景勝地

ダムの真上を泳ぐ約1000匹の鯉のぼり〜竜神渓谷の鯉のぼりまつり〜

2018-04-26

関連キーワード

鯉のぼり関連のイベントは現在日本中で少なからず開催されていますが、中でも全国的に珍しいのが竜神渓谷で開催される鯉のぼりまつりです。竜神ダムの湖面から100mの高さに揚げられた色とりどりの鯉のぼりたちの姿はまさに圧巻の一言に尽きます。今回はそんな竜神渓谷の鯉のぼり祭りの魅力を紹介していきます。

高さ100m! スリル満点の竜神大吊橋

竜神峡は、茨城県常陸太田市にある広大な奥久慈県立自然公園内にあります。竜神峡にはV字型の美しい渓谷が広がっており、その中を流れる竜神川をせき止めて作られたのが竜神ダムです。そのダムの上には、「竜神大吊橋」という、歩行者専用の橋としては日本最大級の長さを誇る吊橋が掛けられています。ダムの湖面から高さ100mに位置する竜神大吊橋は観光やレジャーとしても人気の場所で、スリル満点のバンジージャンプが楽しめることでも有名です。吊橋には「のぞき窓」が3ヵ所設置されており、そこから最大の高さで100mのスリル感を体験することもできます。

一方で、竜神大吊橋で楽しめるのはスリルだけではありません。吊橋からは竜神峡の雄大な自然風景を眺めることもできます。四季折々で姿を変える竜神峡の絶景をぜひ一度ご覧になってみてください。特に紅葉の時期は圧巻のパノラマを拝むことができます。

約1000匹の鯉のぼりの群れが空を泳ぐ

竜神峡では毎年4月下旬から5月上旬にかけて、およそ1000匹の鯉のぼりを揚げる「鯉のぼりまつり」が開催されています。ダムの湖面から100mの高さを泳ぐ鯉のぼりの姿を楽しめるのは全国的に珍しいと言われており、大迫力の光景を拝むことができます。

ちなみに竜神大吊橋は渡橋するのに料金(大人310円、小・中学生210円)がかかりますが、鯉のぼりまつりにお越しの際はぜひ渡橋してみることをおすすめします。竜神峡の雄大な自然と色とりどりの鯉のぼりたちの競演は、吊橋を渡りながらの方がより迫力を感じられますよ。

竜神峡 鯉のぼりまつり
開催期間:2018年4月28日(土)〜5月13日(日)
場所:竜神大吊橋周辺
公式サイト:http://ohtsuribashi.ryujinkyo.jp/event.html

迫力満点の鯉のぼりを観に竜神大吊橋に出かけよう

イベント期間中は「春の味覚の物産市」やフォトコンテスト、「おいでなんしょ!なんだっぺ?クイズ」といった催し物も行われています。また、ゴールデンウィークは5月4日に野点茶会、5月5日に似顔絵コーナー、5月6日にバルーンアートが開催予定となっており、家族全員で楽しめること間違いなしです。ぜひ迫力満点の鯉のぼりを観に竜神大吊橋へ出かけてみてください。

▲ページトップ