ガーデニング

ホトトギスの花の名前の由来と種類が興味深い!

2018-09-13

関連キーワード

ホトトギスの花は、日本の特産の花で、風情がある山野草です。花の様子を見ると、見たことがある人も多いと思います。
しかし、実際にどんな種類があるのかはあまり知られていないでしょう。ホトトギスの花の名前の由来と種類について詳しく見ていきます。

ホトトギスの花の名前の由来は?

ホトトギスの花びらには独特の斑入りの模様などがあり、それが鳥のホトトギスのお腹に似ていることから「ホトトギス」という花の名前になっています。ホトトギスの花は、小さな花で可憐として親しまれています。

そんな斑入りの花が特徴的なホトトギスですが、中には、純白のホトトギスの花もあります。また、花色も様々な色があり、斑入りの特徴も様々ですので、種類も見ていくと興味深いものがあります。

ホトトギスの種類はどんなものがある?

ホトトギスの種類ですが、10種類ほどが日本にあります。ホトトギスは丈が30cm〜1mになるものがあり、特徴も様々です。育て方としては、耐寒性、耐暑性ともにある植物ですので、育てやすい初心者にもおすすめの山野草です。

その種類については、日本の各地に分布していることから、分布場所によって、いくつかの種類に分けられます。よく日本各地に見られるのが「ヤマホトトギス」で、花弁が反ったようにして咲くのが特徴のホトトギスです。白地にあずき色の斑入りの花となっていて、ホトトギスらしいちょっと不思議な雰囲気を携えた花を咲かせます。

「ヤマジノホトトギス」は、花弁は反り返らないタイプの花を咲かせ、日本各地に分布しています。「ホトトギス 白楽天」といったものもあり、こちらは花に斑が入らず、真っ白な清楚な花を咲かせます。「シロホトトギス」は白に近い薄いピンクの花を咲かせる種類となっています。

九州南部の暖かい地方には、「キバナノホトトギス」や「タカクマホトトギス」が見られます。「キバナノホトトギス」は10cm〜20cmほどしかない小さな品種で、それより少し大きいのが「タカクマホトトギス」になります。「キバナノホトトギス」も「タカクマホトトギス」も、とても鮮明な黄色の花が咲き、「キバナノホトトギス」にはあまり目立たない、細かな赤紫色の斑が入っているのが特徴です。ホトトギスよりも、水はけのいい所に植えるのがポイントです。また、他の植物と植えると負けてしまいますので、鉢植えで育てるのがおすすめです。

日本の気候に適していますので、ホトトギスは、日本各地に様々な花色と大きさのホトトギスが存在します。耐寒性、耐暑性がありますが、寒冷地で育てる場合は、春は日当たりのいい所で育て、暖かい地方では、風通しのいい日陰などで育てるようにするのが最適のようです。

垂れ下がるタイプや台湾系統、葉を楽しむホトトギスも

また、ホトトギスの中には、変わった楽しみ方ができるものがあります。茎が長く垂れ下がって雰囲気があるホトトギスもあり、深い鉢などに入れて楽しんだりすることができます。ハンギングなどで垂れ下げたりするといいでしょう。ロックガーデンで楽しむのも似合います。ホトトギス「天の川」や黄色の花が咲く「ツキヌキホトトギス」などがあります。

そして、日本以外にも台湾などで育つホトトギスの系統もあり、低地から標高の高い所まで育つ「タイワンホトトギス」や「松風」などがあります。「松風」はアズキ色の斑点がたくさん入っているのが特徴です。寒い所に植えるホトトギスとしてはおすすめの系統と言えます。

さらに、葉っぱを楽しむホトトギスもあり、斑入りの葉やカラスバなどがあり、趣があって人気です。「カラスバホトトギス」や「黄金月」「名月」「斑入り高隅ホトトギス」など日本らしい風情のある名前が付けられています。

丈が小さいために、盆栽のように鉢植えや寄せ植えをするホトトギスもあります。とてもかわいらしいサイズのホトトギスです。「チャボホトトギス」などと呼ばれ、10cm程度と小ささがまた魅力となっています。葉が黒いものや銀色のものがあり、そこも山野草らしい魅力にあふれています。

育てやすいホトトギスをいろいろな形で楽しみたい!

こうして見てきますと、暖かい地方でも寒い地方でも種類を選べば、ホトトギスを育てて楽しむことができます。育てやすく、鉢植えや盆栽で楽しむ人も多くいるホトトギスです。寄せ植えをしても、葉っぱを楽しむことができ、魅力があります。また、日陰でも育ちますので、シェードガーデンに植えて楽しむのもおすすめです。

また、垂れ下がる種類のホトトギスもあることがわかりましたので、ハンギングなどして、垂れ下がる特徴が出るように、育てるのもいいでしょう。違った雰囲気のホトトギスの楽しみ方をすることができるでしょう。

ホトトギスは、丈があまり大きくなりませんので鉢植えや寄せ植え、盆栽で仕立てるのも風情があります。育てやすい山野草として、手始めにホトトギスを育ててみるのもいいでしょう。種類がいろいろありますので、花色の違うものや斑入りの模様が違うものなどを植えることで雰囲気が変わるでしょう。ホトトギスだけで寄せ植えをして楽しむ鉢も楽しいのではないでしょうか。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ