血圧

動悸とは。動悸の原因にはどのようなものがあるか

2018-07-11

関連キーワード

常備薬やサプリメントなどのコマーシャルによく使われる「動悸」という言葉。動悸とはどのようなものであるかご存知でしょうか?
動悸とは、「心臓の拍動が自分で感じられる状態」のことを表しています。普段から、心臓の拍動なんて当然感じていると思われる方が多いと思われますが、この心臓の拍動を不快で苦しいと感じた場合、「動悸」として捉えることができます。
心臓の拍動が不快と感じると循環器系の病気を想像してしまいますが、動悸は必ずしも、病気のサインではない場合もあります。

今回は、病的な動悸と、健康でも起こりえる動悸についてお話していきたいと思います。

健康でも感じる動悸

心臓の拍動を「不快」と感じた場合、それは動悸となります。健康でも感じる動悸にはどのようなものがあるかというと、緊張した時などに心拍数があがる経験は、誰しもがあるのではないでしょうか。例えば、大勢の前で発表したり、好きな人に告白しようとしたりすると胸がドキドキしますよね。

また、激しい運動などで心拍数が一気に上昇することで、その拍動を「苦しい」と感じるなど。これは交感神経の働きが活発になることによって起こる心拍数の上昇であり、人間の生理的で正常な反応です。交感神経が活発に働くことで、緊張状態となり、その緊張状態によって、より体が能力を発揮できるようになります。

緊張しすぎて、動悸を通り越して、逆に体が硬直したり、気分が悪くなったりという場合もありますが、交感神経と副交感神経からなる自律神経は、自身で調整することができます。規則正しい生活や、十分な栄養と睡眠、適度な運動をするなど、普段から自律神経を意識した生活を心がけるといいでしょう。

緊張以外でも起こりえる動悸

健康でも緊張した時に起こりえる動悸ですが、緊張する場面以外でも動悸を感じる場合があります。どのような場合に動悸を感じるかというと、嗜好品の過剰摂取をした場合や、薬の副作用などによっても動悸を感じることがあります。サプリメントを過剰摂取した場合も起こりえる可能性があります。

動悸の原因になる主な嗜好品の中に、アルコール飲料とタバコがあります。どちらも摂取しすぎると、気分が悪くなり、翌日や翌々日までその気分の悪さを引きずる場合もあります。気分が悪くなるだけならまだいいのですが、嗜好品による急性中毒を起こすケースもあり、病院にて専門治療が必要になる場合もあります。嗜好品であるため、あくまでも楽しく嗜む程度に留めていくのが望ましいでしょう。

最近では、カフェイン飲料の過剰摂取による中毒症状もメディアで取り上げられています。カフェインには覚醒作用があるため、過剰摂取することによって動悸が起こる場合があります。カフェインはジュース類の清涼飲料、エナジードリンク、栄養ドリンク、風邪薬、お菓子などにも含まれている商品があり、ごく身近な日常生活の中にありふれています。

薬の副作用やサプリメントの過剰摂取でも動悸が起こりえる可能性があります。薬の場合、市販薬・処方薬問わず、副作用で動悸が起こりえる場合があるので、注意が必要です。薬は十分安全を考慮して作られていますが、思いもしない副作用が現れる場合もあり、この副作用ばかりは使ってみないと分からない部分があるため、もし薬で強い動悸を感じた場合は、医師の診察をうけることが望ましいと言えます。

サプリメントはあくまでも栄養補助食品であり、医薬品ではありません。そのため用法用量は定められていませんが、栄養補助とは言えない程に過剰摂取してしまうと、動悸もそうですが、なにかしら体調不良の原因となりえる場合があるので、おすすめされている目安量を見て、適度に摂取していくとよいでしょう。

病気による動悸

動悸を伴う病気はたくさんあります。心臓の拍動を不快と感じることが動悸であるため、まず心臓病が思いつくのではないでしょうか。確かに動悸は心臓病の特徴的症状と言えます。しかし、動悸を感じたからといって、必ずしも心臓病という訳ではありません。

例えば風邪をひいてしまい、悪寒を感じると、体温が急激に上昇しているわけですから動悸を感じる場合があります。他にも身近なものとして、生活習慣病が原因として動悸が起こる場合もあります。

また、アレルギー反応にて動悸を起こす場合があります。よく聞く有名なものに食物や、蜂などの虫刺されによるアナフィラキシーショックがあります。アナフィラキシーショックは不整脈を起こし、血圧を低下させるので、前駆症状として動悸が起こります。アレルギーによる動悸を感じた場合は、安静にし、アナフィラキシーに至る前に適切な治療を受けるのが望ましいでしょう。

他にも、甲状腺機能疾患や更年期障害などの内分泌に関する疾患、脳内分泌が乱れる精神疾患でも動悸が起こります。このように動悸は、身近で軽い病気から、大きな病気まで、多種多様の病気によって起こりえる可能性があります。

「動悸」とは、心臓の拍動を自分で感じられ、それを不快であり、苦しいと感じた場合に使われます。
その動悸にはどのような原因があると思いますか?
心臓の拍動が苦しいと感じると聞くと、「何か心臓病なのではないだろうか?」と思ってしまいますね。
しかし、必ずしも心臓疾患や循環器疾患が原因という訳ではありません。他にも動悸を起こす疾患はたくさんありますし、必ずしも異常な症状ではない場合もあります。

今回は、動悸の原因として考えられる事柄をお話していきたいと思います。

不快な心臓の拍動とは?

心臓は胎児の時から拍動しており、人生の始まりから終わりまで、一時も休むことなく拍動を続けます。そんな心臓の拍動をなぜ不快と感じてしまうのか。日常生活を行っている上で、特に意識をしなくても呼吸と心臓の拍動は自然と続いています。呼吸は意識的に息を止めるなどのことができますが、心臓は意識的に拍動を止めることはできません。

なぜ意識的に拍動を止めることができないのかというと、心筋は不随意筋と呼ばれる自己意識で自由に動かすことのできない筋肉に当たります。他にも不随意筋には、胃腸など内臓に存在している平滑筋があります。

この不随意筋は自律神経によってコントロールされているため、ホルモンバランスによって、その働きが変化していきます。つまり、心臓の拍動は自己意識で抑えることはできないのです。

心臓の拍動は自律神経によってコントロールされているため、自律神経である交感神経と副交感神経の働きにより拍動数や血液拍出量は左右されます。交感神経と副交感神経のバランスが何らかの原因で崩れてしまうことにより、心臓の拍動を敏感に感じ取ってしまい、それを「不快」と思ってしまう場合があります。

自律神経の乱れは、内臓全般の働きも乱し、感情面でも怒りっぽくなったり、沈み込みやすくなったりというメンタルの乱れをも引き起こします。そのため、体調不良を引き起こしやすい状態になると言えます。自律神経が乱れるほど、心臓の拍動もそうですが、体調全般を不快(なんとなく体調が悪いなど)と感じ取ってしまうと言っても過言ではないでしょう。

動悸の原因とは?

心臓の拍動は自律神経によってコントロールされています。そのため、緊張した時などに「胸がドキドキして苦しい」などと感じてしまいます。緊張した時は交感神経が優位に働くため、血圧を上げて、心拍数を上げます。そのため、より心臓の拍動を感じやすい状態となり、それを「不快」と捉えてしまえば動悸となります。

逆に就寝前などリラックスしているときは、副交感神経が優位に働いています。目をつぶってシーンとした静かな環境で、ゆっくりとした心臓の拍動を感じることがあります。副交感神経が優位であれば心地よいと感じる心臓の拍動でも、例えば恋の悩みごとなどを抱えており「胸が苦しい」と捉えてしまえば、それも動悸となってしまいます。

上記までは、健康な状態で考えられる動悸の原因をお話してきました。しかし、自律神経の影響ではない動悸の原因として考えられるものも存在します。その原因として考えられるものは、不整脈を含めた心臓病、感染症、生活習慣病があります。内分泌を司る内臓疾患全般も動悸の原因になりえますし、動悸を主症状とした疾患は多数存在します。

不整脈が起こると、「ドキン」「ドドドド」など、心拍の刺激を感じたり、締め付けられるような胸痛を感じたりすることがあります。不整脈を起こす典型的な心臓疾患は心筋梗塞、狭心症、心不全などが挙げられます。それ以外にも生まれつき持っている房室ブロックなどのペースメーカーを必要とする不整脈もあります。不整脈があると、自覚症状が出現しやすく、動悸として捉えることができます。

 感染症や生活習慣病、その他内臓疾患でも不整脈が誘発される場合もあり、また、不整脈が原因ではない動悸もあります。低血糖を起こした時や、ショック、貧血、低酸素、血圧以上、急激な発熱などでも動悸が発生することがあります。

まとめ

動悸の原因についてお話してきました。健康な状態でも、何らかの疾患の場合でも動悸は起こりえる自覚症状です。自己診断が危険な場合はもちろんありますが、自律神経の乱れや、メンタル面からの動悸である場合もあり、動悸を感じたからといって過剰に反応する必要は必ずしもありません。まずは焦らず冷静に、気持ちを落ち着かせてみましょう。その上で病院受診が必要か考え、対処していきましょう。

監修:mikkumikupapa
勤務:行政看護師
専門:小児身体疾患及び発達障害

自己紹介

男性看護師として、病棟勤務の経験は15年。専門は小児科領域。特に発達障害を抱える子供が二次的障害を引き起こし、入院治療が必要となってしまったケースへの治療と看護について経験と学びを深めてきました。現在はその経験を活かし、乳幼児に関わる行政看護師として勤務しています。保育園を兼ねた職場であり、日々元気な乳幼児と関わりながら、保護者へ流行りの感染症や予防方法、成長発達に関わることなど多岐に渡る相談を受けています。自身も3姉妹の父であり、1日中元気な子供に囲まれた生活を送っています。

    ▲ページトップ