ペット

甘やかし過ぎはNG!シーズーの子犬を従順な良い子に育てるには?

2018-06-22

関連キーワード

シーズーは、ユニークでチャーミングな容姿が可愛らしい愛玩犬です。
ウェーブのある艶やかな被毛に包まれた顔には、花型ボタンのようなぺちゃんこ鼻とキラキラ丸い瞳が埋もれています。シーズーの子犬は愛らしい容姿も魅力的ですが、最大のチャームポイントは「仕草の可愛らしさ」です。
他の犬種ではほとんど見られない特徴的でユーモラスな仕草で、出会った人の心を鷲掴みにしてしまいます。シーズーの子犬がゆったりチョコチョコ動き回る様子は、一日中見ていても飽きることがありません。陽気で頭が良くフレンドリーな性格なので、愛くるしさも倍増することでしょう。
でも、甘やかして育てるのはおすすめできません。成長と共に扱いづらいわがままな子に育つケースがあるからです。
シーズーの子犬を従順な良い子に育てるポイントと、子犬の選び方についてご紹介します。

シーズーの子犬は長所を伸ばす育て方で良い子に育てる

◇シーズーの長所を伸ばすには?
シーズーは、陽気で人懐こく頭の良いフレンドリーな犬種です。この長所を伸ばすことに成功すれば、性格の良い従順な子に育ちます。子犬の頃からひとり遊びを楽しめる犬種なので手がかかりませんが、留守番が多いと自己中心的な性格が強く出てしまうようです。シーズーは呑気な性格に見えますが、頭が良くて飼い主の接し方をしっかり把握しています。ほったらかしにされる機会が多いと、飼い主を「自分と同等か格下」だと勘違いしてしまうこともあります。これを回避するためには、できるだけ多くの時間を共有することが大切です。ブラッシングなど被毛のお手入れを兼ねたスキンシップも多めに取り入れて下さい。触られることが「気持ち良い」と覚えさせることで、噛み癖を抑えることができます。

必要以上に可愛がり過ぎないことも大切です。甘えてくるときは受け入れてかまいませんが、飼い主の方から過剰にベタベタするのは避けましょう。「食事・運動・遊び」など、全てにおいて上下関係を築くことも重要です。人間が食べているものを与えるのは厳禁で、散歩のときに前を歩かせるのもおすすめできません。身分は家族の中で最も格下であっても、愛情をたっぷり注がれている幸せな立場だと理解させましょう。

◇頑固な性格が出たときの対策法は?
愛玩犬としての魅力あふれる犬種ですが、頑固さだけは天下一品です。シーズーは頭が良いので、自分にとって不利だと思ったら言うことを聞かなくなってしまいます。外出しているときに多いのが、散歩中の気まぐれなコース変更などです。シーズーは自己中心的な性格が前に出ることがあります。散歩中に気分が乗らず「帰りたい」と思ったら、くるっと反対方向に歩き出す子もいるようです。逆に、もっと遊びたいときには散歩時間をダラダラ長引かせようと試みることもあります。このような状態になったときは、さっさと抱き上げて通常通りのコースに戻しましょう。何度も繰り返す子もいますが、好き勝手に変更させるとクセになってしまいます。

頑固な行動を止めさせるためには、どんなときでも大人しく抱っこできる子に育てることが大切です。室内での生活習慣やしつけなども一貫性を持たせなければなりません。一度覚えたことを飼い主の都合で変更することは避けましょう。子犬が戸惑うだけでなく「覚えた内容と違う」とへそを曲げてしまうとガンとして受け付けなくなります。この状態でも体罰を与えるのは厳禁です。さらに事態を悪化させることにもなりかねません。しつけや訓練を一貫した内容で行い褒めながら育てると、従順な良い子に育ちます。

子犬期から「肥満・皮膚病・目の病気」を予防

◇目と皮膚の病気を予防するには
シーズーは目が飛び出ている上に、顔の被毛が目に入りやすいので、常に伸びすぎを防ぎすっきりさせておきましょう。外からの刺激にも弱く、ゴミや埃などが入ると前足で擦って傷めてしまうことがあります。子犬期はやんちゃで好奇心旺盛です。シーズーは体がフニャッと柔らかく狭いところでも入り込めるので、ゴミや埃にまみれないよう家の掃除を徹底しましょう。

肥満予防は将来の健康貯金!元気な成犬に育てよう
食事内容は体型に合った適切な量を与え、おやつの食べ過ぎに注意してください。毎日の散歩と室内運動で筋肉質な体を作り、成長した後も充実した生活を楽しめるように育ててあげましょう。子犬の頃から肥満や食事内容に気を配るのは早いと思うかもしれませんが、「将来の健康貯金」だと考えてみてください。子犬の頃に好きなものを与えすぎて肥満犬になってしまうと、生活習慣病を発症しやすくなり、症状によっては食事が著しく制限されることもあります。体が引き締まった健康的な成犬に育てば様々な病気リスクが予防できるので、子犬期から体質管理を行いましょう。

シーズーの子犬を迎えるには

シーズーは日本で根強い人気がある犬種なので、全国のペットショップやブリーダーで子犬に出会うことができます。
価格は15万円前後〜30万円くらいです。一般的には、シーズーを何世代も育てているブリーダーの方が安い傾向があります。お迎え先は、きちんと子犬を抱かせてくれるショップやブリーダーを選びましょう。骨が太く筋肉質で足腰がしっかりしており、ずっしり重く感じるくらいの子を選びます。シーズーは体が柔らかいので、抱っこしたときにガチッと固まる子は緊張しやすい性格です。人懐こくフレンドリーな子に育てたいときは、体重を預けてくれる抱き心地の良い子をおすすめいたします。

シーズーの子犬に出会う機会があったら、ユーモラスな動きや仕草を観察してみてください。他の犬種にはない魅力に心を奪われてしまうかもしれません。気に入った子が見つかったら、やさしく抱きかかえてみてください。ふんわりずっしりした抱き心地の良さを体験すると、一緒に暮らしたくなりますよ。
シーズーの子犬と一緒に楽しい毎日を過ごしてみませんか?

    キーワード一覧

    ▲ページトップ