関節痛

脊柱管狭窄症に杖は必須! 痛みが出たらすぐに休める折りたたみ椅子型杖とは!

2018-10-15

関連キーワード

「脊柱管狭窄症」は背骨の後方にある脊髄の通り道である「脊柱管」が狭くなり、神経を圧迫することで腰や脚に痛みやしびれが生じる疾患です。 中高年に多い疾患で、症状により日常生活を大幅に制限されることもあります。 今回は、脊柱管狭窄症の原因や治療についての説明とともに、脊柱管狭窄症を患っていても日常生活になるべく支障をきたすことなく活動するための注意点をご紹介します。

脊柱管狭窄症の原因は?

脊柱管狭窄症の原因についてご説明します。

・加齢
脊柱管の周りは骨や黄色靭帯、椎間板などに囲まれています。
年齢とともに背骨や椎間板の変形、黄色靭帯の肥厚が起こりやすくなり、脊柱管が狭くなるため神経を圧迫してしまいます。
そのため、加齢自体も脊柱管狭窄症のリスクのひとつになります。

・運動不足
長時間のパソコン作業や接客の仕事など、習慣的に座ったままであったり立ったままじっとしていたりする時間の長い方は、背骨に対して常に軸圧(上下方向の圧力)がかかってしまうため神経を圧迫する負荷が大きくなります。
また、運動不足になると腹筋や背筋など背骨を支えるための筋力も低下しがちになるため、前に述べた加齢に伴う変形や変性を起こしやすくなってしまいます。

・肥満
肥満になると、背骨が支えなければならない重さが増えるため脊柱管にかかる負荷が大きくなってしまいます。
体型の変化によって重心の位置も変化し、背骨の正常な弯曲が崩れやすくなって脊柱管を狭めてしまうこともあります。
また肥満になることで動くこと自体が億劫になり、運動不足と肥満の悪循環を作ってしまいがちです。

・姿勢不良
本来人間に備わっている背骨の生理的弯曲は、頸椎の前弯・胸椎の後弯・腰椎の前弯となっています。
この弯曲は背骨一つひとつが積み木のようにいくつも積み重なって不安定な状態で動く中で、背骨にかかる衝撃を吸収しながら効率よく動くために自然に出来上がっているものです。
猫背姿勢で背骨全体が丸まったような姿勢や、腹筋が抜けて極端に反り腰になったような不良姿勢では本来の背骨に対する衝撃吸収作用が半減してしまうため脊柱管に対する負荷が大きくなってしまいます。
また、不良姿勢を続けることで腹筋や背筋が低下したりそれらのバランスが崩れたりしてしまうので、そのことも脊柱管を狭める原因のひとつとなっています。

脊柱管狭窄症の人が歩くと良いワケ

脊柱管狭窄症の特徴的な症状のひとつに、歩き始めは症状がなく、しばらく歩き続けると腰や脚に強い痛みやしびれがでて歩けなくなる「間欠性跛行」があります。
間欠性跛行の症状が強くなると、どうしても歩くことが億劫になってしまいがちです。

しかし、歩行という全身運動を行うことで神経の通り道が拡がり、全身の血流も良くなることで筋肉の緊張もやわらいで、脊柱管狭窄症による痛みやしびれが緩和します。
また、歩く際に腹筋や背筋といった体幹の筋肉を使って腰を支えるための筋肉が鍛えられることも症状の緩和につながります。

このような効果が期待されるため、多くの整形外科医は脊柱管狭窄症の方にウォーキングを行うことをすすめています。
脊柱管狭窄症の方の中には、歩けないからと極端に活動を制限してしまい、外出や旅行の楽しみをあきらめてしまっている方も多くおられます。
しかし、杖を持ったりこまめに座って休憩をとるなど、上手な対処があれば、きれいな景色やおいしい食べ物を楽しみに出かけることも十分に可能です。
我慢をして歩くことが良いわけではありませんが、間欠性跛行の症状がでていても無理のない範囲で日常的に歩く習慣をつけてみてください。
ですが、突然運動をし始めたりすると膝などに負担がかかってしまいます。
そのような時、「Ta-Da Chair」を持っていると安心です。歩いている時は杖として使用することができ、休みたい時はワンタッチで椅子になるため、いつでもどこでも座って休憩することができます。日頃から「Ta-Da Chair」を活用することで、無理なく運動不足を解消し、脊柱管狭窄症の原因を減らすことができます。

脊柱管狭窄症の方の日常生活における注意点

投薬やリハビリテーションを行っても一朝一夕で症状が改善することはなかなかないので、脊柱管狭窄症の方は自身のつらい症状とある程度の期間はうまく付き合いながら生活しなくてはならないことがあります。
そこで、ここでは脊柱管狭窄症の方が日常生活を送るうえで注意していただきたい点をまとめてみました。

・下肢体幹の柔軟性と筋力をつける
下半身や体幹の柔軟性が低下していると、効率的でしなやかな動きができず脊柱管への負担も増加してしまいます。
身体の硬くなっている朝や活動前にはストレッチを行い、筋肉の柔軟性を高めるようにすることがおすすめです。
また、腹筋や背筋といった体幹の筋力が低下することでも背骨を支える力が不足して脊柱管狭窄症の神経症状がでやすくなりますので、体幹も積極的に鍛えるようにしましょう。
(ストレッチや筋トレの方法については、脊柱管狭窄症に悪影響のないものを選択する必要がありますので、専門家に相談をしてから行うようにしましょう。)

・長時間同姿勢を避ける
座位や立位を長時間続けることは脊柱管への負担を伴いますので、立ちっぱなしや座りっぱなしでの事務作業など長時間同じ姿勢を続けることは避けましょう。
どうしてもその姿勢を続けなければならないときは、30分ごとに腰の前後屈を行うなど意識して体勢を一度変えるようにするとよいでしょう。

・コルセットを使用する
コルセットには腰部の動きを制動する機能とともに腹筋や背筋といった腰を支える機能を助ける働きがありますので、使用することで脊柱管への負担を軽減することができます。
コルセットにはプラスチックなどでできた固定性の強いものから、布製でできた比較的柔らかく日常生活動作をあまり制限しないものなどいろいろな種類がありますので、症状によってご自身に適したものを選択してください。

・出かける際には杖を持つ
脊柱管狭窄症の特徴的な症状のひとつである「間欠性跛行」は、しばらく歩き続けると腰や脚に強いしびれや痛みがでて歩けなくなりますが、しばらくしゃがみこむようにして休憩するとまた歩けるようになります。
外出中にそのような症状がでた場合、近くにすぐ座って休憩する場所があれば問題ありませんが、そうばかりとも限りません。

そこで、おすすめなのが「Ta−Da Chair」です。
この杖は通常は一本杖として使用でき、ワンタッチで簡易の椅子に変身します。
間欠性跛行の症状がでたときにはもちろん、外出先での待ち時間などでも立ちっぱなしの時間を減らして、間欠性跛行が出現することを予防するためにも是非使用していただければと思います。
歩けなくなったらどうしようと外出が億劫になって活動が制限されるよりも、このような便利アイテムを使用することで脊柱管狭窄症とうまくつき合いながら楽しみのある生活を送っていただければと思います。

今回は、脊柱管狭窄症について原因と治療、日常生活における注意点をご紹介しました。 症状が強いと外出などが思うようにできず、沈んだ気持ちになってしまうこともあるかもしれませんが、自身の症状がでる動きや姿勢、疾患の特徴を理解して対処することで上手につき合いながらある程度の強度の活動も可能になっていきます。

今回の内容を参考にしていただき、是非前向きに生活を送っていただければと思います。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ