそうです。

また、耐寒性があまりありませんので、寒すぎると花芽がだめになってあまり咲かなくなります。寒い地方では花芽の寒さ対策も必要となります。

また、剪定の際に花芽を切ってしまっていることもあり、剪定する際には、葉っぱがなくなった落葉時期にする方が花芽を切ったりする心配がなくていい方法です。

ハナミズキは、植えて何年か経ってからしか咲かないことも多くありますので大事に育ててみることが大切です。肥沃な土が好きですので肥料も大切です。

ハナミズキをシンボルツリーとして植えてみては

いかがでしょうか。ハナミズキを植えることで咲いている時期を長く楽しめますのでシンボルツリーなどで植えてみてはどうでしょうか。また、樹形がきれいですので、日当たりのいい家の正面などに植えておくと見栄えもよくておすすめです。

花の色もピンクや白、紅色など好きな色のハナミズキを選んで楽しんでみませんか。和風の庭にも洋風の庭にもどちらにも似合う木と言えるのではないでしょうか。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ