ガーデニング

クロッカスの色や花言葉&ヨーロッパの楽しみ方が素敵!

2018-09-14

関連キーワード

クロッカスの色には実際にどんな色の種類があるのでしょうか。また、その花言葉も気になります。
また、ヨーロッパではクロッカスはとても親しまれていクロッカスは、水栽培でも育てられ、かわいい花を咲かせますので、育てたいと思っている人も多いでしょう。る花です。
そんなクロッカスの楽しみ方を、ヨーロッパから知ってみるのもいいですね。

「クロッカス」の名前の由来から、「サフラン」とは違う?

そもそも「クロッカス」という名前がどういうところから来ているのか、その由来についても見ていきましょう。ギリシャ語の「krokos(糸)」が語源です。クロッカスのめしべに注目されて、名前が付けられています。クロッカスのめしべは、よく見ると、細くて長い糸状のめしべをしています。それが特徴的なことから「krokos(糸)」という名前となったと言われています。

「クロッカス」は別名「春サフラン」「花サフラン」と呼ばれています。「サフラン」は、とても古い歴史を持っていて、「サフラン」のめしべを乾燥させたものが香辛料として、長く使われています。それに対して、花を観賞する園芸品種が「クロッカス」と呼ばれています。そのため、花はたくさんの色があって、多くの人に楽しまれているのがクロッカスです。

クロッカスの花色と花言葉が素敵!

クロッカスの色は紫、黄、白、青、赤などがあり、鮮やかできれいな色が特徴です。「青春の喜び」「切望」などといった花言葉がクロッカスには付けられています。

クロッカスは3月の春に咲くために、春の「青春の喜び」といった花言葉が付いたのでしょう。また、ヨーロッパでは春を告げる花として人々に親しまれ、春を切望する花ということから、「切望」と言った花言葉となっています。実際に、地中海沿岸を原産地とするクロッカスは、山で自生しているクロッカスがたくさん咲き乱れ、ヨーロッパに春を告げます。

こうしたことを知ると、日本でも春を告げる花として、もっとクロッカスをたくさん育てて、親しんでみるのもいい気がしてきます。

花色によって変わるクロッカスの花言葉

また、花の色によって、クロッカスの花言葉は異なります。
紫のクロッカスは、「愛の後悔」、黄色いクロッカスは「私を信じて」などとなります。バレンタインデーなどで贈るとより意味深いものになります。カラフルなクロッカスの色がありますので、花色も気にしながら贈ることが大切です。花色が気になる時は、たくさんのカラフルなクロッカスを取り合わせて贈るのもいい方法でしょう。

ヨーロッパで春咲きの「ダッチ・クロッカス」が春を告げる!

花色もカラフルなクロッカスですが、クロッカスは、地中海沿岸などの原産地では、80種類もの種類があるとされています。春を告げる春咲きのクロッカスとして、「クロッカス・ベルヌス」をオランダで改良した「ダッチ・クロッカス」などがヨーロッパでは咲き乱れます。

2月~3月頃に、黄色や紫、白の花色をしたワイングラスのような丸みを帯びた花が咲きます。日当たりが好きなクロッカスでは、日が良く当たると開き、当たらないと閉じるのも神秘性があって魅力があります。

北ドイツのフーズムでは、「クロッカス祭り」が3月末に行われ、早春の花が少ない時期にクロッカスの花が群生する様子が楽しまれています。1面に絨毯のようにクロッカスが咲く様子は春を感じて、とてもきれいで人気です。

また、ポーランドの山岳地帯の谷でも野生のクロッカスがいっぱい咲き、話題となっています。早春に咲きますので、ヨーロッパの雪の中に埋もれることもありますが、そんな雪の中でも咲くのが美しいクロッカスです。雪の中でも、日の光を浴びることで花が開き、紫の花の美しい絨毯が登場します。まさに春の訪れを発見するようなクロッカスの花の光景が現れます。

こうして、ヨーロッパで春を告げる春咲きのクロッカスは、バレンタインデーの頃にもよく咲くので有名です。そのために「聖バレンタインの花」ともクロッカスは言われているほどです。

芝生にも植えたいクロッカス!

最後に、クロッカスの原産地ヨーロッパのご紹介もしましたが、ヨーロッパでは野生種が山や公園のあちこちで春を彩ります。こうした自然に見られるクロッカスの美しい光景を日本でも真似したいものです。

芝生の中に、あちこちと自然な雰囲気で、クロッカスを植えてみるのもおすすめです。色とりどりのクロッカスを点々と芝生の中に植えてみてはいかがでしょう。とてもナチュラルな優しい気分になれるクロッカスの植え方です。

草丈の低いクロッカスが芝生のあちこちから顔を出している様子に心なごみます。たくさん植えると絨毯のようにもなるでしょう。耐暑性も耐寒性もあり、育てやすいクロッカスです。このような植え方もしながら、自然なスタイルのクロッカスを楽しんでみるのもいかがでしょうか。春になるとクロッカスが咲き乱れる庭を想像するだけでも憧れますね。

クロッカスは水栽培でも育てやすい植物と言った印象がありますよね。実際に育てやすいのでしょうか。
クロッカスはとてもかわいい印象を受けますので、育ててみたい人もいますよね。原産地や育てるコツについて詳しくご紹介します。

クロッカスは育てやすい?原産地は?

クロッカスは、早春に咲くことでも人気となっている花ですよね。まだ少し寒い時期に花を咲かせる必要がありますが、実際に育てやすいのでしょうか。

地中海沿岸が原産地などともいわれ、耐寒性も耐暑性も強いと言われているクロッカスです。夏は冬眠していると言われています。

クロッカスは、5cm~10cmとあまり大きくなりませんので、狭い場所でも植えることができるのも人気です。また、水栽培でも育てることができるのも魅力ですよね。黄色や紫の花色なども目立ち、寄せ植えなどでもよく一緒に植えられていることも多い植物ではないでしょうか。

そして、クロッカスは、耐寒性が強いことが育てやすさのポイントでもあります。10月~11月に植え付けて、2月~4月に花を楽しませてくれるため、初心者でも育てやすい球根植物です。

クロッカスを育てるコツは?

そんなクロッカスの育てるコツはどんな点でしょうか。クロッカスを育てるには、日当たりと水はけに気を付けることが大切です。

球根植物のクロッカスは、葉っぱが出てきたら、半日以上日が当たる場所で育てるのが理想的です。球根植物は、球根がしっかり生長するように育てましょう。よく日に当てて、元気な葉っぱにして光合成をさせ、球根を太らせることが大切です。

クロッカスの球根は、毎年新しい球根が親の球根の上についてできます。ということで、毎年球根を生長させることが重要です。水遣りも大切で、鉢植えでは水遣りに気を付けて乾燥させないように育てるようにしましょう。

ただし、球根を腐らせないようにすることも大切です。しっかり乾いてから水をたっぷりやるのが基本です。また、花が咲いている時期は、花に水がかからないようにやり、花が傷まないようにするのも水遣りのコツです。

クロッカスは水栽培も可能!土で育てる場合との違いは?

クロッカスは、ヒヤシンスのように水栽培もできると有名ですが、水栽培と土で育てる場合の違いはどんな点でしょうか。

水栽培をする場合の1番の特徴は、球根が1年で消耗しきってしまうことです。次の年は水栽培にしても、土に植えても育たないことが特徴です。毎年、新しい球根を買い直すことになります。ずっと長く育てたいならば、土に植えるのがおすすめと言えるでしょう。

土で育てた場合も、クロッカスは、あまり病害虫にもあまりやられないので、その点でも初心者でも育てやすい植物と言われます。土で育てる場合は、湿気に弱い面がありますので、球根が腐らないように水の遣りすぎや水はけに注意をしながら育てるのがいい方法です。

土に植えた場合、鉢底石や大粒の鹿沼土などを鉢に入れて、水はけをよくして育てます。そうした工夫さえしておけば土でも育てやすい植物です。もちろん、水栽培も簡単なのでおすすめです。

球根を太らせながら育てるのがコツ

クロッカスを育てる上でのコツと言えば、やはり球根をいかに太らせていくかが大切なことです。花が咲いた後は、カリ成分が入った化学肥料をあげて球根を太らせていきましょう。

また、クロッカスの花が咲いたら、種を付けないように、花がらをさっさと摘み取ってしまうことも必要です。球根の栄養を保っておくのがコツと言えます。そして、花後も葉っぱは大切にして育てます。枯れるまでずっと光合成をして、球根に栄養を与えるようにしておくことが必要です。そうすることで、来年も花が咲く球根になります。

クロッカスの寄せ植えを楽しんで

そんな育てやすいクロッカスを寄せ植えでも楽しみたいですよね。耐寒性、耐暑性がありますので寄せ植えもしやすい植物です。水はけだけに気を付けて、寄せ植えもしてみるといいでしょう。

春の寄せ植えには多く使われるクロッカスです。ただ、クロッカスは、球根で葉っぱが出てくるまでは地上部がさみしい植物です。それまでの時期を華やかにしてくれる植物寄せ植えをするようにします。

よく寄せ植えにされる植物としては、パンジービオラなどが同じく早春を楽しませてくれる植物としておすすめです。草丈も小さな花同士、かわいい寄せ植えを楽しむことができます。パンジービオラなどは、花が長く楽しめますので、寄せ植えとしてはおすすめの植物です。クロッカスも花の時期が長くて、春を存分に楽しめる寄せ植えになりますね。

クロッカスもまた秋咲きや冬咲きなどの品種もありますので、そういったものを楽しむのもいいでしょう。秋咲き種には、紫のサフランなども揃っています。黄色や白、紫、複色など様々な色によっても雰囲気を変えるクロッカスです。土に植えたり、水栽培などをしながら、いろいろな魅力を楽しんでみたい球根植物ですね。

クロッカスは水栽培でも育てやすい植物と言った印象がありますよね。実際に育てやすいのでしょうか。
クロッカスはとてもかわいい印象を受けますので、育ててみたい人もいますよね。原産地や育てるコツについて詳しくご紹介します。

クロッカスは育てやすい?原産地は?

クロッカスは、早春に咲くことでも人気となっている花ですよね。まだ少し寒い時期に花を咲かせる必要がありますが、実際に育てやすいのでしょうか。

地中海沿岸が原産地などともいわれ、耐寒性も耐暑性も強いと言われているクロッカスです。夏は冬眠していると言われています。

クロッカスは、5cm~10cmとあまり大きくなりませんので、狭い場所でも植えることができるのも人気です。また、水栽培でも育てることができるのも魅力ですよね。黄色や紫の花色なども目立ち、寄せ植えなどでもよく一緒に植えられていることも多い植物ではないでしょうか。

そして、クロッカスは、耐寒性が強いことが育てやすさのポイントでもあります。10月~11月に植え付けて、2月~4月に花を楽しませてくれるため、初心者でも育てやすい球根植物です。

クロッカスを育てるコツは?

そんなクロッカスの育てるコツはどんな点でしょうか。クロッカスを育てるには、日当たりと水はけに気を付けることが大切です。

球根植物のクロッカスは、葉っぱが出てきたら、半日以上日が当たる場所で育てるのが理想的です。球根植物は、球根がしっかり生長するように育てましょう。よく日に当てて、元気な葉っぱにして光合成をさせ、球根を太らせることが大切です。

クロッカスの球根は、毎年新しい球根が親の球根の上についてできます。ということで、毎年球根を生長させることが重要です。水遣りも大切で、鉢植えでは水遣りに気を付けて乾燥させないように育てるようにしましょう。

ただし、球根を腐らせないようにすることも大切です。しっかり乾いてから水をたっぷりやるのが基本です。また、花が咲いている時期は、花に水がかからないようにやり、花が傷まないようにするのも水遣りのコツです。

クロッカスは水栽培も可能!土で育てる場合との違いは?

クロッカスは、ヒヤシンスのように水栽培もできると有名ですが、水栽培と土で育てる場合の違いはどんな点でしょうか。

水栽培をする場合の1番の特徴は、球根が1年で消耗しきってしまうことです。次の年は水栽培にしても、土に植えても育たないことが特徴です。毎年、新しい球根を買い直すことになります。ずっと長く育てたいならば、土に植えるのがおすすめと言えるでしょう。

土で育てた場合も、クロッカスは、あまり病害虫にもあまりやられないので、その点でも初心者でも育てやすい植物と言われます。土で育てる場合は、湿気に弱い面がありますので、球根が腐らないように水の遣りすぎや水はけに注意をしながら育てるのがいい方法です。

土に植えた場合、鉢底石や大粒の鹿沼土などを鉢に入れて、水はけをよくして育てます。そうした工夫さえしておけば土でも育てやすい植物です。もちろん、水栽培も簡単なのでおすすめです。

球根を太らせながら育てるのがコツ

クロッカスを育てる上でのコツと言えば、やはり球根をいかに太らせていくかが大切なことです。花が咲いた後は、カリ成分が入った化学肥料をあげて球根を太らせていきましょう。

また、クロッカスの花が咲いたら、種を付けないように、花がらをさっさと摘み取ってしまうことも必要です。球根の栄養を保っておくのがコツと言えます。そして、花後も葉っぱは大切にして育てます。枯れるまでずっと光合成をして、球根に栄養を与えるようにしておくことが必要です。そうすることで、来年も花が咲く球根になります。

クロッカスの寄せ植えを楽しんで

そんな育てやすいクロッカスを寄せ植えでも楽しみたいですよね。耐寒性、耐暑性がありますので寄せ植えもしやすい植物です。水はけだけに気を付けて、寄せ植えもしてみるといいでしょう。

春の寄せ植えには多く使われるクロッカスです。ただ、クロッカスは、球根で葉っぱが出てくるまでは地上部がさみしい植物です。それまでの時期を華やかにしてくれる植物寄せ植えをするようにします。

よく寄せ植えにされる植物としては、パンジービオラなどが同じく早春を楽しませてくれる植物としておすすめです。草丈も小さな花同士、かわいい寄せ植えを楽しむことができます。パンジービオラなどは、花が長く楽しめますので、寄せ植えとしてはおすすめの植物です。クロッカスも花の時期が長くて、春を存分に楽しめる寄せ植えになりますね。

クロッカスもまた秋咲きや冬咲きなどの品種もありますので、そういったものを楽しむのもいいでしょう。秋咲き種には、紫のサフランなども揃っています。黄色や白、紫、複色など様々な色によっても雰囲気を変えるクロッカスです。土に植えたり、水栽培などをしながら、いろいろな魅力を楽しんでみたい球根植物ですね。

    ▲ページトップ