関節痛

尾てい骨が痛いときはどうする?原因と対処法

2018-06-08

関連キーワード

特にしりもちをついた記憶もないのに、座ったり仰向けに寝たりと特定の姿勢を取ったときに尾てい骨が痛いということがあります。
病院を受診するのもなんとなく恥ずかしいし、常時耐えられない痛みがあるわけではないので我慢しながら様子を見ている方も多いようですが、そのような尾てい骨の痛みはなぜ起こるのでしょうか?
今回は聞くに聞けない尾てい骨の痛みについて、その原因と対処法をご説明します。

尾てい骨とは?

「尾てい骨」は正式には「尾骨」と言います。
積み木のようにたくさん積み重なっている背骨の下にある、逆三角形の比較的大きな骨を「仙骨」と言いその下端の部分を「尾骨」と言いますが、個人によって完全に仙骨と癒合している場合と分離している場合があります。
尾骨自体も元々3〜5個の尾椎という背骨の一部であったものが退化して癒合したものとされています。
皮膚の表面からは、お尻の割れ目を上部から触れながら少しずつ下がっていくと硬い骨の感触があり、最後のところがとがったようになっています。それが尾骨の先端です。
本来しっぽがあったところが進化したとされており、尾骨はしっぽの名残であるため、自分にしっぽがあることを想像するとおよその位置が分かりやすいと思います。

尾てい骨の痛みの原因

思い当たるはっきりとした原因がないのになぜ尾てい骨に痛みがでるのかということについてご説明します。
・姿勢不良
姿勢不良による尾てい骨の痛みは座位の場合に生じることが多くあります。
本来、理想的な座位姿勢は背筋を伸ばして骨盤がしっかりと起き、左右の坐骨(左右どちらかのお尻の真下に手を挟んで座ると触れることのできる骨の突起)で上半身の体重を支えるという、いわゆる「坐骨座り」です。
しかし長時間座っていると良い姿勢を保持するのが辛くなってきて、背中が丸まり骨盤が後傾し、尾てい骨が座面にあたっているような「尾骨座り」になってしまいます。 そうすることで尾てい骨に圧迫力が長時間加わり、周囲の皮下組織も含め炎症を起こしてしまうのです。

・骨格の変化
転倒によるしりもちで尾てい骨を骨折してしまうことがあります。
また女性の場合、妊娠・出産時に骨盤が一度緩むため、出産後も骨盤の傾きなどが変化したままになることがあります。
そのようなきっかけで尾てい骨の傾きや形状が変化すると、座位や臥位(仰向け寝)での尾てい骨に対する圧が増加してしまうことがあります。

・急激な減量
急激に体重が減少すると、自ずと臀部周囲の脂肪や筋肉量が減ってしまいます。
特に女性の場合、脂肪は大敵と思ってダイエットを行う方もおられるかもしれませんが、座位でも臥位でも圧力のかかることの多い臀部には、腰部を保護するためにクッションの役目をする脂肪や筋肉がある程度必要です。
減量しすぎて脂肪や筋肉が減ってしまうと坐骨にかかる圧力が増加し、痛みを生じることがあります。

・尾てい骨周囲の疾患
特に疾患なく、尾てい骨への圧が問題となって痛みが生じている場合もありますが、実は気づかないうちに尾てい骨周囲の疾患に罹っている場合もありますのでいくつかご紹介します。

1.仙骨滑液包炎
長時間座り続けるようなことが頻繁に起こると、座面と尾てい骨の間に挟まれている皮膚の下にある滑液包という組織が炎症を起こすことがあります。
これを「仙骨滑液包炎」といいます。
滑液包自体は本来あるべき組織ですが、一度炎症を起こすと圧がかかる度に炎症を再燃させてしまいなかなか治らないので、座ることを控えたり、ドーナツクッションを使うなどして患部に圧がかからないように対処する必要があります。

2.馬尾腫瘍
「馬尾」は脊髄神経とそれより上位で脊髄神経から枝分かれした細い神経が束のようになっている部位のことであり、通常第2腰椎から下位で見られます。
その部分に腫瘍ができる疾患を「馬尾腫瘍」といい、尾てい骨周囲が痛むことがあります。
初期症状としては、夜間、臥位時の痛み(立っているよりも横になっているときに痛むことが特徴)があり、進行すると神経の圧迫が進んで歩行障害などの下肢症状や排尿障害がでてくることもあります。
馬尾腫瘍に対する主な治療は、外科的手術によって腫瘍を取り除くことで経過は良好である場合が多いので、上記のような特徴的な症状が気になる場合は整形外科を受診してみるとよいでしょう。

尾てい骨の痛みの対処法

尾てい骨の痛みに対して、自分で行うことのできる対処法をご紹介します。

・良姿勢を保持する
座位時は、背筋を伸ばして骨盤を起こした良姿勢を保持することを心がけましょう。
ただし、良姿勢は最も尾てい骨への負担がかかりにくい肢位ではありますが、あまりにも長時間ではその姿勢でさえも痛みがでてくる場合があります。
よって、良姿勢を基本として時々骨盤を動かしたり立って腰を伸ばすようにするなど、姿勢を固定しすぎないようにする努力も大切です。

骨盤矯正を行う
出産やしりもちなどの外力によって骨格が変化し、痛みが生じるようになってしまった場合には骨盤矯正を行うことが効果的である場合があります。
骨盤矯正により仙骨・尾骨の傾きが修正され、座面などへの当たり方が変わってくることがあります。
また、治療院などの骨盤矯正を行うことに不安がある方は、骨盤ベルトを使用して骨盤をしめるだけでも仙骨・尾骨の傾きが変わることもありますので試してみてください。

・臀部周囲の筋肉をつける
臀部の自前のクッションとなる筋肉や脂肪が少ない方は、臀部の筋肉をつけるためのトレーニングを行ってみてください。
両膝を立てて仰向けに寝て、手の力は使わずにお尻の筋肉を意識しながらゆっくりとお尻を浮かし、数秒キープしたらゆっくりと下ろすということを繰り返します。
また、筋肉をつけるためにはたんぱく質をはじめとしたバランスの取れた食事が必要です。
良質なたんぱく質や野菜を取り、必要なカロリーを摂取しながら運動を行うことで効率よく筋肉をつけることができます。

・ドーナツクッションを使用する
皮下組織・筋肉・骨膜などどの組織であれ、一度炎症を起こしてしまったら、炎症が治まるまでにさらなる圧刺激を加えてしまうといつまでたっても治りません。
決まった姿勢で痛みがあることが分かっている場合には、その姿勢を取る際にドーナツクッションを使用するなど刺激を回避できるようにし、炎症の鎮静を待ってください。

おわりに

今回は、尾てい骨の痛みについて、その原因や対処法をご紹介しました。
名前がつくような大きな疾患ではありませんが、痛みという点において本人の苦痛は変わらないと思いますので、ぜひご自身があてはまる原因や対処法がないか参考にしていただければと思います。

著者:いきいき100歳応援中(理学療法士)
専門:整形外科疾患、介護予防分野

自己紹介
二児の母でもある理学療法士。整形外科疾患、介護予防分野を専門とし、病院勤務の傍ら健康や医療に関する記事を執筆している。

尾てい骨ってなに?尾てい骨と骨盤の構造と働き

「尾てい骨」というと、お尻のあたりにある骨であるということは何となく想像がつくと思いますが、実際に尾てい骨がどの部分をさし、どんな働きをしているのかということはあまり知られていないと思います。
そこで今回は、尾てい骨とはどこにあるどんな骨なのか、また骨盤全体の構造と働きについてご説明します。

尾てい骨って?

「尾てい骨」は正式には「尾骨」と言います。
積み木のようにたくさん積み重なっている背骨の下にある逆三角形の比較的大きな骨を「仙骨」と言い、その下端の部分を「尾骨」と言います。
尾骨は個人によって完全に仙骨と癒合している場合と分離している場合があります。
尾骨自体も元々3〜5個の尾椎という背骨の一部であったものが退化して癒合したものとされています。
また、本来人間の進化過程でしっぽがあった時代のしっぽの部分の骨が尾椎であるため、現在では仙骨と尾骨を分けて考えることはほぼありません。
尾骨を体表から触れるにはお尻の割れ目を上部から少しずつ下がって触れていき、硬い骨の感触が触れる最後のとがったようになっている部分が尾骨の先端です。
自分にしっぽがあることを想像するとおよその位置が分かりやすいと思います。

尾てい骨を含む骨盤の構成

・仙骨(尾てい骨を含むとする)
骨盤の中心に位置しているのが、逆三角形の大きな骨である「仙骨」です。
仙骨の上には背骨が積み重なっており、最も下位にある第5腰椎と仙骨の上縁は「腰仙関節」という関節を持っています。

・寛骨
一般的に骨盤と言われて想像するのが、左右対称に広がる蝶のような大きな骨です。
仙骨を間に挟んで左右の2つの骨になっており、これを「寛骨」と言いますが、寛骨は「腸骨」、「恥骨」、「坐骨」の3つの骨が癒合してできている骨です。

「腸骨」は寛骨の上部を構成しており、体表で触りやすい場所はウエストラインから少し下がった部分を前面から触れた際にある左右の突起で、「上前腸骨棘」と言います。

「恥骨」は寛骨の前下部を構成しており、体表で触りやすい場所はおへそから下に下がっていき、股に近い部分で硬い骨の感触が触れたところが左右の恥骨が合わさっている場所であり、「恥骨結合」と言います。

「坐骨」は寛骨の後下部を構成しており、体表で触りやすい場所は椅子などに座った際に、左右のお尻の真下にそれぞれ手を入れて体重をかけると触れる突起で「坐骨結節」と言います。

坐骨は、椅子などに座った時、上半身の重さを支えながら、姿勢がずれないように先端がやや尖った形となっているため、坐骨の接着点には大きな圧力がかかります。

また、坐骨には脊柱(背骨)から下肢につながる坐骨神経という太い神経があり、坐骨が圧迫されることによって坐骨神経に痛みやしびれ、灼熱感などの症状が起こる場合があります。これが「坐骨神経痛」と呼ばれる症状です。

坐骨神経は人間の神経の中で最も長い神経の一つで、腰の辺りからつま先まで伸びています。そのため、臀部だけでなく、腰や太もも、ふくらはぎ、足の先などにも痛みやしびれの症状が起こることもあります。

坐骨神経痛を改善するには、長時間同じ姿勢をとらないことやなるべく重いものをもたないことなど坐骨に負担をかけない習慣を心掛けることが大切です。また、温浴やホットパック、医薬品の利用も効果的といえます。

坐骨に続き、ちょうど腸骨、恥骨、坐骨の3つの骨が結合しているところが股関節の骨盤側の関節面である「臼蓋」であり、カップのようなきれいなお椀型になっています。 そこに大腿骨の上端で球状になっている「大腿骨頭」がはまるような形になって股関節を形成しています。

・仙腸関節
仙骨と寛骨(正確には腸骨)も関節を持っており、これを「仙腸関節」と言います。
仙骨と寛骨が触れている左右両側にありますが、手足の関節のように曲げ伸ばしといった大きな動きはありません。
仙骨もしくは寛骨が動き始めた際に少し仙腸関節が離開するような動きをすることがありますが、靭帯でつながっているためすぐにもう一方の骨も同じ方向についていくのが一般的です。
仙腸関節の動きの大小は個人差がありますが、衝突事故などで急激に仙腸関節に負担がかかったり、元々仙腸関節周囲の靭帯が緩く、さらに骨盤周囲の筋肉が弱いなど色々な条件がそろうと、仙腸関節が痛み腰痛の原因になることもあります。

尾てい骨を含む骨盤の役割

尾てい骨を含む骨盤には大きな役割がいくつもありますのでご紹介します。

・上半身の重さを支える
人間の身体は大きく分けると、頭部、脊柱、骨盤、下肢の順に上から並んでおり、脊柱を中心に胸郭(肋骨と胸骨)が構成され、胸郭に沿って存在する肩甲骨から上肢がでています。
上半身の骨格は脊柱で胸郭や頭部を支えている形になり、頭でっかちな形になっているので脊柱の基盤としてしっかりと支える部分が必要になります。
その基盤になっているのが骨盤です。
骨盤が安定していることで、上半身の安定性が増します。

骨盤が安定しなければ、上半身がゆがみ体のバランスが崩れるため、姿勢が悪くなったり、背中や腰、臀部などの痛みが生じたり、頭痛、耳鳴り、疲れやすくなったりするなどさまざまな症状が現れます。

そこでお勧めしたいのが、カラダファクトリーの「整体・骨盤矯正」です。カラダファクトリーでは独自の整体骨盤調整理論「A.P.バランス」により体の土台となる骨盤を中心に全身の骨格バランスを整えることで、ストレスとカラダの悩みを両面からケアします。
カラダファクトリーではお値打ちな初回体験コースも用意していますので、一度試してみることをお勧めします。
施術による癒やし効果で、心身共にケアしてみてはいかがでしょうか。

・動きの中心になる
骨盤は全身の中心にあり、上半身と下半身をつなぐ部位でもあります。
椅子から立ち上がるときは骨盤を前傾させてから下半身の力で立ち上がり、立っていて床にあるものを拾うときには骨盤を前傾させてから脊柱を曲げて前かがみになります。
このように全身を使って行う動作は基本的に骨盤が中心となって動きます。
骨盤をうまくコントロールすることが全身をうまくコントロールすることにつながり、腰痛の予防にもつながります。

内臓を守る
骨盤の中には、膀胱や卵巣、精巣などの生殖器、また女性は妊娠時に赤ちゃんを育てる子宮が位置しています。
これらの大切な臓器を守ることも骨盤の大きな役割です。

また、女性の場合、出産の影響などで骨盤がゆがみ、骨盤底筋という腸や下腹部(デリケートゾーン)を支える筋肉がゆがんだり、骨盤底筋の筋力が低下したりすることで、尿もれなどの症状が起こる場合も多いといえます。

骨盤や骨盤底筋のゆがみを調整するには、骨盤底筋エクササイズクッション「キュットブル」を利用してはいかがでしょう。
キュットブルは、一般的なクッションと同じようにお尻の下に敷いて使いますが、クッションの中央部に山のような特殊な形状をしており、骨盤底筋にフィットするように設計されています。
また、キュットブルは振動することによって骨盤底筋を運動させ、鍛えることができます。
骨盤底筋の運動により、加齢や出産などによる骨盤のゆがみを調整するとともに、骨盤底筋を鍛え、尿もれなどの症状を改善することができます。

おわりに

今回は、尾てい骨を含む骨盤の構造と役割についてご説明しました。
日頃は骨盤の存在を意識することはあまりないかと思いますが、ご自身の身体の構造を知り、座り方や立ち姿勢、動き方といった面で参考にしていただければと思います。

著者:いきいき100歳応援中(理学療法士)
専門:整形外科疾患、介護予防分野

自己紹介
二児の母でもある理学療法士。整形外科疾患、介護予防分野を専門とし、病院勤務の傍ら健康や医療に関する記事を執筆している。

    ▲ページトップ