栄養素

エイジングケアに効くと言われている栄養素、レチノールを上手に摂ろう!

2018-11-11

関連キーワード

レチノールとはエイジングケアに効くと言われているビタミンAの一種

エイジングケアに良いと言われている栄養素、レチノールをご存知ですか?
レチノールとは、ビタミンAの一種なのですが、私たちの体内に存在するビタミンAは、ほとんどがレチノールなので、一般的にはビタミンA=レチノールという認識で語られています。
レチノールは、脂に溶けるタイプの「脂溶性ビタミン」に分類され、レバーや乳製品など動物性の食品と、にんじん、カボチャなどの植物性の食品に多く含まれています。

レチノールは、コラーゲンやヒアルロン酸などの美肌成分の生産を促す働きをします。 これらの成分には保水力がありますから、肌の潤いを保って、しわやたるみなどの老化現象を抑える効果があると言われています。
レチノールは、「いつまでも若々しくいたい」「鏡を見るたびにため息をつきたくない」という方には欠かせないビタミンなのです。

基礎化粧品でもレチノールは定番の成分で、お肌に塗るクリームによく配合されています。ただ、レチノールは肌に塗っても良いのですが、内側から働きかける方が、より効率的に美肌成分の生産を進めることができると言われています。

他にもレチノールには、目の健康や口・鼻・腸などにある粘膜の健康維持には欠かせないビタミンだと考えられています。体外から侵入してこようとするウイルスや細菌を食い止める粘膜を支えてくれるわけですから、若々しくあるのベースとなる「健康維持」という役割も担ってくれているのです。

にんじんをたくさん食べればエイジングケア効果があるの?

“いつまでも若く”そして“健康でいたい”ということで、レチノールが早くも摂取したいビタミンの第1位に君臨したのではないでしょうか。

レチノールの働きが最も効率よくなるのは、にんじんやカボチャ、ほうれん草などの植物性食品に含まれるβカロテンで摂取した時です。βカロテンはカロテノイドという色素の一種で、名称は違いますがビタミンAの一種と周知されています。なぜなら、βカロテンを摂取すると体内で消化する過程でビタミンAに変身を遂げるためです。
βカロテンは、小腸でビタミンAに変換され体内で働いてくれます。βカロテンのように、体の中でビタミンAに変換される物質を、“プロビタミンA”と呼びます。
βカロテンは他のカロテノイドに比べて、体内で効率よくレチノールに変換されるので、積極的に取りたい栄養素です。

それではβカロテンがたっぷり含まれている食材を食べればいいのでしょうか。
ただ、βカロテンがたっぷり含まれているにんじんでも、1日のレチノール推奨摂取量を満たすためには1〜2本は食べないといけません。これを毎日続けるというのは、相当意識の高い人でないと難しいかもしれません。



レチノールの摂取には野菜ジュースがおすすめ

レチノールの恩恵をしっかり受けたい! でも、食生活で徹底していくのは、今の自分には厳しいかもしれない……という方には、野菜ジュースなどで補いつつ、食事の改善をしていくのがオススメです。

野菜ジュースはあくまで補助的な存在ですが、手軽に飲めるため必要なレチノールを食事で全部補わないといけないというプレッシャーから解放されます。日々の献立の自由度が上がり、食事を楽しみながらレチノールの摂取ができるのではないでしょうか。

ただ、野菜ジュースも種類が様々あって、どれを選んで良いのか分からないですよね。そこで、しっかりレチノールを摂る! という目的を達成するためには、下記の2つの条件をクリアしてある野菜ジュースを選ぶことをおすすめいたします。

まず1つ目は、“欲しい栄養素をしっかり確保できる野菜ジュース”ということです。 エイジングケアの効果を狙ってのことであれば、にんじんをメインの野菜にしている野菜ジュースを選ぶと、レチノール摂取量も自然とアップできます。美容や健康意識の高い方から支持されている野菜ジュースであれば、しっかり配合量が表示されていると思いますのでチェックしましょう。

そして2つ目の条件が、“美味しくて飲み続けられる” ことです。自分の舌に合わないものを飲み続けるのはどうしても苦痛になります。青汁だって、飲んだら良いことが分かっていて健康効果があるのはお墨付きなのに、まずくて続けられないという人がほとんどです。
これは野菜ジュースでも同じで、身体に良いと分かっていても、味が受けつけない製品だと、どんどん心が離れていって受けつけなくなります。飲み続けるには、美味しくて負担のない野菜ジュースを選ぶことが秘訣となります。

一度にドカンッとレチノールを摂取しても、満足なエイジング効果を得るのは難しいです。やはり、レチノールを継続して摂取し続けることが重要になります。レチノールを多く含んでいて、さらに飲み続けられる美味しい野菜ジュースに出会えれば、無理することなく、いつまでも若々しく健康な身体をきっと維持することができるでしょう。



    キーワード一覧

    ▲ページトップ