景勝地

豊かな自然に恵まれた知床の歴史、動物の生態とは

2018-05-18

関連キーワード

オホーツク海の南端に位置する知床半島の海岸部には数千年前のものと考えられる縄文文化の遺跡やオホーツク文化の集落がいまだに残っており、はるか昔の文化に触れることができます。今回はそんな知床の歴史や動物の生態について紹介していきたいと思います。

豊かな自然を大切にするオホーツク文化が浸透

知床に関する最古の記録は、17世紀末に松前藩とアイヌの人々との間で起こった「シャクシャインの戦い」に関するものであったと言われています。しかし知床半島ではそれ以前より「オホーツク文化」という、アムール川やサハリン(樺太)のほうからの移住者が築いた文化の影響を受けたアイヌの人々が生活を送っていました。
知床で暮らす「オホーツク文化」の担い手たちはシャチやシマフクロウ、ヒグマなどを神様とあがめており、漁業や海獣の捕獲などを生業にしていたと言われています。また、知床ではオホーツク文化と同時期に、木のヘラで表面を擦った土器が特徴的な「擦文(さつもん)文化」が土着したと考えられており、その後はこの2つの文化が融合した「トビニタイ文化」がみられるようになったそうです。ちなみに「トビニタイ」という名称は、「オホーツク文化」と「擦文文化」の融合が見られる土器が発見された遺跡の名前から名づけられました。

知床半島で遭遇する可能性がある野生の動物たち

知床は現在も豊かな自然が保たれており、野生の動物たちも多く生息しています。戦後、自然保護の動きが強まったことで1964年に知床が国立公園に指定されたのをはじめとして、その後は様々な保護地域制度が設けられることとなりました。そして2005年7月には、知床が国内で3番目となる「世界自然遺産」に登録されました。

そんな豊かな自然が広がる知床では、本州では見られないような珍しい野生の動物たちに遭遇できるチャンスもあります。例えば、知床半島で見られる可愛らしいキタキツネは本州や四国で生息しているキツネとは種類が異なります。キタキツネのほうが全体的にやや大きめで、前足・後足の足首と耳の後ろが黒くなっているのが特徴です。また、ニホンジカの亜種で立派なツノが見事なエゾジカは、季節によって体毛の色が変わっていくため1年を通して違いを楽しむことができるそうです。そのほか、世界中で北海道にしか生息しないと言われているエゾヒグマやモフモフ感がたまらないエゾタヌキ、凛々しいオオワシなども、運が良ければ知床半島でその姿を拝めるかもしれません。

実際に訪れたら、アイヌの神が見られるかも?

豊かな自然と野生の動物たちとの出会いを目的に、知床へと訪れる観光客も数多くいます。特に野生の動物たちは出会えるかどうかは運次第なので、遭遇できた時の感動はひとしおです。アイヌの人々が神と崇めた、野生のヒグマを海から鑑賞する観光船などもあるので利用してみるのも良いでしょう。
また、実際に知床へ出かけてみると、今回紹介した動物たちだけでなく、もっとたくさんの種類の野生動物たちに出会えるかもしれません。ぜひ足を運んでみてください。

    ▲ページトップ