ガーデニング

ユッカの種類がかっこいい!

2018-09-12

関連キーワード

ユッカはリュウゼツランとしても昔から日本では庭や公園などに植えられ、親しまれてきました。
最近では、観葉植物として、かっこいいととても人気です。葉に特徴があるものなどが多く魅力があります。

ユッカの様々な種類とその魅力についてご紹介していきたいと思います。

ユッカの人気の種類は

ユッカの種類は、明治頃日本に入ってきたものが多く、古くから親しまれています。家の庭や学校などに植えられているのをよく見かけることもあるでしょう。

ユッカの種類は、豊富で50種類ほどもあると言われ、北アメリカから中央アメリカが原産地です。樹高も様々で、1m〜10mと種類によって高さが大きく異なります。また、日本でよく庭などで見られるのは、「グロリオサ(和名アツバキミガヨラン)」で、樹高1m〜2mと低いユッカとなっています。5〜6月の春または10月の秋頃に鐘のような黄白色の花が鈴のように咲きます。庭や公園などで咲いている様子も見かけます。

「グロリオサ(和名アツバキミガヨラン)」に近い種類として、和名「キミガヨラン」と呼ばれる「レクルヴィフォリア」があります。古くから日本で親しまれているためにそうした和名が付いたものです。樹高は2m〜3mで、春と秋に白い花を咲かせる種類です。

また、「フィラメントサ(和名:イトラン)」は、樹高1.5mと低く、幹はほとんど伸びず、細い葉が放射状に出ます。葉の先端が垂れ下がって伸びるのが特徴で、葉のふちから糸のように繊維が出るのが変わっています。

「アロイフォリア(和名:センジュラン)」という品種は、樹高6mにも大きくなる品種で、葉の長さだけでも40cmはあろうというもので、放射状に葉が伸びます。希少価値のある「アロイフォリア(和名:センジュラン)」ですので育ててみるのもいいでしょう。ゆっくり育ちますので、小さなものがあったら育てやすいですよね。

これらのどの種類のユッカも、エネルギッシュで、南国の観葉植物と言ったイメージが魅力と言えます。

観葉植物として人気のエレファンティペス(青年の木)はイトラン属!

さて、今、観葉植物として人気を集めているのが、イトラン属の「ユッカ・エレファンティペス(青年の木)」です。原産地は北アメリカから中央アメリカで、樹高は20cmの小さなものから2m程度のものまでが園芸店で鉢で売られています。

耐寒性があって初心者でも育てやすいユッカです。「エレファンティペス」という名前は、幹が象の足のように太いために付いた名前です。

幹から新芽を出した株が観葉植物として売られていて、人気です。ユッカは葉がとがっていて、とげがあるのですが、「エレファンティペス(青年の木)」はとげがなく、「スピンレス・ユッカ」とも言われていて扱いやすいものです。

斑入りの葉の「ユッカ・エレファンティペス・シルバースター」もあり、爽やかなイメージが人気です。斑入りのため、性質的に弱い面があって、気を付ける必要がありますが、雰囲気で選んでみるといいでしょう。

どんなユッカを選ぶとおすすめ

ユッカを園芸店で選ぶ時のコツについてもご紹介します。ユッカは、太い幹が特徴ですので、幹もしっかり見て選ぶといいでしょう。幹がまっすぐしっかり立っているかどうかが大切です。大きな幹がグラグラしているようであれば、根がしっかり張っていないとも言えます。

また、とがった特徴的な葉の根元が黒く湿った感じになっていたら、葉が落ちる前兆ですので、そうした葉のユッカは選ばないようにもしましょう。

また、病害虫が付いていないかをチェックすることも大切です。葉の裏にハダニがいないかアブラムシなどが付いていないかもしっかり確認しましょう。

ユッカをどんな所に置きたい?

ユッカは、人気ですが、どんな所に置いて育てる人が多いのでしょうか。あまり横に広がりませんので、室内でしたら、リビングやダイニングに置いたり、オフィスにもよく置かれたりしているユッカです。

屋外でしたら、エントランスやベランダに置いてもいいでしょう。屋外でしたら樹高が高くなるユッカも置くことができていいでしょう。シンボルツリーとして、屋外のエントランスなどに置くのもエキゾチックな雰囲気があっておすすめです。耐寒性が割とあり、耐暑性もありますので、育てやすいのでおすすめです。

様々なユッカを樹高や葉っぱの形などで選んで!

いかがでしょうか。ユッカは、様々な種類があって、樹高も低いものから高いものまでたくさんです。室内に置くのか、屋外に置くのかによっても種類を選ぶといいでしょう。大きなものを選べば、シンボルツリーとして雰囲気のある木になり、かっこいいユッカです。

育てやすくてかっこいい印象のユッカですので、葉っぱの形や樹形にもこだわって選んでみるといいでしょう。
観葉植物としては、「エレファンティペス(青年の木)」でしたら、葉も安全になっていますので、育てやすい品種と言えます。
最近は、観葉植物として人気のユッカの魅力を堪能してみてはいかがでしょうか。

「ユッカ」が枯れそうな時はどうする?

「ユッカ」は人気の観葉植物なので育てている人も多いでしょう。そんな中で「ユッカ」の大きな葉っぱが枯れそうになったなどと困っている人も多くいます。葉っぱが印象的なユッカですから枯れそうになったらとてもびっくりするのではないでしょうか。
そんなときの対処法など、育て方で気を付けるポイントをご紹介します。

「ユッカ」はどんな仲間?育て方は?

「ユッカ」の原産地は、北アメリカから中央アメリカにかけてで、約50種類があるといわれています。日本にも実は古くから庭に植えられてきた木です。

最近は、観葉植物として部屋の中で栽培されることも多くなってきていて人気となっています。

ちょっと南国的なイメージがする植物ではないでしょうか。育て方としては、日当りをよく好みます。日陰でも育てることはできますが、元気よく育てるには日がよく当たる所に置くのが一番です。

また、4〜10月は外に出して日を当てるのも成長のためにいいことです。ただし、夏の暑さには気を付けて照り返しなどがなく風通しのいい所に置くのがコツです。

寒さには弱く、5℃以上は必要ですので冬は室内に入れて育てましょう。また、中には寒さに強い種類の「ユッカ」もありますので調べましょう。

鉢植えで育てやすい「ユッカ」ですが、そんな「ユッカ」が枯れそうな時は一体どんな時でしょうか。まとめてみました。

「ユッカ」が枯れる原因は?

「ユッカ」が枯れるといっても様々な原因があります。そのどれにあたるのかを考えることが大切です。

水やりについても水のやりすぎで枯れる場合と水が切れて枯れる場合があります。それを見分けるにはよく「ユッカ」を観察することも必要です。水をやりすぎの場合は、根元が黒くなったり、葉先が枯れます。根腐れの状況ですので、そのままにしておくと幹が柔らかくなって全体が枯れていってしまいます。

その場合は、水を控えて、枯れた葉は切り取ってしまいましょう。受け皿に水がたまった状態であればそれも捨てましょう。

水が切れて枯れる場合には、葉先が黄色くなったり、萎れて枯れたりします。その見分けが難しいのですが、日ごろから乾燥してしばらく経ってから水をやっているかどうかによってもわかるでしょう。あまり水をやっていないのに枯れているのであれば水切れですので水が下からあふれてくる位にたっぷりやりましょう。土の中に空気を通してあげるような感じで水をあげることが大切です。

また、乾燥してカラカラの黄色い葉になった場合には、エアコンなどの風が直接当たらない所に鉢を移動したり、葉水を丁寧にやるようにしましょう。

さらに日照不足であまり葉に元気がなく徒長している場合には、室内のカーテン越しに日に徐々に当てるように改善していきます。

寒くて枯れることもありますので、室内で5℃以上を目指すことも大切です。また、この時に元気がないからと水を与えるとよくありませんので、冬の時期は水やりも控えるのがポイントです。

また、「ユッカ」が根詰まりしている場合もあります。葉先から枯れてきたり、鉢の底を見ると根がはみ出て見えることがあります。その際には、一回り大きな鉢に植え替えることが必要です。植え替え後はやや日陰でたっぷり水をやりましょう。

このように、「ユッカ」が枯れる場合はそれぞれの原因を探ることが大切です。置かれている状況や水やりをしっかり考えなおして何が原因か考えてみましょう。そのことによって対策も変わってきますのでしっかり原因を探ることが重要です。

枯れないようにするにはコツも

枯れないようにしておくには最初から気を付けるコツもあります。例えば、水やりでは、夏の暑い時期は他の植物でもいえることですが、気温が下がった夕方に水やりをするのがおすすめです。また、冬の夜の水やりは冷えますので控えましょう。

「ユッカ」は成長が早いので植え替えも2〜3年に一度は必要だと最初から予定しておきましょう。5月頃の成長期にそろそろ植え替えという予定を立てましょう。

また、剪定については、成長が早いので剪定を行うことで形を整えることができます。剪定すると風通しも良くなり、病気や虫の害を予防することができます。

まあ、剪定は新しい葉の成長を促進していきますので、大きくきれいに育てるためにも剪定をして葉を入れ替えていくことが大切です。

枯れた葉はきれいに切り取っていくことも必要なことです。

水と日当たりに注意をして長く育てましょう

いかがでしょう。「ユッカ」は大きな葉っぱが魅力です。その葉っぱを大事にするためにも日ごろから水やりについては注意をしましょう。水のやりすぎ、水切れの両方に気をつけて育てましょう。

水のやりすぎ、少なすぎのどちらかの対策を取りながら、枯れた葉は取り払って元気な葉が生えてくるのを待ちましょう。長く楽しむことができる観葉植物の「ユッカ」です。枯れないようなコツもつかんで長く大事に育ててみませんか。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ