スイーツ

お子様からお年寄りまで大人気!つるんとした食感がたまらない白玉団子

2018-09-15

関連キーワード

お餅とはちょっと違うけどモチモチ感があり、通常のお団子よりつるんとした滑らかな食感が大人気!
お子様からお年寄りまで安心して食べられ、今やファミレスや回転すしなどのデザートでも良く目にするのが白玉団子です。

フルーツポンチやかき氷、きな粉や黒蜜、あんこやアイスクリームなどと共に冷たいデザートとしても最高ですが、お汁粉であたたかく食べてもまた美味しい。
1年を通して食べたくなる美味しい和スィーツです。
お米の美味しさ、風味・甘みが楽しめ、お米ってすごいなぁというのを実感できる白玉。
実は意外と自分で作ると水加減などで失敗してしまう方が多いです。
白玉を作るときに失敗しない方法は水加減に注意をすること。
基本的な水と粉の分量はありますが、最初にすべての粉を使用しない事。
粉に水を加える時には全体の3分の1は残し、3分の2を入れて調整していきましょう。
最初にボウルに粉に水を加え、水と粉がしっかり馴染んでから力強く練り合わせていき、お水が少し足りないようであればほんの少しずつ加えていくと失敗無し。
ボウルにも手にも付かないように粘土状になったら理想的です。
綺麗にまとまったら2〜3等分の細長い状態にし、それから団子に丸められるように手でちぎり、白い団子に丸めましょう。
ゆであがりを早く均等にしたい場合はまん丸に丸めた後ほんの少し中央を平たくするのがコツです。
全て団子状に丸められたらたっぷりと水を加えた鍋を火にかけ、沸騰させます。
沸騰したら団子をすべて入れ、2〜3分程茹で、すべての団子が浮いて1分程したら氷水または冷たい水の中に移し、冷やして出来上がり。
後はお好みできな粉や黒蜜、シロップ、あんこ、アイス、生クリーム、フルーツなどと共にいただきましょう。
白玉は出来上がったら早めに食べるのがおすすめ。時間があまりたつと固くなってきます。
少し時間を置く場合にはお砂糖をお団子に加えて作ると柔らかさをある程度保てるのでお試しください。
茹でたものを冷凍して保存も可能。
食べる時は沸騰したお湯に入れるとほんの少しゆでるだけで直ぐに柔らかくなります。

白玉を作りたいけどなかなかその暇がない、でも食べたい!という場合は冷凍白玉がおすすめ。通販などで気軽に購入することが出来ます。
冷凍白玉は1個1個が冷凍してあるため必要な分だけ解凍し、さっとボイルすればすぐに美味しい白玉が食べられます。
1キロ単位で購入すればお得感があり、欲しい分だけ出して何度も食べられます。
お米の種類や業者によってツルツルモチモチ感が違いますので評価などを比較し、自分に合った白玉を選び、購入しましょう。

    ▲ページトップ