筋肉

オスグッド病はどう直す?成長期の膝の痛みの原因と治療法

関連キーワード

成長期は身長や体重をはじめ筋肉量や身体の使い方、知能など様々な部位が発達し変化します。
そんな著しい変化に伴って身体に痛みがでてくる場合があり、その代表的なものが膝の痛みを生じる「オスグッド病」です。
今回はオスグッド病についてどんな疾患なのかということに加えて、原因・症状・治療法をご紹介します。

スポンサー

オスグッド病とは?

「オスグッド病」は10~15歳程度の特に男子に多い疾患で、主な症状は膝の痛みです。
お皿の骨(膝蓋骨)の下に位置し、すねの骨(脛骨)の上端にある脛骨粗面という部分には大腿四頭筋という太もも前面にある大きな筋肉が付着しています。
走ったり踏ん張ったりと大腿四頭筋に力を入れて筋肉が収縮する際に、大腿四頭筋の腱がその付着部を引っ張る力が働きますが、骨の成長とともにその牽引力が強くなり、脛骨粗面が隆起して炎症を起こしたり、骨の一部が剥離してしまうという現象が起こります。
これを「オスグッド病」といい、ひどい場合には歩行時や膝の曲げ伸ばしによる痛みが強く、日常生活に支障をきたすこともあります。
成人してもその症状が続くことはまずありませんが、どのように対処するかによって経過がかなり異なってくるため、動き盛りの子どもにとって適切な対処が必要です。

オスグッド病の原因

まずは、オスグッド病の主な原因をご紹介します。

・急激な成長
オスグッド病の根本的な原因は、急激な身長の増加です。
身長が伸びるペースは個人差が大きいですが、1ヵ月に1cmを目安としてそれ以上の増加がみられる場合は急激に伸びているといってよいでしょう。
身長が伸びるときには、もちろん骨の長さが伸びますが、骨の周りについている筋肉や腱は自ら成長して伸びるわけではありません。
筋肉や腱は骨が伸びることで自動的に引っ張られる形になり、後追いで伸ばされていきます。
ですから、骨の伸び方があまりにも急すぎると筋肉や腱の伸びがついていけず、骨の長さに対して相対的に短い状態になってしまいます。
そうすると、筋肉の付着部となっている骨への牽引力が大きくなってしまい、炎症を起こしてしまいます。

・柔軟性不足
筋肉は力を入れて収縮すると、縮んで短くなります。
逆に力を抜いてストレッチを行うときは筋肉が伸びて長くなります。
ストレッチや筋肉を伸ばすような体操を意識的に行うことなく、ダッシュやジャンプなど筋肉に力を入れるような運動ばかりを行っていると筋肉の伸張性は低下し、身体の柔軟性が低下してしまいます。
柔軟性が低下した状態で筋肉の収縮を続けると、やはり骨への牽引力が大きくなってしまい、痛みを引き起こしてしまいます。

・身体の使い方の未熟さ
オスグッド病のもう一つの要因として、身体の使い方が未熟で膝に負担のかかりやすい姿勢や動作をする習慣があるということもあげられます。
何気なく立っている姿勢や運動中の中腰姿勢などの姿勢をとっても骨盤が後傾して背中が丸まり、後方重心になっている成長期の子どもは意外と多く、そのような姿勢をとるとそれだけで太もも前面の筋肉を必要以上に収縮させなくてはならなくなり、骨への牽引力が大きくなってしまいます。
成長期のうちから骨盤をしっかりと起こして背筋を伸ばした膝に負担のかかりにくい姿勢を身に着けることが大切です。

スポンサー

オスグッド病の症状と程度

オスグッド病の症状を重症度に分けてご紹介します。
症状は個人によって差がありますが、ご自身がどの程度の状態であるのかという参考にしていただければと思います。

・軽度
脛骨粗面は軽度の腫れがみられ、どこかに強くぶつけたりすると痛みがありますが、手で触ったり押したりしても痛みはほとんどありません。
ジョギングや軽いジャンプ、しゃがみこみでは痛みはありませんが、ダッシュの始めや切り返し動作、ボールを強く蹴るような思いっきり力を発揮する運動などのときにのみ痛みを生じます。

・中程度
脛骨粗面はある程度の腫れがみられますが、熱感や強い圧痛はありません。
歩行や体重をかけない状態での膝の曲げ伸ばしでは痛みはでませんが、ジョギングやしゃがみこみなどの運動で痛みがでます。

・重度
脛骨粗面が腫れたり熱感を持ち、軽く押しただけでも痛みを感じるような強い炎症があります。
歩行や膝を曲げ伸ばしすることで痛みがあり、痛いほうの足に体重をかけないようにしたり曲げ伸ばしをしないようにするような跛行がみられます。

オスグット病の治療法

オスグッド病は短期的に治療をしたからといって完全に痛みが取れるものではありません。
また、脛骨粗面の隆起は一度起こったら元には戻りません。
しかし、しっかりとケアをしながらうまく付き合うことで思いっきり運動が行えるようになる可能性も十分にあります。
ここではオスグッド病の治療法をご紹介しますので、症状が少しでもある方はすぐにでも治療を始めてみてください。

・消炎処置
基本的に痛みの原因は脛骨粗面の炎症によるものですので、炎症を落ち着かせることが必要です。
運動後やお風呂に入ったあとなど一日の終わりには、アイシングを行いましょう。
お皿が隠れるくらいの氷袋を作って直接脛骨粗面に当て、15~20分程度しっかりと冷やします。
湿布を貼ることも有効ですので夜寝ている間や学校の授業中など汗をかかないようなときは使用してみてください。

・柔軟性向上
柔軟性の低下がオスグッド病の原因になりますので、運動前後はもちろん運動をしないときも日頃からストレッチを行い、柔軟性を高めていくことが必要です。
直接関与している太もも前面のストレッチを中心に行いますが、そのストレッチ自体も脛骨粗面に牽引力が働きますので痛みが出る場合はストレッチを中止して、その痛みが治まるまでは太ももをしっかりマッサージするようにしましょう。
また、太もも前面だけでなく太ももの裏やふくらはぎ、お尻の筋肉も柔軟性を持たせることで膝に負担のかかりにくい動きをしやすくなりますので、入念に行ってください。

・正しい動き方の練習
しっかりと消炎処置やストレッチなどのケアを行っても、膝に負担のかかりやすい姿勢や動き方をし続けていてはなかなか症状が改善しません。
立ち姿勢は骨盤を起こし背筋を伸ばすようにし、ジャンプ前後のしゃがんだ姿勢も骨盤を起こし背筋を伸ばした上で、後方重心にならないように身体の中心に重心を常に置くことを意識しましょう。

・活動制限
基本的に痛みがでる動作を繰り返すことは炎症をさらに強めることになってしまいます。
歩行自体が強く痛む場合は、外で遊ぶことや歩行量を減らすことも必要になります。
また日常生活には支障がなく運動時のみの痛みの場合、活動制限を行うべきかどうかは大変難しい判断になりますが、運動を継続することで翌日以降に痛みがひどくなる場合や、痛みによってその運動が思い切りできない場合は運動を中止するか別メニューで痛みのひどくならない軽い運動を行うといった対処が妥当かと思います。

スポンサー

おわりに

今回は、オスグット病について原因や症状、治療法をご紹介しました。
すでに痛みが出ている方はもちろんですが、成長期真っ只中の方はストレッチや正しい動き方の練習などを今から行っておくことで今後の予防にもつながります。
成長期の痛みだから仕方ないと考えるのではなく、成長期だからこそしっかりと身体のケアをして痛みなく安全に運動が行えるようにしてください。

著者:いきいき100歳応援中(理学療法士)
専門:整形外科疾患、介護予防分野

自己紹介
二児の母でもある理学療法士。整形外科疾患、介護予防分野を専門とし、病院勤務の傍ら健康や医療に関する記事を執筆している。

スポンサー

    ▲ページトップ