ガーデニング

楓の花言葉は「大切な思い出」、花言葉の意味から楓の魅力をご紹介

2018-05-07

関連キーワード

楓の花言葉は「大切な思い出」となっています。楓と言えば、モミジを含め、日本人にとっては親しみ深い樹木ですよね。赤・黄・緑など様々な色合いを持つ葉っぱが魅力ですが、花言葉の意味から楓の魅力についてあらためて探ってみます。

楓の花はどんな花が咲く?

まずは、楓の花言葉ということですが、楓の花はどんな花でしょうか。厳格には葉っぱの切れ込みの浅いものを楓と言い、深いものをモミジといいますが、楓やモミジの花についてはあまりよく知らない人も多いのではないでしょうか。

少し赤みがかった花が緑の葉っぱの中に紛れて咲くのが楓の花です。花色は赤色や黄色の小さい花で4月中旬〜5月上旬頃に咲きます。大きく育った場合、10mほどにもなる高木の楓ですが、花は特に小さく、花びらが目立たないのが特徴です。

そしてこの花からやがて種ができ、種を風によってクルクル飛ばすのは有名ではないでしょうか。「風媒花」と呼ばれ、風を使って種を飛ばしていく話は知っている人も多いのでしょう。

楓の花は地味で葉っぱの中にあまり気づかれないような小さな花ですが、「風媒花」となって飛びそうな頃になると気づく人も増えてきます。

楓の花言葉はどこから

楓もしくはモミジ花言葉についてですが、日本では「大切な思い出」「美しい変化」「遠慮」などとなっていて、西洋では「reserve(蓄え、遠慮)」の花言葉の意味を持ちます。

花言葉の由来はというと、「美しい変化」というのはやはり葉っぱが紅葉していく様子から来ていて、緑から黄色、オレンジ、赤と美しい変化を遂げることが元になります。

「大切な思い出」という花言葉については、日本では四季を感じる大切な木として楓があるため、森の中の楓を見ては季節を感じたという人も多いでしょう。幼いころに楓の葉を拾って集めたり、遊んだりした思い出など楓には大切な思い出がある人が多くいるのではないでしょうか。

童謡などにも歌われたり、生活の中でも親しまれている木と言え、庭に植えてあったりすることもあるでしょう。

「大切な思い出」といった楓の花言葉を知ると、親にあげたり、友人にあげたりするのにもいいですよね。楓やモミジを花と一緒に贈ってみたいものです。贈られた人もきっと心が和むでしょう。

「遠慮」という花言葉もあり、楓の花が遠慮深く葉っぱに紛れたようにして咲いている様子から想像できますよね。あまり主張せず、人に気づかれずに小さく咲いて、その後、種を飛ばす「風媒花」へと変化をしていきます。

葉が紅葉するということが注目されるため、花や実はあまり知られていないのが楓と言えます。

カエデ属はどのくらい存在するのか?

さて、ここで楓と呼ばれるものがどのくらい存在するかですが、ムロクジ科(旧カエデ科)カエデ属のもので、北半球の温帯を中心に150種ほどがあります。東南アジアを中心に多く存在し、日本に20種類ほど、中国に30種類があります。

他には、北アメリカ、北アフリカ、ヨーロッパにもあり、カナダの国旗に「サトウカエデ」の葉がデザインされているのは有名ですよね。また、1種類だけが南半球にも自生しています。

一般的に日本では「イロハモミジ」と呼ばれるかわいい小さな赤ちゃんの手のような切れ込みのはっきり入ったモミジが有名ですよね。

また、沖縄には「クスノハカエデ(楠葉楓)」といった常緑樹も自生しています。たくさんのモミジや楓が親しまれている日本です。

沖縄の「クスノハカエデ」の葉には切れ込みがない!?

また、沖縄の「クスノハカエデ(楠葉楓)」には、葉に楓らしい切れ込みがなく見た目では楓とわからないのが特徴的です。東アジア及び東南アジアの明るい山林にはこうした常緑性のカエデが自生していますが、絶滅が危惧されています。

「クスノハカエデ(楠葉楓)」という名前のようにクスノキのように常緑広葉樹のような濃い緑の葉っぱをしていて、中には浅く切れ込みが入るものもありますが、楓とは雰囲気が異なります。

大きな特徴はやはり紅葉しないで常緑のため落葉しないことです。別名「エバーグリーンメイプル」や「チャイニーズメイプル」と呼ばれることもあり、高木で8m〜15mにも高くなります。

この「クスノハカエデ(楠葉楓)」の花は、3〜5月頃にクリーム色の花が咲き、普通の楓と同じように風で種が飛ばされていきます。花や種の飛ばし方で楓の仲間だということに気づきます。つまり、楓の花はそれだけ特徴的だとも言えるのではないでしょうか。

楓の花言葉には紅葉の「大切な思い出」と花の奥ゆかしさが!

いかがでしょうか。楓にもいろいろな種類がありますが、美しく紅葉することがやはり大きな魅力で日本の四季を感じるのにぴったりな木ですよね。そして、花言葉「大切な思い出」にあるように楓やモミジを見てはこれまでの月日の移り変わりを思い出し、葉っぱを集めた思い出などが蘇るでしょう。

また、楓やモミジ花言葉に「遠慮」があることも知って、ひそかに咲いている花のことも思い浮かべてみませんか。奥ゆかしい花ですが、しっかり種を飛ばして頑張っています。

    ▲ページトップ