ストレス

見つけよう!イライラの解消法

2018-06-06

関連キーワード

些細なことでもイライラする、思い当たる原因があるわけでもないのになぜかイライラするなんて経験はありませんか?
「イライラする」という表現は、怒りっぽい、常に起こっている、雑で乱暴な仕事になっているというような時によく使われていますね。

イライラを国語辞典で調べてみると、「思い通りにならなかったり、不快なことがあったりして、神経が昂り、落ち着きを失っている様」と表現されています。
今回は、「イライラ=怒りっぽい・腹が立つ・乱暴になる」という意味で、そのイライラ解消法を紹介していきたいと思います。

イライラした感情は自分にも他人にも悪影響でしかない

一度イライラを感じてしまうと、なかなかコントロールすることが難しいものがあります。
相手がいる場合、感情的に言ってしまった言葉や態度を取ってしまうと、人間関係の破綻を招いてしまう場合もあります。イライラしている言葉や態度は、いくら親しい人とはいえ、見せてしまうとマイナスイメージを持たれることは間違いなく、後で反省し、謝っても、一度持たれたマイナスイメージを払拭することは難しいと言えるでしょう。

そして、イライラの感情を、そのまま言葉や態度、行動に出してしまうと、落ち着いたときには、ぐったりと疲れを感じてしまいます。人に対してイライラした言葉や態度を取ってしまった場合は、さらに、その後の関わり方も考えなければならなくなり、さらにイライラを増してしまうという負のスパイラルに陥ってしまいます。

イライラした時、身体の中ではどのようなことが起こっているのか

イライラする怒りの感情はコントロールが難しいということを前述でお話しました。
なぜイライラした感情はコントロールしにくいのか。理由の一つとして、交感神経が優位になり、脳も身体も興奮した状態となってしまうことがあげられます。
興奮した状態では、心拍数・血圧・体温が上昇し、行動を起こしやすくします。そのため、イライラした時の興奮状態では感情コントロールが難しく、すぐに言葉や態度、行動で出てしまうのです。

イライラをコントロールし、解消する方法

イライラする感情を持たないようにする、持ちたくないという気持ちは誰しもが考えることと思われます。そういった感情を一時的に沸き起こるイライラのブレーキとして利用する方法を考えてみましょう。完全にとはいきませんが、ある程度、イライラした感情にブレーキをかけ、コントロールできるようにしていきます。

逆に、全くイライラした怒りの感情が湧き起こらないというのは、他人や物事に対して無関心であることになります。さらに極端な例を挙げると、喜びや恐怖などの感情も持ち合わせていないことが考えられます。

イライラする感情を持つことは、人間として当然のことであり、自己嫌悪を感じる必要はありません。しかし、他人にそれをぶつけてしまうことは、望ましいことではありません。他人に感情のままぶつけてしまえば、人間関係の破綻を招いてしまい、結果、自己嫌悪に陥ってしまいます。

職場などでは相手に対し、イライラした感情を持った場合、そのままぶつけるのではなく、落ち着いて伝えていくことで、相手も自分も修正していくことが最も望ましい形であると言えます。

イライラした感情をコントロールし、解消する方法を以下に挙げていきます。

・感情のまま動きそうになったら、グッとこらえ、一呼吸おいてみる。約10秒こらえると多少のイライラが収まって、冷静な対応を取りつつ、適切な状況判断ができると言われています。

・イライラが限界に達し、爆発しそうになったら、一度その場を離れ、クールダウンすることを考える。職場などでは、トイレなど一人になれる場所に行って、気持ちを落ち着かせるといいでしょう。

・イライラした感情を常に感じている場合、スポーツや筋トレなどの運動を取り入れてみる。スポーツや筋トレが苦手な場合は、体操やストレッチなど、身体を動かしてみるといいでしょう。イライラしている時は、興奮し、身体が行動を起こしやすい状態になっているため、ちょっとした運動でイライラを解消させる効果が期待できます。

・深呼吸をしてみる。一呼吸おくという意味で、深呼吸は有効な方法であると言えます。深く呼吸することで、時間をかけることもできますし、全身に酸素供給も十分にできることから、心拍・血圧を通常の状態に戻すことができます。結果、イライラのコントロールと解消につながることになります。

・水分補給や栄養補給をする。興奮状態になると、当然汗をかき、エネルギー消費量が多くなります。脱水を起こしたり、血糖が下がったりすると身体がだるくなり、余計なイライラの原因になりえます。十分な水分補給と、適切な食事をすることでイライラを解消していきましょう。

まとめ

イライラを感じることは悪いことではなく、自己嫌悪感や罪悪感を持つことはありません。しかし、それを他人にそのままぶつけてしまうことは、他人を傷つけ、人間関係の破綻を招いてしまいます。イライラを感じた時の解消法として、一番基本的な対処方法は、「一呼吸おく」ことと言えます。

一呼吸おく方法は、人それぞれライフスタイルが違うため、この方法がいいとは一概に言えませんが、自分に最も合った方法を考えてみるとよいでしょう。イライラをコントロールし、解消して、自分も他人も穏やかで楽しい毎日を送っていきましょう。

監修:mikkumikupapa
勤務:行政看護師
専門:小児身体疾患及び発達障害

自己紹介
男性看護師として、病棟勤務の経験は15年。専門は小児科領域。特に発達障害を抱える子供が二次的障害を引き起こし、入院治療が必要となってしまったケースへの治療と看護について経験と学びを深めてきました。現在はその経験を活かし、乳幼児に関わる行政看護師として勤務しています。保育園を兼ねた職場であり、日々元気な乳幼児と関わりながら、保護者へ流行りの感染症や予防方法、成長発達に関わることなど多岐に渡る相談を受けています。自身も3姉妹の父であり、1日中元気な子供に囲まれた生活を送っています。

▲ページトップ