リキュール

お店での味を再現したい!カルアミルクの美味しい作り方とは

2018-08-30

関連キーワード

コーヒー好きな方、お酒があまり飲めない方にも大好評!のみやすく甘みがあり、コーヒーの風味を堪能できるお酒それがカルアミルクです。
カルアミルクはカルーアミルクとも言われており、コーヒーで作られたリキュールに、牛乳を加えて作ります。
コーヒーの香りと甘さ、牛乳のまろやかさが特徴的で特に女性からの支持されているお酒です。

口当たりがよく、甘くておいしいのでコーヒー牛乳のような感覚でごくごく飲んでしまいがちですが、アルコール度は高めで20パーセント。美味しくて飲みやすいとついつい飲みすぎてしまった後はべろべろに酔っ払い状態となってしまうので注意が必要です。
コーヒーとミルクを基本は混ぜ合わせるのですが、混ぜ切らずに先にお酒を入れた後にミルクを注ぎ、2層に分けて飲む方法も人気です。
作り方の基本はコーヒーリキュール1に対してミルクが3。
ミルク感たっぷり、まろやか感をアップさせたい場合はミルクを増やしてリキュール1にミルクが4~5が良いでしょう。
冬は身体全体があたたまり、気持ちよく酔えるホットカルアミルクがおすすめ。
カップにコーヒーリキュールを先に加えた後に暖めたミルクを注いで良くかき混ぜれば出来上がります。
心も体も優しい気分になるだけでなく、身体の中からあたたまるので、思わず笑顔がこぼれます。
通な人は牛乳ではなく、生クリームを使用して飲む方も。
しかしこの場合はお酒の割合の方が高くなるため、くれぐれも飲みすぎないように気を付けましょう。

カルアリキュールがあると、カルアミルクだけではなく、スイーツづくりにも活躍します。
手作りアイスクリームを作るときに加えたり、ティラミスやブラウニー、コーヒーゼリー、プリンなどを作る際にも使用すると、普段とは違う大人のデザートを楽しめます。
ただし、スィーツと言ってもリキュールを加えるのでお子様には与えないようにし、カルアリキュールなしのスイーツを作っておきましょう。
カルアリキュールを購入する際には様々なサイズがあります。
1000ml、700ml、350ml、200mlと4種類ほどあり、最近では抹茶風味にカルアリキュールやシナモンが香るシナモンスパイスのリキュールもあります。いつもと違ったカルアミルクが飲みたい、いつものカルアミルクと飲み比べたいという場合には是非カルアコーヒーリキュールだけでなくカルア抹茶・カルアシナモンスパイスリキュールもお試しになってみてください。

      キーワード一覧

      ▲ページトップ