関節痛

お尻が痛い!尾てい骨骨折の原因と治療法

2018-06-08

関連キーワード

お尻が痛い!尾てい骨骨折の原因と治療法

子どもから大人まで誰でも一度や二度はしりもちをついたり、少々高いところから落ちて臀部を打撲した経験があると思います。
打撲で済むことがほとんどですが、ひどい場合には尾てい骨を骨折している場合があり、正しく対処を行わなければなかなか痛みが取れなかったり、何かしらの後遺症が残ってしまうこともあります。
そこで今回は、尾てい骨骨折について原因や症状、治療法についてまとめてみました。

スポンサー

尾てい骨とは?

「尾てい骨」は正式には「尾骨」と言います。
尾骨がどの部分なのかということを正確に示せる方はなかなかいないと思いますので、ここで尾骨についてご説明します。
積み木のようにたくさん積み重なっている背骨の下にあり、逆三角形の比較的大きな骨を「仙骨」と言います。
その逆三角形の最も下端の部分を「尾骨」といい、個人によって完全に仙骨と癒合している場合と分離している場合があります。
皮膚の表面からの場所では、お尻の割れ目の最上部から少し下がったところに位置しています。
本来人間はしっぽがあったところから進化したとされており、尾骨はしっぽの名残であるため、自分にしっぽがあることを想像するとおよその位置が分かりやすいと思います。

尾てい骨骨折の原因

尾てい骨を骨折する原因は、臀部を強打することがほとんどです。
スキーやスケート、スノーボードで転倒したときや高いところから落ちてしりもちをつくことなどが原因になりますが、高齢者など骨がもろくなっている場合には、強打というほどには至らないちょっとしたしりもちでも骨折に至ることがあります。
一般的なしりもちによる打撲と尾てい骨骨折の判断は、整形外科などでレントゲンを撮ってもらわないとわかりませんので、痛みが強く、骨折を疑う場合は受診することをおすすめします。

スポンサー

尾てい骨骨折の症状

・強い痛み
尾てい骨骨折でとにかく支障となるのが、強い痛みです。
皮膚や筋肉の打撲だけであれば、しばらく我慢すればおさまってくるのですが、骨折となると安静時の痛みが長く続きます。
くしゃみや咳など瞬間的に身体に力が入ったときに患部に響くような痛みがあるのも骨折の特徴です。
また座ったり仰向けに寝るときには、直接尾てい骨が座面やベッドの面に当たるため、耐え難い痛みがあります。
寝るときの姿勢については楽に寝ることのできる向きを探せばよいということになりますが、座れないということになると仕事に支障がでたり、一日に何回も行くトイレが苦痛になってしまいます。

・排便障害
尾てい骨骨折による合併症として、排便障害が生じることがあります。
骨折により尾てい骨が曲がってしまい、便が出にくくなっている場合に起こります。
便秘になりお腹が張ったり、力もうとしてもなかなか力が入らなかったりという症状がある場合に疑います。
排便障害がある場合、程度の軽いものであれば専門の方に肛門から手を入れて位置を治してもらう(整復してもらう)ことで解決することもありますが、程度の強いものであれば手術にて骨折部を修復することもあります。

・神経障害
尾てい骨骨折にともない、尾骨周囲の神経を傷つけてしまうことがあります。
そのような場合、臀部周囲の皮膚の感覚が麻痺したり、ひりひりしたような異常感覚になることがあります。
また、骨折から一定以上の期間が経っても尾てい骨周囲の筋肉に力が入りにくくなったような感じが残るのも神経障害の一部である可能性があります。

尾てい骨骨折の治療法

尾てい骨骨折は程度にもよりますが、骨折部の癒合には2~3ヵ月を要することがあります。
足や手の骨折と違って、尾てい骨は固定することが困難なため基本的には骨折そのものに対する治療がありません。
しかし、骨折が診断されたからには早期治癒を目指して日常生活で気をつけたり行っておくとよいことがありますので、ご紹介します。

・とにかく安静を保つ
骨折してから数日から1週間の急性期は、とにかく骨折部の炎症を落ち着けるためにできる限り安静にします。
痛みがあるのに我慢して動き回っていると炎症がさらに強くなり、治癒が遅くなってしまいます。

・アイシングを行う
安静時はもちろん、動いたときに鋭い痛みがあるうちは炎症がある証拠です。
炎症を抑えるためには患部を冷やすことがおすすめです。
氷嚢をお尻に当てて15~20分冷やしては離し、また皮膚の温度が常温に戻ってきたら冷やすということを繰り返し行ってみてください。
痛みを麻痺させることもでき、多少なりとも楽に過ごせると思います。

・患部を圧迫しない
痛みが強いうちはやりたくてもできないと思いますが、患部を圧迫することは厳禁です。
骨折部がまだ癒合していないうちにさらに圧迫力を加えると炎症が強くなるだけでなく、骨折部がずれて症状がひどくなってしまうことがあります。
椅子などに座るときはどうしても尾てい骨が圧迫されてしまうと思いますので、ドーナツクッションなどを使用して尾てい骨に圧がかからないように注意しましょう。

・血流を促す
骨折部の癒合を促すためには血流をよくする必要があります。
急性期に血流を促すと余計に炎症が強くなってしまいますが、受傷後1週間程度経ち、安静時の痛みが少しずつ緩和して全体的に痛みの程度も下がってきたら、血流を促していきましょう。
具体的には、心地よい温度のお風呂に少し長めにつかったり、尾てい骨自体を圧迫しない程度に臀部をマッサージしたりするということです。
大きい効果を求めて最初から強力に行うのではなく、徐々に慣らしていき、症状が悪化しないか経過を観察しながら行ってください。

・骨盤ベルトを使用する
尾てい骨は固定することが困難であると述べましたが、産後に使用される骨盤ベルトなどを使用して骨盤自体を締めると骨盤周囲の関節の動きが制動されるため、尾てい骨の動きも減らすことができます。
尾てい骨の動きを減らすことで痛みを緩和させることができます。

スポンサー

おわりに

今回は、尾てい骨骨折について原因や症状、治療法についてご説明しました。
ただの打撲だと思って我慢して動いていると、さらに状態が悪化して長引いてしまうこともありますので、骨折が疑われる場合は整形外科を受診しましょう。
また、治療法についても自分自身に適しているのかなど不安がある場合は医師や理学療法士にしっかりと確認してから行ってください。

著者:いきいき100歳応援中(理学療法士)
専門:整形外科疾患、介護予防分野

自己紹介
二児の母でもある理学療法士。整形外科疾患、介護予防分野を専門とし、病院勤務の傍ら健康や医療に関する記事を執筆している。

スポンサー

    ▲ページトップ