ガーデニング

富貴蘭の種類と育て方は簡単?

2018-02-22

関連キーワード

「富貴蘭」を知っていますか。「富貴蘭(フキランまたはフウキラン)」、「風蘭(フウラン)」とも呼ばれる蘭の仲間です。

白や赤の小さなかわいい花を咲かせますので花を見たら知っている人も多いのではないでしょうか。

「富貴蘭」自体が小さい蘭でかわいい花がまた人気です。「富貴蘭」の種類と育て方に詳しくなって、たくさんの白い花などを咲かせる「富貴蘭」の魅力を味わってみませんか。

富貴蘭の園芸種は種類がいっぱい

「富貴蘭」は、関東より南の海岸沿いでしたら自生しているのも見ることができる蘭です。野生の自生している品種は「風蘭」といって分けられ、今絶滅の危機に瀕しています。

ただ園芸品種は多く作られ、現在100種類以上あるとも言われています。多くの人に愛されているためにたくさんの園芸品種ができたと言えます。

「富貴蘭」は、草丈が10cm〜20cmと大きさ的にもかわいらしい蘭です。小さな丈でたくさんの白や赤の花をつけるのがかわいらしくて人気です。小さな純白の花や赤い花がたくさん咲く姿が印象的です。花が咲くと香りがいいのも魅力と言われます。

また、葉っぱも細くてきれいな葉がたくさん出て美しくなります。花、葉っぱ、香りといろいろな魅力がいっぱいの「富貴蘭」です。鉢植えで丸くした水苔に植え付けますので、空気中で根が伸びていき、そこから葉っぱや花が咲いている様子をすべて見ることができます。成長は遅いのですが、手に取るように成長を見ることができるのも「富貴蘭」の一つの魅力と言えるものです。

富貴蘭の育て方は?

蘭というと育て方が難しいという印象ですが、「富貴蘭」は、南の方で見かけるといいますが、福井や京都などにも自生しているなど意外と寒さにも強い蘭です。

育っている様子などを見ると根がむき出しになっていて特殊ですが、自然の雨だけで育ちますので、乾燥に強い蘭です。また、根は空気中で伸び、空気を好む根となっていて風通しのいい環境も育てるためにはおすすめの環境です。

風通しの良い日陰が育てるにはベストな環境ですので、部屋でも育てることができますが、とにかく風通しをよくしてあげましょう。

また、「富貴蘭」の手入れとしては、咲き終わった花は摘み取ってあげるようにし、株が蒸れないように「富貴蘭」自体も風通しよくしてあげることが大切なことです。

蘭としては育てやすい種類ですが、風通しが悪く蒸れてしまってだめにならないようには注意をしましょう。また、日陰で育てるのがおすすめということで、あまり日に当てると細い葉が焼けてきれいな葉が弱ってしまいますので気を付けましょう。

苗から鉢植えで育てることが多い「富貴蘭」は、かわいらしいサイズですので、小さな盆栽のようにして育ててみることができます。病気や虫の心配があまりいらずに育てやすいのも魅力です。

富貴蘭のあまい香りも魅力的!

葉っぱや花のかわいらしい魅力ももちろんですが、花が咲いた時の甘い香りも実はとても人気です。園芸品種が100種類以上も作られているのは、この香りに魅せられた人も多くいたからだとも言われます。江戸時代の大名も好んで栽培し、いろいろな品種が作られています。

7〜8月の夏に花を咲かせますので、花が咲いた時の甘い香りも楽しみに育ててみてはいかがでしょうか。

花の色も白や赤だけでなく、種類が多いのでピンク、薄紫、黄、緑とたくさんの色を楽しむことができます。小さな「富貴蘭」ですので様々な色を揃えて育ててみるのもいいでしょう。

日陰でも育ち、あまり育てる場所を選ばず、小さく育てられますし、水もそれほど遣らなくても大丈夫ですので一人暮らしで育てる蘭としてもおすすめです。最初の蘭として育ててみるのもいかがでしょうか。夏の暑いときに甘いバニラのようないい香りの花が咲いたら楽しみですよね。

水苔で育てる富貴蘭の注意点は?

水苔に植えられる「富貴蘭」は、植えている水苔が1年ほどで古くなってしまいますので注意が必要です。1年に1回は、花が咲く前の春に大きな鉢に植え替えてあげるのがおすすめです。

たくさんの根を傷つけないように古い水苔からはずしてやり、傷んだ根はその際にきれいに取って整理してあげるといいようです。土の代わりとなっている水苔を大事にしてあげることも大切です。

育てるのが簡単な富貴蘭をもっと気軽に楽しみませんか

いかがでしょうか。小さくてかわいらしいサイズの「富貴蘭」を部屋などで育ててみませんか。風通しだけに気を付けて乾燥ぎみに育ててみましょう。水遣りの心配があまりいらないというのもとても育てやすいので夏の花と甘い香りを楽しみに育ててみてはいかがでしょうか。成長が遅いのでそのままの形で長く楽しむことができます。

葉っぱも細い葉が重なったような形で生え、様々な種類の葉の形や斑入りや縞模様なども楽しむことができます。

花の咲き方も葉も様々で愛好家も多い「富貴蘭」です。豊富な種類の「富貴蘭」の不思議な魅力をもっと気軽に味わってみませんか。

    ▲ページトップ