ガーデニング

多肉植物の植え替えで注意をする点は?

2018-05-07

関連キーワード

多肉植物を育てている人も多いと思いますが、植え替えをしたいと思った場合にどうすればいいのでしょうか。植え替えるとなるとちょっと心配という人もいますよね。

また、植え替えで注意をする点はどんなことなのか知っておくと心強いでしょう。植え替えのポイントをよく知ることで多肉植物の寄せ植えにもいろいろと挑戦してみませんか。

多肉植物を植え替える時期はどんなとき?

多肉植物をずっと育てていく中で、多肉植物を植え替える必要があるときはそれではどんなときなのでしょうか。

多肉植物を育てていくと鉢がいっぱいになったりすることがあります。見るからにいっぱいになっている場合には根詰まりしていることがあります。

また、年月が経つことで土が細かくなって水はけが悪くなっています。こうならないように1年から少なくとも3年に一度は新しい土に植え替えて環境をよくしてあげることが必要です。

植え替えの見極めの時期としては、まず鉢の底から根がはみ出てきているかなどを見ましょう。根詰まりをしているかどうかをチェックします。また、湿気が多くないのに、葉がなぜか何枚か枯れたり、下のほうの葉っぱが落ちたりする場合も植え替えの時期と判断するといいでしょう。

茎から根が出てくる場合もありますので長く植え替えていない場合はこうしたことをしっかり観察しておくことが大切です。

植え替える時期はどう選ぶ?

植え替えをしなければいけない場合もいつやればいいのか気になりますよね。多肉植物も種類がありますのでそれによって植え替えの時期も異なります。

多肉植物は、生長する時期がいつかによって「夏型」「冬型」「春秋型」の3種類に大きく分けられます。

植え替えの時期はこの成長期の前に行うのがコツです。よく生長する時期の前に行うことで植え替えによるダメージがあったとしても成長期に回復しやすくなります。

「夏型」と「春秋型」の場合は4〜5月がおすすめで、「冬型」は9〜11月の早い時期が植え替えのおすすめです。真夏と真冬は避けるようにしましょう。特に「春秋型」は夏と秋に休眠状態になりますので控えます。 それぞれの具体的な種類としては、「夏型」の代表としてはアガベやクラッスラなどがあります。「春秋型」にはセダムやエケベリア、センペルビウムなどが有名です。「冬型」の代表としてはアエオニウムやクラッスラ、リトープスなど変わった多肉植物も多くあります。生長の時期をしっかり調べて植え替えを行うようにしましょう。

植え替えの方法で注意をする点は?

実際に植え替えを行う場合に注意をする点ですが、まず今よりも大きな鉢を準備することです。鉢もできれば水遣りの管理がしやすい鉢底に穴が開いたものにします。

また、植え替える土は、できれば多肉植物専用の土がおすすめです。自分で配合する場合は、小玉の赤玉土7:ピートモス3にゆっくり効く化成肥料を混ぜるなどして作ります。そして、植え替えの際に注意をする点は、根に雑菌が入らないようにすることです。根をハサミできれいに整えたりする場合はハサミを火にあぶったり熱湯をかけたりして消毒することが大切です。清潔なハサミを使うことがポイントです。

植え替える際のポイントは?

また、植え替える際のポイントとしては、根が崩れないようにすることが大切です。根についた土は手でそっとほぐして痛んでいる根を清潔にしたハサミで切ります。傷んでいる根というのは茶色や黒くなっている根です。

そして一回り大きな鉢に植え替えますが、鉢底ネットをして鉢底石を敷くのがおすすめです。鉢底ネットは土が流れ出るのを防ぎ虫が底から侵入するのを防ぎます。また、鉢底石は敷くことによって水はけをよくします。

植え替える際の土の入れ方としてはまず鉢の3分の1まで土を入れ、多肉植物を植えてから周りに土を埋めていきます。その後、割りばしで土の表面をつつくことで根がしっかり根付くようにするのがポイントです。

また、植え替えは土が乾燥している時にやるようにしましょう。土が濡れている状態ですると根を土から崩すときに崩しにくく根を痛めてしまう可能性がありますので土が乾いた状態でやるのがいい方法です。

植え替えをする際に寄せ植えをしてみるのもおすすめ

多肉植物がたくさんに増えて植え替えをする場合には寄せ植えをしてみるのもおすすめです。様々な種類の多肉植物を一緒に寄せ植えすることで見た目にも面白いものになります。

できれば成長が一緒の春秋型同士を組み合わせたり、水を好むものなど同じ性格同士を一緒に植えたりするのが育てやすい寄せ植えのコツです。植え替えの際にはぜひ寄せ植えも試してみませんか。

多肉植物の植え替えは注意点を守って成長期の前に植え替えを

いかがでしょうか。多肉植物の植え替えは1年に一度くらいはできれば行うのが理想です。またそれぞれの多肉植物の成長期の前に行うように注意しましょう。

根を傷つけないようにしながらきれいに整理をして植え替えてみませんか。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ