ガーデニング

ラベンダーの剪定のコツは?

2018-05-07

関連キーワード

最近ではラベンダーを育てている人も多いのではないでしょうか。花と香りの両方の魅力があり、素敵なラベンダーを上手に育ててみたいものですよね。ラベンダーを上手に育てるコツとしては実は剪定も大事なことです。

ラベンダーの剪定のコツについてご紹介していきたいと思います。

ラベンダーにとって剪定は大事なこと

ラベンダーにとって剪定は大事です。何故ならばラベンダーは高温多湿を嫌い、風通しがいいことを好むからです。

またラベンダーは剪定をしてあげることで元気を取り戻すこともできます。咲いた花などもそのままにしておかないで収穫してあげることも大切なこととなります。花の後はラベンダーの負担を減らすためにも剪定をしてあげることがおすすめです。

枝の剪定と花の収穫の2つの場合の剪定が必要ですので詳しく見ていきたいと思います。

花後の剪定を大切に!

まず、花が咲いたらハーブとして収穫して草丈の半分くらいまで切ってしまいましょう。ラベンダーの枝を半球状に残して刈り取るのがおすすめの方法です。葉っぱは残すようにして葉の付いている上から剪定します。

花後に剪定しないと枝が弱りやすく、枯れてしまうこともありますので注意をしましょう。ラベンダーは5〜6月に開花しますが、ラベンダーは過湿を嫌い、風通しが悪いのも嫌いますので、梅雨の時期などはラベンダーにとってはつらい時期です。そんな時期に花を咲かせること自体もラベンダーにとっては負担なことです。

花を収穫したり、花後にきちんと剪定したりして負担を少なくしてあげることが大切といえます。そうすることでその後の成長が大きく変わってくるようになります。低木のラベンダーは少しずつ大きくなりますので、来年のことを考えてきちんと剪定してあげることがとても大切です。

ハーブとして花を切って飾ったり、ドライフラワーにしたり枝から切ってあげる楽しみもありますので花が咲いたら切ってあげるのがおすすめです。きちんとした剪定としては、花茎の下の新芽の出ている少し上で切るのがコツです。たくさんの花が一度に咲きますので剪定もたくさんしなければなりませんが、ドライフラワーなどにする楽しみを考えて頑張って摘み取ってしまうようにしましょう。

枝すかしをすることも忘れずに

また、ラベンダーは20cmから大きいものは130cmにもなり、少し大きくなると枝が込み合ってきます。過湿を嫌い、風通しのいいことを好みますので混みあった枝の中の方を刈り取ってすいてあげるようにすることも必要です。古い枝を剪定しましょう。

また、根元近くは特に風通しをよくしてあげましょう。梅雨の時期に花が咲きますのでその後高温多湿の時期を迎えますので、花の収穫とともに枝も一緒に剪定してあげるようにします。

地面に近い枝を剪定し、下の方の枯れやすい枝や雨などで泥はねしやすい場所の枝も刈り取ってしまいます。夏を迎える前に枝を整理し、ラベンダーをさっぱりさせてあげます。

枯れた枝などがないことを充分観察をして根元は剪定しましょう。少し強めの剪定をすることになるので、こんなに切って大丈夫だろうかと思うかもしれませんが、夏をしっかり乗り越えるために整理をしてあげることが必要です。

夏になって中央部分が枯れてきたら

また、もし夏になってラベンダーの中央部分が茶色に枯れてきたら蒸れていることになりますので枯れた枝は切り取ってしまいます。枝の分量自体を減らすようなイメージで強めに剪定しても大丈夫ですので刈り取ってしまいましょう。夏は苦手ですので枯れていないか見てあげます。

木質化したラベンダーの剪定は?

ラベンダーは樹木ですので大きくなると木質化していきます。その木質化した大きなラベンダーを大きくなりすぎたので剪定したいと思う人もいるでしょう。ただ木質化した所から剪定すると新芽がでませんので注意が必要です。

脇芽が出ているのを確認して切るようにするのがおすすめです。大きくなりすぎて高さが高くなりすぎたりして困ってしまった場合には、花が咲いた後の秋になって脇芽が出ているのを確認して切るようにしましょう。

木質化している所の枝ではなく緑色の枝で切るのが新芽を出させるコツです。大きく剪定したい場合は秋まで待つことがポイントです。

ラベンダーの剪定の大切さを感じて育てましょう

いかがでしょうか。ラベンダーにとって剪定はとても大切な作業ということがわかったのではないでしょうか。たくさんの枝がある時は1本ずつ剪定するのは面倒でしょうが、頑張って剪定することでラベンダーも元気を出すことができます。花を摘み取ることと枝を整理してあげることで高温多湿の日本の夏を乗り切ることもできるようになります。

また、来年のためにもラベンダーを元気にしておくことが大切です。地中海沿岸が原産地のためにちょっと育てるのが難しいラベンダーですが、剪定によってラベンダーにとっていい環境にしてあげませんか。低木ですのでともすると忘れがちなラベンダーの剪定です。こんなに切って大丈夫だろうかと思うかもしれませんが、丈夫に育てるために思い切って剪定をしてあげることが大切と言えます。

    ▲ページトップ