ガーデニング

「感謝」の花言葉を持つ花

2018-07-18

関連キーワード

感謝の気持ちを込めて贈り物をしたいとき、素敵な花で、ブーケやアレンジメントを贈ると素敵ですね。
どんな花を贈ったら喜んでもらえるのか、相手の好みがわからないときは、「感謝」の花言葉を持つ花を選ぶのも一つの選択肢になります。

花言葉は、花にまつわる伝説や、花の持つイメージから、古くからいわれているものもありますが、生産者や園芸店がイメージ戦略でつけているものもあります。
国によっても違う意味の花言葉がつけられていることもあります。
感謝」の花言葉を花に添えて贈るときは、「感謝」の花言葉をこめていることを、言葉にしなくても誰にでも伝わるわけではないので、注意しましょう。

スポンサー

ピンクのバラ

バラ」というと、愛の告白に欠かせない花であることからも、「愛」の花言葉を持つ花として認識されていますが、花色によって花言葉は微妙に違ってきています。

バラ全般としては、「愛」「美」といった花言葉がつけられています。
赤いバラは「愛情」「情熱」、白いバラは「純潔」「尊厳」、黄色いバラは「嫉妬」「愛情のゆらぎ」「友情」といったように、色によって違いがあります。

黄色いバラは、黄色がユダの衣の色だったと言われていることから、ヨーロッパではいい意味の花言葉はつけられていません。
感謝の気持ちを添えたいブーケには似合わない花と、敬遠されることも多いのですが、宗教上などの配慮が必要でないのであれば、優しい色合いの花なので、使いたいところです。

ピンクのバラには、「感謝」の花言葉がつけられていますが、「しとやか」「上品」「感銘」といった、柔らかで可愛らしく目を引く色合いの花色にピッタリの花言葉もつけられています。
ピンクのバラの花束を贈ったときに、「感謝」の気持ちを伝えたいのであれば、「ありがとう」の言葉とともに、「感謝」の花言葉がついているから贈ったことも伝えたいですね。

ピンクのガーベラ

ガーベラは、19世紀末に南アフリカで発見された、発見後100年余りの新しい花です。
園芸品種も多く、赤・ピンク・白・黄・橙など、豊富な花色と、タンポポを思わせる元気よく真っ直ぐに伸びた花茎の上に大きく花を咲かせます。

ガーベラ全般の花言葉は、「希望」「前進」「上機嫌」「美」といった前向きな花言葉が多く、カラフルな花にふさわしい花言葉になっています。

ピンクのガーベラには、「感謝」の花言葉の他に、「思いやり」「崇高な美」といった、美しいひと目を引く花色に合わせた花言葉もつけられています。
感謝」の気持ちを伝えるというより、前向きに頑張る姿を応援する花と捉えられやすいので、ピンクのガーベラ感謝の気持ちとともに贈るのであれば、「ありがとう」の言葉とともに、「感謝の気持ちを込めて贈っている」ことを伝えるようにしましょう。

スポンサー

カンパニュラ

「釣鐘草」「ベルフラワー」といった別名もあるカンパニュラの花言葉は、「感謝」の他に、「誠実」「節操」などがあります。
カンパニュラの花の形が教会の鐘の形に似ていることから、キリスト教の教えにちなんだ花言葉がつけられたとも言われています。

ギリシア神話では、オリンポスの果樹園の黄金のりんごの番人だったニンフ「カンパーニュル」が、りんごを盗もうと兵士が侵入してきたとき、銀のベルを鳴らして知らせたのですが、兵士に殺されてしまいました。
カンパーニュルの死を悼んだ花の女神フローラが、カンパーニュルをカンパニュラの花に変えたと言われています。

悲しい逸話も持っている花ですが、美しく咲き誇る姿は、「感謝」の気持ちを花言葉に添えて贈るのにふさわしい花ではないでしょうか。

トルコキキョウ

トルコキキョウは、品種改良によって、バラのように花びらの数が多くて豪華な品種も生まれ、花持ちもとても良いことから、ブライダルブーケなどにも多用されています。

可愛らしさとともに、気品あふれる美しさも持つトルコキキョウには、「感謝」の花言葉の他に、「清々しい美しさ」「優美」「穏やか」といった花言葉もつけられています。
トルコキキョウの品種改良は日本が世界をリードしています。
トルコキキョウは「感謝」の花言葉とともに、贈る相手の美しさを称える花としても贈るのにふさわしい花です。

スポンサー

かすみ草

白く小さな花と繊細な花茎を持つかすみ草は、メインフラワーと言うより、花束やアレンジメントの名脇役として多用されています。
同じバラの花束でも、かすみ草をくわえるだけで豪華さが何倍にも増えます。

かすみ草には「感謝」の花言葉の他に、「幸福」「永遠の愛」「無垢の愛」の花言葉もあります。
かすみ草の持つ、包み込むような優しさがそのまま花言葉に現れています。

「ありがとう」の言葉を必ず添えて

花の持つ花言葉は一つだけではありません。
感謝」の気持ちを伝えたいのに、別の意味にとられてしまうこともあります。
相手が花言葉を知らなければ、「感謝」の意味が伝わらないこともあります。

どんなに親しい人でも、言葉に出す以上に気持ちが伝わることはありません。
感謝の気持ちを伝えるのなら、照れくさくても言いにくくても、「ありがとう」の言葉を必ず添えるようにしましょう。
感謝」花言葉を込めて贈ったことを伝えることで、花言葉が生きてきます。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

アンケートにご協力お願いします

性別
年齢
【質問1】

1番好きな紅葉の名所を教えてください。

【その他】

【質問2】

選んだ名所の好きなポイントを教えてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ