スイーツ

思いっきりキャラメルソースを使用したい!だったら通販購入が便利

2018-08-31

関連キーワード

アイスクリームやケーキ、プリン、ババロアやパンケーキなど様々なスイーツにマッチし、味と風味と見た目を格段にアップさせてくれるのがキャラメルソースです。

スポンサー

キャラメルソースとカラメルソースって何が違うの?と疑問に思う方も多いと思います。
これは2つ説があり、カメラをキャメラというのと同じように、カラメルソースもキャラメルソースもどちらも同じという説が1つ。
もう1つはカラメルソースとは御砂糖とお水だけで作ったソースであり、もう1つのキャラメルソースとは砂糖にお水を加えカラメルソースを作る段階と同じ様に色づくまで煮詰め、その後に生クリームとバターを加えたソースをキャラメルソースという説です。
これはどちらの説も正解。
お菓子屋さんではっきりとカラメルソースとキャラメルソースを分けているところもあれば、カラメルソースをキャラメルソースとして使用しているところもあります。
キャンディタイプの舐めるキャラメルはバターや生クリームをたっぷりと使用して作られており、それと同様の風味を味わえるキャラメルソースを作りたい、購入したいという場合は純粋なお砂糖とお水だけのカラメルソース・キャラメルソースではなく、バターと生クリームを加えた舐めるキャラメルと同様の材料のキャラメルソースを作るか、購入するようにしましょう。

通販などで購入する際にもバターと生クリームの入っていないカラメルソースをキャラメルソースと表示して販売しているものもあれば、バターと生クリーム配合の色がキャラメル色のソースをキャラメルソースとして販売している商品と両方が存在しています。
購入する際は好み・用途に合わせて必ず原材料の表示を確認して、購入するようにしましょう。
おすすめは両方を購入し、味の違いを楽しむ方法。
艶のある純粋なお砂糖の焦げた風味を堪能できるカラメルソースとバターと生クリームの入ったまろやかなキャラメルソースの両方を使用すれば2つの味を楽しめるだけでなく、トッピングも豪華になります。
御砂糖だけのカラメルソースも、バターと生クリームを使用したキャラメルソースも材料とお鍋さえあれば自宅でも作ることが出来ますが、カラメルソースの場合は砂糖の焦げ具合の程度が難しいですし、バターと生クリームを使用したキャラメルソースも失敗すると分離してしまうことがあります。
市販のものであれば手間がかからず、冷蔵庫に入れておけば日持ちもしますし、商品によっては一回分ずつ個包装されて売られている便利な商品もあります。
時間に余裕がない方、作ると失敗するのではと不安な方、冷蔵庫である程度日持ちがする方が助かる方は通販購入がおすすめです。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ