ガーデニング

マリーゴールドの育て方は?マリーゴールドには効能がある?

2018-02-21

関連キーワード

マリーゴールドは、キク科の植物でカラフルな色に人気がある花ですよね。特にオレンジや黄色などの花を思い浮かべる人も多いのではないでしょうか。明るい色の花として魅力があります。

そのマリーゴールドの育て方やマリーゴールドを育てることによっていいことをまとめてみました。皆さんもマリーゴールドを育ててそのメリットをよく活用してみませんか。

マリーゴールドとはどんな植物?

マリーゴールドは、中米のメキシコなどが原産地です。そう言われてみればそんな雰囲気がある明るい花ですよね。6月〜10月の夏に花を咲かせる一年草です。

花は、一重、八重、カーネーション咲き、クラウン咲きなど様々な咲き方があり、花色もオレンジや黄色、赤、白、クリーム色などがあり、花色と咲き方の組み合わせでたくさんのバラエティに富んだマリーゴールドが存在しています。

また、草丈は大きなものでは2mほどにも成長します。品種によって大きさの差が結構ある植物です。大きく育つ種類として、アフリカン・マリーゴールドがあります。メキシコ原産でアフリカで栽培された品種です。暑さにとても強い品種で初めて育てる場合にはおすすめとも言えるものです。

フレンチ・マリーゴールドは、和名でクジャクソウとも呼べれ、花も草丈も小さい品種となっています。こちらは、暑さに弱く30度を超すと注意が必要で花が咲かないようになりますので気を付けましょう。

メキシカン・マリーゴールドは、草丈15cmほどの小さな品種で冷涼な地域で育ちます。マリーゴールドは、育てやすいのですが、寒さにはやや弱いものや暑さに弱いメキシカン・マリーゴールドやフレンチ・マリーゴールドなどは注意が必要です。

育て方の注意は?

マリーゴールドは、日当たりがいい所で育てるのがおすすめで、日当たりが悪いと花があまり咲かなくなります。ただ、夏の暑さもちょっと苦手で夏は風通しのいい場所で育てるのがコツですので鉢植えなどは移動してあげましょう。

また、夏に暑くなり乾燥してしまうと、ハダニがつきやすくなります。葉水をかけるようにするのがコツです。夏の乾燥と日ごろは過湿に気を付けておきましょう。

マリーゴールドの特徴として6月〜10月と夏前から秋まで花を長い間咲かせますので、肥料も定期的に与えてあげることが必要です。液体肥料を花を咲かせるために1週間に1度はあげるようにしましょう。

花を楽しむだけでなくマリーゴールドと一緒に植えると効能もある?

マリーゴールドは、花を楽しむだけでなく効能もあります。土の中にいるセンチュウという害虫を抑制する効果がマリーゴールドにはあります。

そのため、マリーゴールドとトマトやジャガイモ、マメ科やキュウリなどの野菜を一緒に植えるといいとされています。トマトなどと植えるとコナジラミの害虫対策になったりして助けてくれるとされています。

こうした植物同士の関係のことを「コンパニオンプランツ」と言います。ハーブなどもそうですが、一緒に植えることで病気や害虫になるのを防いだり、生育を助けたりするなどと言われたりしているものです。

農薬を使わなくてもいい害虫対策としてマリーゴールドなどを隣に植えてみるというのもいいかもしれませんね。マリーゴールドは見た目もかわいらしくて楽しむことができ、そんな効能もありますので寄せ植えなどをして楽しんでみてはいかがでしょうか。

まだはっきりとした結果が出ているとはいえない面もありますが、共存共栄をする植物として「コンパニオンプランツ」という関係があることを知っておくといいかもしれませんね。

他にもトマトとバジルも一緒に植えるといいとされています。マリーゴールドもバジルもコナジラミなどの害虫を遠のける効果もあるなどと言われます。

ただ、マリーゴールド自体も虫が何もつかないかというとそうでもありませんので、夏の高温乾燥にだけには注意をしてハダニには気をつけましょう。

寄せ植えで楽しみたいマリーゴールド

そんな理由もあり、いろいろな植物と一緒に寄せ植えで育ててみたくなるのではないでしょうか。黄色やオレンジなどの色があるマリーゴールドは寄せ植えにするとぱっと明るくなります。

また、マリーゴールドだけだと色が単調になりがちな場合は他の植物を植えてかわいらしく寄せ植えしてみるのもいいでしょう。よく黄色とオレンジのマリーゴールドを寄せ植えにして、ブルーのロベリアなどの花が小さくて優しい雰囲気の植物を加えたりするとかわいらしくなりますのでおすすめです。

また、カラーリーフを一緒に植えるのもいいでしょう。華やかな雰囲気を楽しむことができます。

マリーゴールドの楽しみ方はいっぱい

いかがでしょうか。マリーゴールドは、花の色や咲き方も様々で明るい印象で、育てるのも割と簡単です。日当たりのいい所を探して植えてみましょう。鉢植えで寄せ植えをする場合にも日当たりが好きな植物と植えてみるといいですね。太陽が似合うマリーゴールドです。

野菜などと一緒に植えるとセンチュウを防ぐことにもなると言われますので家庭菜園と一緒に植えて花も楽しんでみるといいですね。農薬を使わない菜園の場合などに試してみませんか。

▲ページトップ