ガーデニング

レースラベンダーは育てるのが難しい?鉢植えのコツは

2018-05-04

関連キーワード

レースラベンダーは、ラベンダーの中でも花だけでなく葉っぱもレースのように美しくて人気です。花と葉っぱの美しさの両方を楽しむことができるのが魅力です。

そんなレースラベンダーは育てることが難しいのでしょうか。また鉢植えのコツについてもまとめてみました。

レースラベンダーの特徴は?育てるのは難しい?

まずレースラベンダーの特徴ですが、葉にレースのような細かな切れ込みがたくさん入っているのが特徴です。また、ラベンダーの特徴である香りはあまりしないのがレースラベンダーです。

四季咲きですのでうまくすれば冬でも咲いてくれるのも魅力といえます。葉には細い銀色の柔毛がたくさんついているので柔らかくて優しい印象を受けるのがレースラベンダーの特徴です。

ラベンダーは全般的に高温多湿に弱いという面がありますが、レースラベンダーは暑さにやや強いのですが、それでも夏の高温多湿には注意をして育てましょう。また寒さは苦手ですので一般的なラベンダーよりもさらにちょっと育てるのが難しくなります。

育て方のポイントは?土は?

草丈は大きくなると50cmほどにもなります。紫のかわいらしい花が四季咲きで5月〜7月、9月〜10月頃に主に咲きます。

育てる際の土はというと、ラベンダー用の専用の土ができれば育てやすくておすすめです。ラベンダーは地中海沿岸が原産地でレースラベンダーも地中海沿岸が原産地です。ラベンダーは弱アルカリ性の土を好みますので、日本の土は弱酸性ですので酸性が強い土の場合はあまり育たないこともあります。そこで、ラベンダー用に弱アルカリ性に調整してある土の方がおすすめです。

植え付ける場合の季節については夏までに植え付けるのがいいでしょう。苗の選び方としては、葉の色が濃く、根元付近まで葉が多く付いているものがいい苗です。太い茎も丈夫な苗ですのでそういった苗を選ぶようにします。

植え付け方にもポイントがあり、過湿を嫌いますので、前後に雨が降らないような日を選んで植え付けるようにしましょう。意外とデリケートですので気を付けることがたくさんです。植え付け後だけは水をたっぷりやっておきます。

植える場所は傾斜地か鉢植えがおすすめ!鉢植えのコツは?

レースラベンダーを植える場所はどんな場所がいいのでしょうか。地植えであえば傾斜地などは水はけがよくておすすめです。風通しのいい日当たりのいい場所で育てます。

また、ちょっと育て方が難しいレースラベンダーを育てるポイントは、高温多湿を嫌い、冬の寒さも苦手ですので鉢植えで育てて場所を移動して育てるのはとてもいい方法です。夏と冬はレースラベンダーに快適になるように場所を移動しながら育てるのがおすすめです。

植え付ける鉢を選ぶ際も大きな鉢に植えてしまうとたくさん水を遣りすぎて過湿になりますので、小さめの鉢に植えるのもポイントです。排水を考えながら苗を深く植えずに高めに植えます。鉢は穴が開いたものを選び、鉢底石を2〜3cmほど厚く入れて水はけをよくしてあげます。結構水はけに注意をすることがあるのがレースラベンダーなどのラベンダーの育て方です。

植え付けてからも水遣りは鉢植えの場合はカラカラに乾いてから水を遣って大丈夫です。早い午前中に水を遣って暖かくなって高温多湿にならないように特に夏は注意が必要です。雨の日や梅雨などは軒下の雨が当たらないような場所に移動することも大切です。

また、花がらなどもこまめに取ってやるようにしましょう。株元がすっきりとして風通しがいつもいいように見てあげることが必要です。いろいろなポイントがありますが、いつも過湿にならないようにレースラベンダーの状態を見ておきましょう。

ラベンダー、北海道が有名なわけは?

ラベンダーといえば、北海道の富良野などが有名ですが、ラベンダーが高温多湿に弱いという面を考えれば北海道のように梅雨がなく高温多湿にならないような気候の場所はまさにラベンダーには合っているということになります。

関東より以西では高温多湿になることも多く、ラベンダーを育てるのは結構難しい状況もあります。それでも美しい魅力的なラベンダーは育ててみたいものです。高温多湿に気を付けながら大事に育てましょう。蒸れると灰色になって枯れてしまい、元に戻らなくなったりしますので枯れた枝は早めに切って風通しをよくしてあげましょう。

鉢植えの場合も注意するポイントを守って

こうしてみてみますと、育てる際に注意するポイントが多いのがラベンダーです。特にレースラベンダーは、一般的なラベンダーよりも寒さに弱いのが特徴で、霜などに注意をし、冬は鉢植えの場合は軒下などに移動してあげましょう。

鉢植えで水遣りを乾燥気味にし、夏はあまり暑くならない風通しのいい所、雨や梅雨時は雨があまりあたらない所、冬は霜が降りないような軒下などに移動するなどがおすすめです。あまり寒いときはエアコンが当たらない部屋の中に置きましょう。日当たりは好きですので、鉢植えにすることでその時々のいい場所に移動ができるので便利です。

鉢の移動は大変ですが、四季咲きですので花も長く楽しめますのでレースラベンダーのお世話を頑張ってみませんか。また、他のラベンダーを育てたあとに挑戦してみるのも育てるコツがわかって育てやすくなるでしょう。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ