栄養素

野菜の栄養素と豊富なビタミンA。趣味時間スタッフが選んだのは「プレミアムあらごし」

2018-12-06

関連キーワード

人生100年時代。健康寿命を延ばすカギは野菜との付き合い方

「人生80年」はもはや過去のお話。日本人の平均寿命は伸び続け、いよいよ「人生100年時代」へと突入しました。“定年”や“老後”という概念がなくなり、70歳を超えても働くことを想定しなくてはいけない時代がもうすぐそこまで迫っています。
長寿化が進行するこれからは、前人が歩んできた人生プランの踏襲ではなく、様々な選択肢の中から「あなたらしい」人生を自由にデザインしていく時代となるでしょう。

できれば何歳になっても新しい趣味や仕事に挑戦し、楽しくワクワクできる豊かな人生を送りたいものですが、それには健康寿命を延ばすこと、つまり自分が健康でいることが大前提ですよね。
その中でも最も重要なことのひとつが食生活です。健康寿命を延ばすためには「食」に対する意識を高めていく必要があります。

もしかすると、今まで当たり前のように口にしていた、安心・安全だと思っていた食べ物に関しても、疑いの目を持つ必要があるかもしれません。たとえば朝食は洋食派で毎朝ソーセージやベーコンを食べるという方も少なくないと思いますが、2015年、WHO(世界保健機関)が、ソーセージやベーコンなどの加工肉の過剰摂取が健康に及ぼす悪影響に警鐘を鳴らしたことや良質なたんぱく質やDHA・EPAを多く含む魚も、妊娠中はその摂取の仕方に気を配るべきだ、という厚生労働省からの注意喚起が複数回に渡って見直されているのも、その例といえるかもしれません。

一方、どの時代でも変わらないのが、野菜への健康イメージではないでしょうか。確かに野菜は、ミネラルやビタミン、食物繊維が豊富ですから、健康維持を大いに助けてくれます。最近では、ベジファーストなど「食べ方」にも注目されていますよね。
やはり野菜のもつ力を借りずして人生100年時代を過ごすことは難しいかもしれません。

厚生労働省が定めている、成人一人当たりの目標野菜摂取量は350g以上となっています。
350gとは副菜サイズのおひたしのような小鉢5つ分くらいに相当します。
こう書くと、「意外と少ないな。自分は足りているに違いない」と思われるかもしれませんが、実はほとんどの人がこの350gの野菜摂取をクリアできていません。
これだけ野菜が大事、という認識がある中で大変残念なデータであると同時に、意識していても350gもの野菜を毎日摂取することがいかに大変かということも分かりますね。

野菜ジュースという選択肢も。食感や味の違いが野菜との付き合い方を変える

では毎日野菜350gの壁を越えることはできないのでしょうか。
結論からお伝えすると、大丈夫です。おすすめしたいのが、「野菜ジュース」という選択肢です。野菜ジュースであれば、毎日の野菜レシピに悩まされることも、お腹がいっぱいでこれ以上野菜を食べるのはキツイ、ということも起こりにくいのでおすすめですし、そもそも野菜が苦手、という方や外食が多い方でもチャレンジしやすいのではないでしょうか?



ビタミンAやファイトケミカル。話題の栄養素を手軽に美味しく摂取しよう

野菜ジュースで補うことのできる栄養とは実際どのようなものなので、どんなメリットがあるのでしょうか?
よく市販の野菜ジュースに採用されるのは、人参などの色鮮やかな緑黄色野菜です。

緑黄色野菜には「ビタミンA」が豊富です。ビタミンAは、スマホやパソコンをよく使う現代人に相性がピッタリの栄養素といえます。ビタミン類は、直接的にエネルギーになって代謝を助ける成分ではありませんが、まさに身体の「潤滑油」となって働きますので、100年人生には欠かせない存在となっています。

また近年話題なのが「ファイトケミカル」の存在です。ファイトケミカルとは、野菜・果物などの植物性食品由来の、色素・香り・アクに含まれる化学物質です。ファイトケミカルは100年人生においても、「錆びない身体づくり」に役立つと注目の成分となっています。
ファイトケミカルは、ほとんどの植物に含まれている成分ですが、緑黄色野菜に多いのです。野菜を食べれば食べるほど、そして野菜ジュースを飲めば飲むほどに、ファイトケミカルの恩恵を受けることができます。

野菜ジュース、市販と手作りどちらを選ぶ?

最後に、野菜ジュースは市販か手作りか、どちらがよいでしょうか?
もちろん、それぞれにメリットはあります。

まず市販の野菜ジュースでは、色の鮮やかな緑黄色野菜が使用されることが多く、ビタミンAやファイトケミカルが豊富に含まれます。実物の野菜は価格が上下しますし、季節によって栄養素にバラつきが出たり、好き嫌いで偏りがでてしまったりします。しかし市販の野菜ジュースであれば、安定した価格で一定の栄養素が保証されているので、継続して飲んでいくのに適しています。

一方、市販の野菜ジュースよりも、ブレンダー(ミキサー)やジューサーで自家製ジュースを作る方もいます。手間がかかって挫折してしまった!という方も少なくはないですが、入れる野菜を選ぶことができますし、何よりも「食べるように飲む」ことのできる食感に魅了されている部分が大きいと思います。
確かに、自作の野菜ジュースは、素材感があって濃厚に調整できますから、市販を凌駕する魅力はありますね。

市販か、手作りか。
(悩んでいる間にも野菜不足は進行していく…)

そこでこの野菜本来の食感も残しつつ、栄養素も満点なものを探してみたところ「プレミアムあらごし」という野菜ジュースを発見しました。ねっとりとした本当の野菜の食感を活かしつつ、栄養素も満点。市販の野菜ジュースの良いところと、手作りの良いところを併せ持っているものに出会いました。

人生100年時代を豊かに過ごすには、健康な身体であることが前提となります。そのコアとなる野菜の摂り方は、野菜本来の食感にこだわった「プレミアムあらごし」がおすすめです。

趣味時間スタッフも納得。「プレミアムあらごし」なら美味しく野菜と付き合える

今回、100年人生をサポートすべく、趣味時間スタッフが「プレミアムあらごし」を試飲したところ、野菜をそのままコトコト煮込んで作ったかのような“あらごし”の楽しい新食感を味わえました。 そして、飲むと口の中に甘さが広がるのですが、砂糖不使用とのこと。野菜本来の甘さを活かした、上品なテイストに感激しました。 野菜と上手に付き合うことが、100年人生を彩るためには必須といえます。「プレミアムあらごし」なら、食生活の観点から末永くあなたの健康をサポートし、強く、そして美味しい味方になってくれるでしょう。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ