伝統工芸

世界に誇るジャパン・クオリティ「今治タオル」に会いに愛媛へ

2018-08-22

関連キーワード

愛媛県今治市では、およそ120年前からタオル産業が息づいています。糸を撚る工場からタオルを織る工場まで、約200ヵ所もの工場が集まっているという今治市は、「タオルの聖地」とも呼ばれており、高品質・安心・安全が保障された「今治タオル」が現在に至るまで作られています。今回は、そんな今治タオルの魅力に迫っていきたいと思います。

スポンサー

「タオルの聖地」で生まれた今治タオルの魅力とは

今治タオルの産地 今治市は、瀬戸内海の美しい海に面した自然あふれる街です。最近はサイクリングコースとしても人気な、しまなみ海道がある街としても注目を集めており、県内外から観光客やサイクリングを楽しむ方が足を運んでいます。

また、今治市は温暖な気候と豊かな水源を持つ町でもあります。中でも蒼社川の伏流水はタオル作りに最適な軟水で、この水があるからこそ鮮やかな色合いを出せたり、綿本来の良さを引き出すことができるのだとか。

今治タオルの一番の魅力は、その使い心地の良さにあります。実際に今治タオルには、豪華さや派手さは感じられません。その代り、使い心地の良いタオルを作るために、素材となる綿の厳選から始まり、糸や生糸の晒しや染め、タオルを織る工程に至るまで、職人が徹底して作業にあたっているそうです。

また、今治市ではユニークな品質基準方法も導入されています。それが「5秒ルール」という、タオル片を水に浮かべて5秒以内に沈むかどうかをチェックするというもの。これは今治タオルの吸水性をチェックするため、今治市で独自に確立した品質基準法で、これにクリアしたタオルのみを、洗わなくても使い始めから水を吸ってくれるタオルと定めているそうです。実際に今治タオルは柔らかいだけでなく、吸水性にも優れており、汗や水分もしっかりと吸収してくれるので、肌にも優しく普段使いにも最適です。

スポンサー

テクスポート今治でタオルに触れてタオルに学ぶ

テクスポート今治には、今治タオルを公式に扱っている「今治タオル本店」と、今治タオルの品質の高さを産地ならではの方法で体験できる体感施設「今治タオルLAB」が併設されています。「今治タオル本店」は約400種類、2万点以上もの今治タオルブランドの商品を扱っている国内最大級のショップなので、お土産選びやお気に入りのタオル探しにもおすすめです。一方で「今治タオルLAB」では、先ほど紹介した「5秒ルール」や、タオルについて豊富な知識を持つ「タオルソムリエ」という資格試験の疑似体験などもできます。どちらも「タオルの聖地」である今治市ならではの魅力が詰まっているので、ぜひ今治市へお越しの際はテクスポート今治へ足を運んでみてください。


テクスポート今治
住所:愛媛県今治市東門町5-14-3
電話:0898-23-8700
営業時間:9:00〜17:00
休館日:年末年始
公式HP:http://www.imabari-texport.com/

使い心地も良い今治タオルをぜひご家庭で

いかがでしたか? 近年、今治タオルが持つ独特の柔らかさや吸水性の高さは、海外の展示会などでも広い注目を集めているようです。ぜひ安心・安全・高品質を誇る今治タオルをご家庭でもお使いになってみてください。ほかのタオルとは違った感動を体験できるかもしれません。

スポンサー

アンケートにご協力お願いします

    ▲ページトップ