盆栽

初心者におすすめの盆栽のある暮らしとメリット

関連キーワード

初心者におすすめの盆栽のある暮らしは、盆栽を育てる楽しみ以外に4つのメリットを暮らしの中にもたらしてくれるので、心も体も健康的な暮らしを楽しむことができます。
また、盆栽のある暮らしは、小さな変化を気づかせてくれます。

スポンサー

盆栽のある暮らしをおすすめする理由

盆栽のある暮らしをおすすめする理由は、暮らしの中に一鉢の盆栽のあるだけでも毎日の生活に潤いが生まれ、心にもゆとりができることです。

一度、盆栽の魅力に取りつかれてしまった愛好家は、盆栽のある暮らしから抜け出すことは難しいと言われています。その背景には、複雑化する社会や自然と縁遠い都会生活などがあげられます。

身近な生活環境の中に新鮮な自然の緑があると心も潤いますが、都会生活の中では、コンクリートの建物ばかりが増えて、潤いを与えてくれる自然の緑は失われつつあります。また、昨今の住宅事情により、庭のある住宅も減少しているので、自然と縁遠い都会生活を余儀なくされている人も多いです。

しかしながら自然の緑と縁遠い都会生活の環境の中に一鉢の小さな盆栽鉢を置いただけでも身近に小さな自然を感じることができます。近年、盆栽愛好家が増加している理由は、自然の重要性と暮らしの中に盆栽などの緑があり、心にゆとりができる生活が求められていることではないでしょうか。

盆栽のある暮らしがもたらす4つのメリット

盆栽がある暮らしは、盆栽を育てるだけでなく、4つのメリットを暮らしの中にもたらしてくれます。

* 1人でも楽しむことができる暮らし
暮らしの中に盆栽があると盆栽の手入れを通して、一人でも盆栽と一緒に日々の暮らしを楽しむことができます。

例えば、仕事、家事、介護、勉強などから生じるストレスや疲れを盆栽の水やりなどを通して、何も考えない時間を過ごしたり、盆栽鉢に語りかけたりすることで、気持ちがほぐれることがあります。

* 季節を楽しむ暮らし
盆栽は、四季や天候によって鉢土の乾きや樹木の状態も異なるので、暮らしに一鉢の盆栽があると四季折々の移り変わりや日々の天候が気になってきます。そのため普段はあまり天気や季節に無関心の人でも盆栽の置かれている庭先やベランダの陽当たり状況や雨風が気になってきます。

このように暮らしの中に盆栽が一鉢あるだけでも自然の移り変わりや身近な天候が気になってくるので、盆栽以外でも四季折々の季節を楽しむ暮らしを送ることができます。

* 健康的な暮らし
盆栽が一鉢あると、太陽の下で盆栽の手入れ作業をする必要があるので、普段は室内にこもりがちな人でも外に出て盆栽の手入れをしながら日光欲をする機会が必然的に増えてきます。

日光に当たりながら盆栽の剪定をしたり植え替えをしたりすると体を使う作業も増えるので、健康維持にも良いです。また、盆栽は、手入れや植えかえ作業をしながら樹の枝や葉に触れたり、花の匂いを嗅いだり、実を楽しんだりすることができるので、普段の生活では味合うことができない自然の美しさを身近で感じることにより、精神的にも心にゆとりが出てきます。

また、しばらく盆栽のある暮らしを続けていると、無意識のうちに自然と体が動いて盆栽の世話をしたり、野山を歩いたりして、自然に触れたくなってきます。

盆栽を育てる前は、盆栽が健康に良いということは想像できなかったと思いますが、盆栽の手入れを通して陽に当たるようになり、ゆったりとした気持で他の作業もすることができるので、一層健康的な暮らしを送ることができます。

* 規則正しい暮らし
人間は、毎朝規則正しく適度な運動や食事をしないと健康が維持できないです。同じように盆栽は生命ある植物なので、水やりなどをして毎日の管理をしないと枯れてしまいます。

たまには朝寝坊をしたいと思ったり、水やりをさぼったりしたくなりますが、さぼってしまうと盆栽を枯らしてしまいます。そのため仕事がお休みの日でも必然的に普段と同じように早起きをして、水やりをしなくてはならないです。また、水が渇きやすい夏の暑い日などは、必要に応じて多くの水を与えたりする習慣が出来てくるので、毎日行う水やりも暮らしの中で生活のリズムとして行えるようになります。

これらの生活のリズムは一見大変そうに見えてしまいますが、心にゆとりができるようになると楽しみのリズムに変わって行きます。生活のリズムが整ってくると、健康にも良いので、心と体のバランスがとれた生活を送ることができます。盆栽鉢は一鉢でも毎日の世話が必要なので、生活のリズムを整える効果があります。

そのため盆栽のある暮らしを始めると、毎日決まった時間に水やりなどの管理作業が必要となるので、毎日の暮らしも規則正しくなってきます。

スポンサー

日常の小さな変化に気づく暮らし

盆栽のある暮らしを続けていると、盆栽の小さな変化や生長に気づくようになりますが、同じように暮らしの中での様々な変化にも気づきやすく感じやすくなってきます。

今までは何となく感じていた春夏秋冬の季節でも、盆栽のある暮らしの中では、春の新芽、初夏の深緑、秋の紅葉、冬の寒樹など一年を通して、暮らしの中で小さな自然の作り変わりがもたらす自然の美しさに感動をすることができるようになってきます。また、季節の移り変わりを楽しむ余裕もでてくるので、盆栽の季節ごとの変化が待ち遠しくなってきます。特に花ものや実もの盆栽は、蕾から花が咲き、実が生るまでの過程を見ながら四季折々を感じることができます。

また、小さな鉢の中でけなげに生長している盆栽に触れていると、一鉢一鉢に愛情を持って接することができるようになるので、盆栽に対してはもちろんですが、他の人に対しても優しい気持ちで接することができるようになります。

そのため盆栽のある暮らしは、季節の移り変わりや自然の美しさを感じさせてくれるだけでなく、人の心を穏やかでやさしくしてくれるので、暮らしの中で小さな感動や変化にも気づきやすくなってきます。

盆栽のある暮らしを始める際の3つの留意点

盆栽経験が全くない初心者が、盆栽のある暮らしを始める際の留意点は、流行を追わないで、最初は一鉢から初めて、四季を楽しむことの3つです。

盆栽は他の植物と同じように流行に左右されずに楽しむことです。例えば、花が咲いている盆栽は花が開花している期間だけ楽しむのではなく、四季を通して毎日手入れをしながら花芽が付き、やがて開花して実が付くように手入れをすることが、本来の盆栽の楽しみ方です。

また、盆栽を始める際は、一本の樹から育てて楽しむことです。一本の樹を普通の植木鉢に植えても良いので、自分の好みの樹を鉢に植えることから始めると、盆栽のある暮らしを気軽に楽しむことができます。旅先で立ち寄った盆栽店で気に入った苗木や野山で見つけた原木でも鉢に植えてみることが、盆栽のある暮らしを楽しむ第一歩です。

最初は、自分の気に入った一本の樹木を盆栽鉢や植木鉢に植えて、とりあえず春夏秋冬を通して枯らさず世話をして、「盆栽のある暮らし」を楽しむことです。四季を通して手入れをしながら盆栽の成長を楽しんでいると、盆栽のある暮らしの楽しさが感じられるようになってきます。

初心者に4つのメリットをもたらしてくれる盆栽のある暮らしは、健康的にも精神的にも良いので、盆栽のある暮らしを始めてみませんか。

スポンサー

    ▲ページトップ