雑貨

【玄関マット】役割から見るおしゃれな選び方って?

関連キーワード

お客さんを迎える際には玄関から…玄関マットには玄関ドアの前で靴の汚れを落とす役割と、中で靴を脱いで廊下に至るまでに置く役割の2種類がありますよね。
そして、色々なデザインがあって選ぶのに迷ってしまう方も多い中、意外な機能性もあるのをご存知でしょうか?
それらを考慮しつつ、インテリアの一つとしてオシャレにマットを取り入れるコツをお伝えしていきます。

スポンサー

玄関ドア前のマットなら

靴底に付いた泥などの汚れを落としてから玄関へ。そうすることで、ドアから入って玄関の土間を汚すことなく清潔に保つことができます。「買い物や仕事帰りには必要ないのでは?」と思う方も多いかもしれませんが、土工事や農作業をして働く大人から、泥遊びの盛んな子供、サッカー等でグラウンドの土を踏んでくる学生まで必要とする人の幅は実は広いのです。

屋外用の玄関マット選びには、土を落としやすいループパイル仕様のものがオススメ。土やほこりを靴から取り、吸水性や耐久性が高いものも多いですよ。ドアの色と合わせて選ぶのがオシャレのコツです。

室内用の玄関マットの役割と機能性

泥んこ遊びをして帰ってきた子がそのままリビングに来ないように、スポーツで汗をかき、靴下も汚れている中高生もいったん玄関で靴下を脱げるように…そんな時に玄関マットがあると良いですよね。マットの機能性にはどういったタイプがあるでしょうか?

・ウォッシャブル
マットといえども、敷きっぱなしで清潔感が無くなってしまうのは良くないですよね。そのため、洗えるかどうかも選択肢としては重要!毛並みのふさふさしたタイプだと手洗いのみでしか対応できないものも多く、逆にまるごと洗濯機で洗えるものもあるので、必要性に応じて考えてみましょう。

・ダストと除塵性
砂ぼこりなどをキャッチしてくれるだけでなく、舞散らせないタイプなら走り回って帰ってくる子供がいても安心ですよね。赤ちゃんやハウスダストに敏感な方には除塵性を考慮するのもオススメです。ウォッシャブルかどうかと合わせて考えたい機能性ですね。

・防ダニ加工
ペットがいる家庭には防ダニ加工が施されているかどうかも判断基準にして良いでしょう。猫や犬が外から帰ってきた時でも、一緒に住まう家族は安心ですよ。これなら涼しい玄関でペットが寝たりしても安心!

・滑り止め
フローリングの上に置いて勢いよく乗ると、そのまま滑ってしまうことも!お子さんがケガをしないように滑り止め付きの選ぶのも大切です。裏面に加工が施されていない場合でも、100円ショップで滑り止めを買って対応も可能でしょう。

スポンサー

玄関のインテリアから考えるマット選び

・基本的な選び方って?
基本的な選びのコツは、玄関マットとスリッパをセットで購入すること。一番お手軽な手法であり、統一感が出てオシャレですよ。もしくは、色だけオレンジ、ブルーなどで合わせたり、柄を植物や花などにして一体感をもたせるのも良いでしょう。
色選びに迷ったら風水を取り入れてみるのもオススメです。北は赤などの暖色系、西は黄色…といった法則に従って選択すれば、「運気が下がらないよう、キレイに整頓しよう!」という気にもなるハズです。

・豪華な西洋風~シャギー&織り込み~
ペルシャ絨毯のような豪華さを感じるデザインのマットは、ウォールナットや年季の入ったレトロな洋風の棚と合わせて玄関に置いておきたいですね。ダーク系の廊下だと暗くなりがちなので、照明は明るめに。もしくはフットライトも合わせて使用するとオシャレでしょう。棚の上にはアンティークの品々を置いてみたくなります。
織り込んで作られたような細かな絵柄を描いたデザインのゴブラン織りなら上品さもあってオススメ。また、毛足の長いマットにすれば、ふさふさして触り心地がとても良く、気品あふれる雰囲気がして良いでしょう。

・緑あふれる玄関~パイル生地はデザインも豊富~
観葉植物を並べて玄関の空気を清浄にしつつ、目にも優しい空間作りをしたい時には黄緑色や水色、黄色といったフレッシュな色合いのマットが合うでしょう。パイル生地だと色んな見た目のモノも多く、吸水性が良いことから使い勝手も高いです。
デザインは植物系や水を表現した模様がオススメ。また、リーフ柄も良いですが、マットの形自体を葉っぱ一枚にしてあるのもちょっと変わってて良いかも。他にも、靴箱上の植物の隣には、透明な小瓶やガラスの物入れを置くと透き通った印象が素敵です。小さな照明と合わせてオシャレを楽しめますよ。

・キャラクターや文字で個性的に~明るく楽しいマット~
個性のある玄関や、子供も思わず楽しめるデザインのマットもオススメ!お子さんの好きなキャラクターを選ぶのもいいですし、言葉や英文字が書かれているのも面白いですよ。「welcome!」、「HOME」といった気の利いた英語から「いらっしゃい」という、思わず和んでしまうものまで色々あります。
来客時には話題になること間違いなし!
明るい床材とピッタリなオシャレな玄関にしつつ、趣味の絵を飾ったりして楽しい空間にコーディネートしていくのが良いでしょう。

まとめ

外と中で玄関マットの用途は大きく変わるのと、素材によってだいぶ使い勝手が異なることが伝わったかと思います。
家ごとの家族構成によっての必要性と、玄関をオシャレにするためにマットを選ぶ大切さ…様々なデザインと実用性があるので、あなたに合ったモノがきっと見つかるハズ!
ぜひ、色々な出会いを楽しんでみてください。

スポンサー

    ▲ページトップ