ガーデニング

ウンベラータの剪定の方法は難しい?

2018-05-08

関連キーワード

ウンベラータは人気の観葉植物で大きく育つのが特徴です。高く育ち、大きな葉っぱを一杯付けてくれるのも人気の一つです。葉っぱがハートの形をしているのもかわいらしい魅力となっています。

ウンベラータは大きく育ちますが、剪定する方法としてはどんな点に注意をしたらいいのでしょうか。ウンベラータの特性を活かした剪定の方法についてまとめました。

ウンベラータの剪定はいつ、どんな時に行う?

ウンベラータは熱帯アフリカが原産の樹木ですので寒いのが苦手です。剪定の時期としては冬を避けるのがおすすめです。夏の生育期を前にして春頃から行うのがベストです。

春から夏にかけての暖かい時期が良く、寒くなってくる秋は剪定を行う時期としては注意が必要です。

また、剪定する状況としては、ウンベラータは高く伸びますのでその特性を考えて剪定することが大切です。大きな葉っぱがたくさん生い茂るのが熱帯アフリカ原産らしいウンベラータの特徴です。放っておくとどんどん枝が伸び、樹形が崩れていきます。

おしゃれスタイリッシュな雰囲気のあるウンベラータの樹形を楽しむためには剪定が大切なことと言えます。

たくさんの葉っぱや枝を剪定せず、そのままにしておくと、栄養や水分が全体にいかないこともありますので、そうした点でも注意が必要です。ひどい時には栄養や水分がうまく行き渡らないために枯れてしまうこともあります。そんなことにならないためにもウンベラータの剪定は必要です。剪定の方法についても詳しくご紹介したいと思います。

剪定は難しい?剪定のスタイルは?

ウンベラータを剪定する場合には、自分が高く育てたいのか、部屋に形が合っているのかなどを考えながら剪定してみましょう。

かわいいハートの形の葉っぱを楽しむためにあまり生い茂らないように剪定することも大切です。ウンベラータの生育の形としては、上の方にたくさん葉っぱが集中しますのでそうしたことを予想しながらどんな形にしたいのかを思い描いて剪定しましょう。

通常の剪定と同様に下向きや交差している枝、内を向いて伸びている枝は切るようにします。また、剪定する際は、ウンベラータの伸ばしたい場所の枝を切ってあげることによってそこからまた新しい芽が出て成長していくようになります。

ウンベラータの特性としては、切った場所からYの字を描くように上へと伸びていきますので、その特徴的な伸び方を知った上で剪定のスタイルを考えましょう。

スラっとまっすぐ高くウンベラータを育てたい場合とボリュームを持たせて横に伸ばしたい場合がそれぞれあると思います。ボリュームを作りたい場合は、先端の葉の付け根の部分で剪定をしてあげると脇芽が出て広がり、ボリュームが出てくるようになります。好みや部屋の広さによって剪定を変えてみましょう。

販売されているウンベラータなどを見てみますと人気の観葉植物のために全体的に価格が高い傾向です。しっかりした枝で高さが高く1mを超すものは価格も1万円以上と高くなります。

それぞれに個性のあるウンベラータは、横に広がってボリュームのあるもの、枝が少し曲がっていて趣のある樹形のもの、上に葉が付いているウンベラータらしい個性的なものなどがあり、ウンベラータらしい個性的な樹形の価格が高いようです。

こうして売られている大きなウンベラータなどを見て、その形に近づけられるように剪定してみるのもいいかもしれませんね。そのためにも伸ばしたい所の枝を思い切って切ってあげましょう。

樹形を見ていると1本1本それぞれに個性がある形を楽しむことができるのがウンベラータの魅力と言えるでしょう。

ウンベラータの剪定の際に気を付けることは?

ウンベラータを剪定する際に、切り口から白い液が出ますので、下に何か敷いたり、手が汚れたりしないように準備して行いましょう。ベタベタした液が落ちますので注意が必要です。この液が肌に触れてまける人もいますので気を付けましょう。

また、剪定した切り口も白い液を拭き取って乾燥させておくことが大切です。切り口に一般的に売られている癒合剤を塗り、水分の蒸散・雨水の侵入を防いであげるのもいい方法です。

剪定した部分の枝は挿し木に使うように有効活用してみるのもおすすめです。高価でおしゃれ観葉植物のウンベラータを自分で増やすことができたら嬉しいことでしょう。

ウンベラータの特性を活かした剪定を

いかがでしょうか。ウンベラータの剪定をすることは大事なことです。剪定の時期は春から夏を選んで行ってみませんか。また、剪定の方法はウンベラータの特性を活かして行うことが大切です。切った所からYの字のように上に伸びていくのが特徴ですのでそれを想定して切るのがコツです。

とてもスタイリッシュで個性的な樹形をしている熱帯らしい観葉植物ですので、葉っぱの形や枝の形を楽しみながら個性的な仕立てを楽しんでみてはいかがでしょうか。 剪定の際の白い液体には注意をして自分の好きな形に仕立てて楽しんでみませんか。

    ▲ページトップ