ガーデニング

一年草を楽しむ。毎年リニューアルする一年草の魅力。

2018-05-01

関連キーワード

一年草は、種をまいて芽が出て成長していき、花が咲いて枯れるまでの期間が1年間の植物のことを言います。

翌年、新しく種まきするか苗を植えないと次の年は花が楽しめません。
場合によっては、こぼれ種から芽が出て花が咲くまで育つものもあるので、毎年花が楽しめるケースもありますが、この場合も「多年草」とは言わず「一年草」と言います。

多年草」は、一度植えたらずっと枯れずに花を毎年咲かせてくれるものを言います。
一年草多年草の違いや、一年草をより楽しむためのコツをご紹介していきましょう。

スポンサー

多年草と一年草の違いは地下部が枯れるか否か

一年草は、芽吹いて成長していき、枯れるまでが、一年間で完結する植物を言います。
これに対して多年草は、毎年同じ時期に花を咲かせて枯れない植物を言います。

多年草の中で、冬に地上部が枯れるものを、根は生きていることから「宿根草」と区別することもありますが、地上部が枯れないものも宿根草に含めることがあるため、この区分は曖昧です。 

多年草は一度植えたら毎年同じ時期に花を咲かせて、冬に地上部が枯れるものもそうでないものも、根の部分はずっと枯れないままです。
こぼれ種で毎年芽吹いて、花を咲かせてくれる一年草は、結局毎年花を咲かせてくれますが、冬に根の部分も枯れているので、毎年花を咲かせたとしても多年草に分類しません。

根の部分が何年もずっと成長し続けてくれるものを多年草、一年で根の部分が枯れるものを一年草と考えるとわかりやすいかと思います。

多年草には「一年草扱い」のものも

植物を購入してきたときに、「多年草」「宿根草」と書かれていたのに、「長い間楽しめる」はずが枯れてしまい、また購入しなければならなかった、ということはよくあります。
また、毎年購入しているから、一年草だと思っていて、多年草だとは思わなかったという植物も数多くあります。
インパチェンスもシクラメンも、一年草だと思っている人が多いのですが、実際は多年草で、手間を考えると一年草扱いで、毎年買い換えるほうが楽な植物です。

スポンサー

冬寒くて枯れる【インパチェンス】

「インパチェンス」は、自生地では多年草でも、日本の冬は寒すぎて越冬できないので、「一年草扱い」とされています。

寒くなる前に室内に移して、寒さに当てないように温度を保って管理し、春にしっかり気温が上がってから屋外に出すようにすると、多年草として育てることは可能です。

しかし、苗も安価で、毎年新品種も次々に出てくるので、室内で気を遣いながら越冬させる手間をかける人は少ないのが現状です。

夏暑くて枯れる【シクラメン】

寒さが募ってくると、市場に大量に出回り、春まで豪華な花を咲かせてくれる「シクラメン」は、花がなくなってしばらくして、暖かくなってくると、枯れてしまうことがよくあります。

シクラメンは、霜が降りるような寒さに当たると枯れてしまいますが、ポカポカした陽気でも枯れてしまいます。
最適温度が5~15℃なので、この気温から外れる過ごしやすい季節や夏に枯らしてしまいがちです。

夏に休眠させながら上手く夏越しさせられれば、また花を咲かせることができます。

一年草は開花期間が長いものが多い

庭の中に多年草が幾つかあると、毎年植え直さなくても良いので、全部一年草にするよりは植え替えの手間が省けますが、多年草も大部分は何年かおきには植え替える必要があります。

一年草は毎年枯れてしまうので、毎年植え直す手間がかかりますが、その分開花期間が半年あるような、長期に花を咲かせ続けるものが多く、長く花を楽しめるという魅力があります。

一年草は苗も種も安価で品種がとても多く、毎年新しい品種が生み出されてくるので、同じ品種を育てても、新しい美し姿を育てる楽しみ方もできます。

新品種がどんどん出てくる【パンジー・ビオラ】

パンジービオラは、毎年新品種が続々登場していて、苗も安価なのに育てやすい、初心者から上級者まで楽しめる一年草です。
上手に剪定を繰り返すと、花の少ない寒い時期も含めて、秋~初夏まで花を楽しめ、こぼれ種でもすくすく育つので、多年草のように毎年花を楽しむことも可能です。

開花期間が非常に長く、苗も秋~春先まで長期間出回っているので、途中で枯らしてしまったとしてもすぐにまた新しい苗が手に入ります。

エディブルフラワー【ナスタチウム】

ナスタチウムは真夏をのぞいて、春~晩秋までの長期間花を咲かせてくれる、開花期間が長い一年草です。

適宜摘芯を繰り返すことで、脇芽を増やしてこんもりとした茂みに育てます。
日当たりと風通しの良い場所で育てると花つきが良くなります。

ナスタチウムは葉も花も食べられる「エディブルフラワー」なので、サラダや彩りに加えると美しいだけでなく、ピリッとしたアクセントのある味が楽しめます。

こぼれ種と言うにはあまりにも大きな種がとれ、こぼれ種からも発芽します。

一年草は毎年リフレッシュできる

一年草は毎年枯れてしまうため、また楽しみたいときは新しい種か苗を育てる必要がありますが、続々登場してくる新品種を取り入れ安い点がメリットになります。

育てているうちに姿が乱れてきても、新しい苗から育て直すと、簡単にリフレッシュできます。

開花期間が非常に長いものが多いので、長く花を楽しめる点も、花壇になくてはならない理由になっています。

監修:きなりのすもも
16年前に趣味でバラ栽培をはじめたのをきっかけに、花木、観葉植物多肉植物
ハーブなど常時100種を超える植物を育て、弱った見切り苗や幼苗のリカバリー、
一年草扱いされている多年草の多年栽培などに取り組んでいます。

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ