ガーデニング

多くの人に愛される「ペチュニア」の花言葉を知っていますか?

2018-05-07

関連キーワード

ペチュニアの花は華やかで多くの人に愛されていますが、その花言葉を知っていますか。
花言葉までは知らない人が多いのではないでしょうか。

ペチュニアの花言葉を知ってもっとその魅力を深く楽しんでみませんか。

ペチュニアの花言葉は、よく親しまれていることがうかがえる花言葉!「和らぐ」「なごむ」「やすらぎ」

ペチュニアの花言葉は、「あなたと一緒なら心が和らぐ」「心がなごむ」「心のやすらぎ」「変化に富む」などです。これを見ているとどれだけペチュニアの花が多くの人に親しまれているのか愛されているのかがわかりますよね。

花言葉の意味を考えてみると「あなたと一緒なら心が和らぐ」「心がなごむ」「心のやすらぎ」は、ペチュニアの花びらの柔らかな感じ、色合いの優しい雰囲気から来るものではないでしょうか。ペチュニアの花色は、赤、ピンク、青、紫、白、黄、複色などカラフルな色がたくさんあり、バラエティ豊かなため多くの人の好みにも合うものです。

また、育てやすく開花期間が3月〜11月ととても長いので人を長くなごませてくれる花、いつも身近で咲いていてくれる花です。

また、ペチュニアの日本名は「ツクバネアサガオ(衝羽根朝顔)」と呼ばれ、花の形がお正月などに行う羽根つきの羽根に似ていてアサガオのような形から付けられています。日本でよく親しまれている朝顔に似た花びらの柔らかな優しい印象が人気です。

元々は南アメリカが原産のペチュニアですが、日本人が好きな雰囲気を持った「和らぐ」「なごむ」「やすらぐ」の花のイメージですよね。南アメリカの「ペチュニア・アキシラリス」「ペチュニア・インテグリフォリア」をもとにヨーロッパアメリカで品種改良が重ねられ、多くの種類が作られたペチュニアは、日本でも八重咲きを開発するなどとても広く愛されている花と言えます。

ヨーロッパの窓辺を彩る典型的なものとなり、多くの人を安らげる花に

ペチュニアは品種改良によってほふく性のあるものも増えていて、雨にも強く大きく育つものができています。そのために特にヨーロッパではハンギングバスケットで育て、窓辺に垂れ下げて楽しむといったことができるようになり、より人気です。

丈夫で大きく育ち、見栄えもいいペチュニアは人々の生活を身近な窓辺でも楽しませるものとなり、道を通る人も喜ばせ、和ませてくれるものとなっています。

品種改良による育てやすさはペチュニアの花言葉にも大きく影響したことがこのことからうかがえます。

「変化に富む」は花色や花の大きさ、形が豊かなことから

「変化に富む」という花言葉は、花色や大輪や小輪などといった大きさのバラエティがあることからきています。また、それだけでなく八重咲きもあるなど形も様々です。

先ほどご紹介した枝が垂れるもの、ほふく性があるものに加え、こんもりと茂るものなどもあり、ペチュニアファンにとっては飽きることのない魅力と言えます。ペチュニアだけでもいろいろなペチュニアを揃えて栽培したくなりますよね。

青い花の誕生はペチュニアから!

その花色が多いのが特徴のペチュニアですが、特に青いペチュニアがあるのが大きな特徴です。青い花は自然界ではほとんど見ないものでとても貴重です。

ペチュニアの花の色は、細胞の液胞内のアントシアニンによって決まるそうですが、このペチュニアの花の青い色素を元に、今ではサントリーが青いカーネーションの「ムーンダスト」を開発しています。

珍しい青い花には多くの人の憧れがあり、ペチュニアがいろいろな青い花の誕生に役に立っていきそうですね。そういった意味でもペチュニアの花色の豊富さは本当に貴重なもので、「変化に富む」といった花言葉が付けられたのも納得です。

花言葉を知って玄関やベランダにぶら下げたり、寄せ植えしたり楽しんで!

ペチュニアの花言葉は、「あなたと一緒なら心が和らぐ」「心がなごむ」「心のやすらぎ」ですので、どんな人にプレゼントするのもいいですよね。そして、プレゼントすることでその人をずっと長く花で楽しませてあげることができ、きっと喜ばれるでしょう。

また、「和らぐ」「なごむ」「やすらぎ」といった花言葉ですので、玄関やベランダなどにハンギングバスケットでぶら下げておいても人を柔らかななごむ雰囲気で迎えることができます。

「変化に富む」といった花言葉もあり、いろいろなペチュニアの花色を揃えて寄せ植えにしたりして贈ったりしてみませんか。もちろん自分で楽しむのもいいでしょう。赤、ピンク、青、紫、白、黄、複色などそれぞれの色を植え込んで育ててみる楽しさが膨らみます。毎日の生活にも楽しみな変化をもたらしてくれそうですよね。

4月下旬〜5月の梅雨前に苗を植え込んで親しみ深いペチュニアにやすらぎ、なごんでみませんか。種を蒔いても2〜3か月で花を咲かせますので庭やベランダを長くペチュニアの花でいっぱいにしてみませんか。

    ▲ページトップ