ガーデニング

「忍冬(スイカズラ)」は香りや効能に魅力がいっぱい

2018-05-04

関連キーワード

「忍冬(別名スイカズラ)」は、山間や草やぶなどで日本や東アジア一帯で見かけることができる植物です。

「忍冬(スイカズラ)」の花からはいい香りがするのを知っていますか。また花の香りだけでなく様々な効能が「忍冬(スイカズラ)」にはあり魅力がいっぱいです。もっと「忍冬(スイカズラ)」について詳しく知ってみませんか。

「忍冬(スイカズラ)」とはどんな植物?

まず、「忍冬(スイカズラ)」ですが、スイカズラ科スイカズラ属で東アジアに180種類ほどあり、日本にも20種類ほどがある低木です。高さは3m〜5mに育つ木です。

常緑のつる性で黒い実がなるので知っている人もいるのではないでしょうか。

また、「忍冬(スイカズラ)」という名前がまず珍しいですよね。漢字を見るとその由来がわかりますが、冬を耐え忍ぶというイメージの植物です。常緑のために冬でも緑の葉っぱをつけているために名前が付いています。辛抱強い木とイメージされています。ただ、庭に植えた場合には冬の冷たい風があたらないような所に植えるのがおすすめとなっています。

そして、つる性の生命力が強い「忍冬(スイカズラ)」は、フェンスや支柱に絡まりながらよく繁殖していくのが特徴です。夏の日よけなどにも使えますのでフェンスなどに絡めて育てるのもいいようですね。冬も緑の葉があっておすすめです。

「忍冬(スイカズラ)」の花が香る?

また、「忍冬(スイカズラ)」の花が香るということですが、あまい香りがして人気です。ジャスミンのような甘い香りと言われています。

花の時期は5月〜7月で、細く裂けたような花びらの花が咲くのが「忍冬(スイカズラ)」です。最初は白い花ですがやがて黄色くなります。「忍冬(スイカズラ)」では白い花と黄色の花が一緒に見られることがよくありますので面白いですよね。両方の花色を一度に楽しめる嬉しい花です。

また、「忍冬(スイカズラ)」は白い花と黄色の花を咲かせることで別名「金銀花(キンギンカ)」とも呼ばれています。縁起がいい木とされ、金銀財宝を表す木ということで風水的にもいい木です。

果実は直径5〜7mmの小さな緑色の実がなり、9〜12月の秋から冬にかけて黒く熟していきます。黒い光沢のある実が印象的です。

「忍冬(スイカズラ)」は他にも効能が

また、「スイカズラ」の字は、「吸葛(スイカズラ)」と漢字では書きます。この漢字の由来は、花のつけ根に蜜がたまるため、その蜜を吸うことができるために「吸葛(スイカズラ)」と付けられているそうです。

昔は、甘いものがあまりない時代もあり、砂糖代わりに吸っていたという人もいるとのことです。椿の花の付け根も甘くて吸ったという人もいませんか。そうした花がいくつかありますよね。

また、「吸葛(スイカズラ)」の英語名も「honeysuckle」となっていますので、西洋でも花をくわえて同じように蜜を吸っていたようですね。

また葉や茎、蕾にも解毒作用や利尿作用があるとされているのが「忍冬(スイカズラ)」です。特に秋から冬の茎や葉が「忍冬(にんどう)」という生薬となります。

さらに蕾は、「金銀花(キンギンカ)」という名前で生薬で用いられています。抗菌作用や解熱作用がある漢方薬です。

「忍冬(スイカズラ)」を煎じて飲むのもよく、のどや痔の痛みをとってくれたり、乾燥させて夏バテやむくみや食中毒を防ぐために使われたりします。お茶ですと、「忍冬茶」や「金銀花茶」になります。

こうして考えますと、茎や葉は「忍冬(にんどう)」という生薬として、蕾は「金銀花(キンギンカ)」の生薬になり、花が咲いたら甘い香りを漂わせます。また、花の元を吸うと甘いという様々な役割を持った「忍冬(スイカズラ)」です。様々な効能を持っていて昔から使われています。

フェンスに絡めたり、鉢植えにしたりして楽しんで

そんな「忍冬(スイカズラ)」をフェンスに這わせて甘い香りを花とともに楽しむのはいい方法です。つるが絡まないにして大きく育てるのがコツです。剪定をしっかりとしながらフェンスなどに誘因をしていきます。剪定をすると脇目が左右に増えていき枝分かれしていきますのでそれをうまく絡めていくようにします。

花はつるの先端に付きますので花が咲く5月〜7月の時期はあまり強く剪定しないようにしますが、切り戻しによって花がたくさん付くようになります。そして、花が終わった後に強く剪定をします。

鉢植えで楽しむ場合は、朝顔などを育てるようなあんどん支柱にして育てるのがおすすめです。

「忍冬(スイカズラ)」を育ててその香りとパワーを味わってみませんか

いかがでしょうか。いろいろなことが楽しめる「忍冬(スイカズラ)」を庭や鉢植えで身近に楽しんでみませんか。

ジャスミンのような蜜のような甘い香りがしますので、ハーブティーに使われたり、香水、精油の原料にも利用されています。生命力が強い常緑の木ですので、一年中、緑の葉っぱを楽しむことができます。生薬にも使われる「忍冬(スイカズラ)」の木のパワーを育ててもらってみませんか。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ