日本でNo.1の愛され犬種「プードル」の魅力を徹底解明!

2018-04-13

関連キーワード

プードルは、ジャパンケネルクラブ登録数が10年以上トップに輝いている大人気犬種です。
スタンダード・ミディアム・ミニチュア・トイのサイズで分類されることが多いですが、体格による体質の差はほとんどありません。
ジャパンケネルクラブでは、全て同じ犬種の「プードル」で統一されています。ぬいぐるみのようなフワフワの巻き毛に包まれたキュートなボディのプードルは、日本で№1の愛され犬種になりました。
容姿が愛らしいだけでなく、性格の良さや飼いやすさもプードル人気に拍車をかけているようです。

日本でNo.1の人気犬種プードルの魅力と育て方のポイントについてご紹介します。

プードルの特徴と性格は?

◇体のサイズは4種類に分類される

プードルはサイズのバリエーションが豊富な犬種です。ジャパンケネルクラブで公認されているサイズは「スタンダード・ミディアム・ミニチュア・トイ」の4種類。体重ではなく体高で分類されており、公認サイズは以下の通りです。

スタンダード・プードル:45cm~60cm
ミディアム・プードル:35cm~45cm
ミニチュア・プードル:28cm~35cm
トイ・プードル:24cm~28cm

同じ犬種でも、大きなスタンダードと小さなトイでは倍ほども差があります。この中には含まれていませんが、トイよりさらに小さな「ティーカップ・プードル」「タイニー・プードル」というサイズも見られるようになりました。ただし、この2種類はジャパンケネルクラブでは「小さく生まれたトイ・プードル」として扱われます。

◇カラーバリエーションは14種

プードルは体の大きさだけでなくカラーバリエーションも豊富です。単色は「ブラック、ホワイト、ブルー、グレー、ブラウン、カフェオレ、ベージュ、シャンパン、アプリコット、クリーム、シルバー、シルバー・グレー、シルバー・ベージュ、レッド」の14種類。よほどのプードル愛好家でなければ、覚えるだけでも大変ですね。原種は黒と白と茶色の3色だったのですが、長い年月をかけて交配され多くのカラーが誕生しました。日本では、茶系や白系の人気が高い傾向にあります。

◇サイズやカラーで体質や性格は変わる?

サイズによる体質の違いはほとんどないとされていますが、寿命だけは若干の差があります。これは犬全般に言えることですが、体が大きいほど短命になるようです。それでも、一番大きなスタンダード・プードルで12歳くらいが平均寿命なので、大型犬の中でも長生きな犬種と言えるでしょう。トイ・プードルは、12歳~15歳が平均寿命だとされていますが、近年では14歳~17歳くらいまで生きる個体も珍しくありません。プードルは、サイズ全ての平均から見ても長生き犬種です。

カラーによる体質の違いはありませんが、性格は少し異なる傾向があると言う意見が増えています。プードル全般に共通しているのは「聡明・活動的・社交的・しつけやすい」。これを軸に、カラーによる個性が加わり性格に違いが生まれているようです。日本で人気の高いカラーで分けてみましょう。レッドやアプリコットは陽気で天真爛漫で協調性に乏しい・ブラウンは明るくマイペースでフレンドリー・ホワイトは慎重派で忠誠心があり社交的・ブラックは落ち着きがあり無駄吠えが少なく従順。プードルを家族として迎えたいときは、参考にしてみてくださいね。

飼いやすさ抜群!プードルを上手に育てるポイント

Point1 こまめなブラッシングと定期的なトリミング

プードルは体臭が少なく被毛も抜けづらいので、初めて犬を迎える家庭にもおすすめの犬種です。でも、全くお手入れが必要ないわけではありません。絡まりやすい毛質なので、週に数回くらいはブラッシングしてあげましょう。抜けづらいですが伸びやすく、月1回くらいのペースでトリミングが必要です。プードルの特徴であるクルクルふわふわした巻き毛を生かし、プロのトリマーに可愛くカットしてもらうことをおすすめいたします。季節に応じて長さやスタイルを変えながら楽しめるのもプードルの大きな魅力です。

Point2 アクティブに運動させてストレス発散

全ての大きさのプードルに共通しているのは、多くの運動量を必要とすること。体格による差は若干ありますが、小さなトイ・プードルでも毎日20分~30分ずつ2回くらいの散歩が必要です。聡明で活発なので、普通に歩かせる運動だけでは物足りなく感じるようになってくる可能性もあります。プードルは狩猟犬としての本能が強いので、ボール投げなどのアクティブな運動を取り入れるのがおすすめです。飼い主が投げたボールを取ってくるという遊びを繰り返すこ

監修:ソラノアンジュ

愛するペットと暮らす充実した幸せな人生。その素晴らしさをたくさんの人に伝えたくて、ペットライターの道を選びました。
長年の執筆経験で得た情報を元に、あなたの可愛いパートナーを探すお手伝いができれば幸いです。とで、楽しみながらストレス発散させることができます。

Point3 膝蓋骨脱臼を予防する

プードルは「膝蓋骨脱臼」を発症しやすい犬種です。膝のお皿がずれて脱臼する疾患で、先天的なものと後天的なものがあります。運動量が多く活発な犬種なので、遊んでいるときに発症するケースも少なくありません。予防対策として有効なのは「子犬のうちから十分な運動をさせて筋肉を付けること」「衝撃の少ない地面や床で遊ばせること」です。毎日しっかり散歩や運動をさせて伸び伸びと育て、固い床やコンクリートの地面をなるべく避けるように心がけましょう。屋外で遊ばせるときは、芝生のある広い場所が適しています。

ぬいぐるみのようなキュートなボディと、飼いやすさ抜群の体質と性格の良さが魅力のプードル。日本で№1の愛され犬種になるのも納得ですよね。サイズが豊富なので、飼育可能な環境が選べるのも人気のひとつと言えます。魅力あふれるプードルとの生活を始めてみませんか?

    ▲ページトップ