血圧

その効果に期待大? 落としづらい皮下脂肪はこうやって落とす!

関連キーワード

――――
監修:大塚真紀(医師・医学博士)
学歴:東京大学大学院医学系研究科卒。
専門:内科、腎臓、透析の専門医。

自己紹介
現在は育児の傍ら、医師という職業を生かし、医療系記事の執筆・監修、最新医学論文の翻訳、医療コラムの作成に従事。
――――

体につく脂肪には皮下脂肪と内臓脂肪があります。内臓脂肪は比較的落としやすいといわれていますが、皮下脂肪は落ちづらいことがわかっています。また、皮下脂肪は下腹部や太もも、お尻など下半身につきやすいので、上半身に比べて下半身が太いような肥満体型になります。

今回は皮下脂肪の原因や効果的な落とし方についてわかりやすくまとめます。

――――
《目次》
・皮下脂肪と内臓脂肪の違いは?
・皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方
・皮下脂肪の原因とは
・皮下脂肪を落とすための方法とは?
・まとめ
――――

皮下脂肪と内臓脂肪の違いは?

ひとことで脂肪といっても、2つの種類があります。皮膚の下につく皮下脂肪と内臓の周りにつく内臓脂肪です。皮下脂肪は女性につきやすく、内臓脂肪は男性につきやすいといわれています。また、皮下脂肪は下腹部や太もも、お尻などの下半身につきやすく、内臓脂肪はお腹周りにつきます。皮下脂肪がたくさん溜まっていることによる肥満は、下半身に脂肪が集中してつくので洋ナシ型の体型になる傾向があります。一方で、皮下脂肪はお腹周りに集中的に脂肪がつくのでお腹がぽっこりと出たようなリンゴ型の体型になることが多いです。

内臓脂肪は比較的落としやすいといわれていますが、皮下脂肪はなかなか落としにくいです。

どちらの脂肪の場合にも、体の中に過剰についていると肥満の原因になりますし、体によくありません。特に内臓脂肪は、高血圧、糖尿病、脂質異常症、心臓病など多くの病気と関連することが指摘されています。

どちらの脂肪が多くついているか把握できると、ダイエットにも成功しやすいかもしれません。

皮下脂肪と内臓脂肪の見分け方

皮下脂肪と内臓脂肪には、それぞれ特徴があるようですがどのように見分ければよいのでしょうか。
どちらの脂肪の場合にも、下腹部がぽっこりと出る可能性があるので腹囲を測るだけでは見分けはつきません。正確に測定するためには、病院で行うことのできるCT検査が有用です。CT検査を行えば、体を輪切りにした状態の写真を観察できるので皮膚の下についている皮下脂肪と内臓の周囲についている内臓脂肪を見分けられます。
また、最近では腹部生体インピーダンス法という測定方法もあります。ベルトを巻いて電流を流すと、皮下脂肪と内臓脂肪がどれくらいついているか測定できます。所要時間は数秒で、患者さんへの負担も少ないです。腹部生体インピーダンス法は、まだ限られた場所でしか使用されていないので今後の活用が期待されています。

皮下脂肪の原因とは

皮下脂肪の原因は、ひとことで言えばエネルギーの摂り過ぎです。最近はインターネットの普及や交通機関の発展と共に運動不足の人が増えています。
1日のうち、ほとんどを椅子に座って過ごしている人も多いのではないでしょうか。脂肪は、余分なカロリーが体に蓄積している証拠です。1日に消費するカロリー以上に食事でカロリーを摂ると、余った分は全て皮下脂肪あるいは内臓脂肪として体に溜まります。特に皮下脂肪は、長い時間をかけて蓄積されていることが多いので、なかなか減りません。

皮下脂肪を落とすための方法とは?

内臓脂肪は食事制限や運動などで比較的落としやすいといわれていますが、皮下脂肪はなかなか落ちないといわれています。皮下脂肪は長い時間をかけて体の中に蓄積した脂肪なので少し運動したくらいでは落ちません。皮下脂肪を落とすためには、毎日の食生活の見直しと運動を併せて行うことが大切です。

まず、皮下脂肪を落とすための食事の仕方ですが、1日3食、野菜や魚を多めにバランスよく食べることが基本です。脂っこいものや甘いものを好んで食べている人、間食がやめられない人、朝ごはんを食べない人、早食いや大食いの人などは皮下脂肪がつく可能性が高いです。毎食をいきなり変えるのは難しいかもしれないので、夕食を軽めにしたり、朝食をきちんと摂るように心がけてみるとよいかもしれません。食事の最初に野菜を摂るようにすると食べ過ぎを防ぐことができます。
また、筋力アップは基礎代謝を上げるので皮下脂肪を燃焼させて落としやすくします。スクワットや腹筋、背筋など無理のない範囲で組み合わせてみてください。

まとめ

体につく脂肪には、皮下脂肪と内臓脂肪があり、皮下脂肪は落としづらいようです。毎日の食生活を見直してカロリーの摂り過ぎを防ぎ、有酸素運動を行うと皮下脂肪を落とす効果を期待できます。毎日続けることが大切なので、できることから始めてみてください。

また、最近ではオンラインでジムと同様の指導を受けながら運動ができるサービスも人気です。自宅で可能なので人目を気にせず痩せられるのでおすすめです。下記のようなサービスがありますので、気になる方はチェックしてみてください。

Beauty online studio SOELU(ソエル)
スマートフォンやパソコンを使って自宅でヨガのレッスン。好きな講師、好きなレッスンを、早朝5時台から深夜24時まで、部屋着やすっぴんの状態でも人目を気にせず受けられます。
成功率95.7%のダイエット指導【Plez】
食べ物のNGがなく、楽しく食べながら痩せられる、オンラインダイエット指導。専門家の指導を受けながら自宅でのトレーニングを1日20分×週2回するだけでOKです。
FiNC(フィンク)ダイエット家庭教師
多忙な方や人目が気になる方にピッタリな、専属の専門家がオンラインで正しい痩せ方を教えてくれるダイエット教師です。リバウンドを繰り返している方は特におすすめです。

    ▲ページトップ