ペット

真っ白なマルチーズは飼い主に愛情を注ぐ抱っこ好きな小型犬

2018-09-14

関連キーワード

マルチーズは、純白ストレートの被毛に包まれた容姿が美しい小型犬です。
イタリア南部に位置するマルタ島が原産だとされており、17世紀に入る頃にはイギリスの王族に寵愛されるほど有名な愛玩犬になりました。
シルクのように輝く真っ白な長毛を持つマルチーズは、高貴な人々の心を虜にするほど気品に満ちあふれた美しい姿だったと伝えられています。信頼を寄せる飼い主に対しては、とても従順で穏やかに接することができる温厚な性格。好きな人の腕に抱かれると安心して大人しく身を任せるので、抱っこ好きな愛玩犬としても有名です。

世界で最も歴史のある「抱き犬」として愛されてきたマルチーズの魅力と、育て方のポイントについてご紹介します。

    純白の被毛と丸い瞳が素敵!「抱き犬」として魅力的な性格

    ◇純白ストレートの輝く被毛と丸い瞳を持つ気品あふれる小型犬

    マルチーズ最大の特徴は、輝くシルクのような純白の長い被毛と丸く愛らしい瞳。丁寧にお手入されたマルチーズは「犬の貴族」と呼ばれるにふさわしい高貴で優美な容姿をしています。
    華奢な体を使った軽やかで機敏な流れるような動きも愛らしさ抜群です。
    容姿も動作も魅力的な犬種ですが、美しさを保つためのお手入れも欠かせません。直毛で細いシングルコートの被毛は抜けづらく伸びやすい毛質。定期的なトリミングと毎日のブラッシングは必須です。耳や目のお手入れも日常的に行い、清潔に保つことを心がけます。多くの運動量を必要としない体質なので、散歩は1回10分くらい1日2回させれば十分です。
    長時間の散歩は体への負担が大きくなるので避けましょう。室内運動メインで楽しませてあげてください。体の大きさは、体高20cm〜25cm・標準体重2kg〜3kg前後。平均寿命は12歳〜15歳くらいです。

    ◇大人しく抱っこされるのが大好き!他人に対してはドライな性格

    マルチーズは飼い主への愛情が深く、大人しく抱かれることを好む穏やかな性格をしています。
    飼い主と一緒にいたい甘えん坊タイプなので、すぐ後ろをくっついて歩き回る子が多いようです。逆に言うと、それだけ飼い主に対しての執着が強いとも言えます。そのため、知らない人やペットが介入することを快く思いません。飼い主が仲良くしている相手に対して嫉妬心を剥きだしにして吠えたり、噛んだりしてしまうこともあります。マルチーズは、飼い主や家族に愛情を注ぐことを惜しみませんが、他人に対しては非常にドライな性格です。初対面の人がうっかり手を伸ばすと、吠えたり噛んだりすることが多いので気を付けましょう。

    マルチーズを元気な性格の良い子に育てるには?

    ◇遊びを通して楽しませながら学習能力を高める

    抱き犬として有名な犬種ですが、活発に遊び回ることも大好きです。
    関節が弱いので長い散歩はできませんが、機敏な動きで遊びに没頭する可愛い姿も見られます。特に、大好きな飼い主と一緒に遊べる楽しい時間は、マルチーズにとって至福のひととき。
    お気に入りのおもちゃを咥えて遊びに誘ってきたときは、是非付き合ってあげてください。学習能力が高く賢い犬種なので、遊びを通して楽しませながらしつけを行うことができます。
    犬用おもちゃを噛んでいるときは笑顔で対応し、興奮して手を噛んだときは「痛い」と言って遊びを中止してください。そして、飼い主の態度が急変したことの理由を考える時間を与えましょう。
    マルチーズは賢いので「噛んだら遊んでくれない」「噛むのはいけないこと」だと理解してくれるようになるはずです。遊びを通して楽しく覚えることで、飼い主との信頼関係が深まり「良いこと・悪いこと」の区別ができる学習能力の高い子に育ちます。

    ◇スキンシップとグルーミングは抱っこの延長がベスト

    マルチーズは飼い主の腕に抱かれると安心する子が多いので、その性質を上手に生かしたお手入れ方法がおすすめです。
    抱き上げて腕の中でゆったりと落ち着かせたら、その延長としてスキンシップとグルーミングを行いましょう。ほとんどのマルチーズは、手で体を撫でたりブラッシングしたりすると、うっとり気持ちよさそうに身を任せてくれるはずです。安心して体を委ねている間に、被毛と皮膚に異常がないかチェックしてください。
    マルチーズにとっては、飼い主の愛情を全身で感じられる幸福感を満喫できますし、飼い主にとっては無理のない状態でくまなくボディチェックできる絶好の機会です。
    最後まで大人しくお手入れさせてくれたら、思い切り褒めてあげましょう。

    ◇他人に対する無駄吠えを緩和するには

    飼い主と他人に対して全く違う反応を見せるのは、警戒心によるものなので完全に防ぐことは難しいでしょう。
    でも、他人や他のペットと交流する機会を積極的に作ることで、警戒心を和らげることも可能です。犬に慣れている知人を家に招いたときなどに、好きな食べ物やおもちゃを使って少しずつ友好関係を築いてもらってください。他人からの協力が得られれば「家族以外にも安全な人がいる」ということを学習してくれます。マルチーズは、初対面の人やペットには高確率で警戒心を剥きだしにして吠えますが、これは本能的なものなので避けるのは困難です。散歩中に吠える癖を治すのは難しいので、抱き上げて意識をそらす方向で対処しましょう。

    マルチーズは、飼い主へ惜しみなく愛情を注いでくれる美しい犬種です。
    愛犬と一緒に幸せな時間をたっぷり共有したい人にとっては、最高の愛玩犬になります。
    マルチーズを迎えて、お互いの愛情を深め合える素敵な暮らしを始めてみませんか?

      キーワード一覧

      ▲ページトップ