ガーデニング

ハスの花の神秘と花言葉の由来について

関連キーワード

ハスの花には、様々な神秘性があります。それがハスの花の魅力となっているでしょう。
蓮の花の神秘についてと、どんな花言葉があるのか、そしてその由来についてご紹介します。

スポンサー

ハスの花の神秘性と清らかさについて

ハスは、仏教では、極楽浄土に咲く花として珍重されている花です。知性や慈悲の象徴とされています。そうしたハスの花への特別なものは、ハスの花の咲き方にもあるようです。

ハスは、水の底の泥の中に塊茎を作って、そこから葉や花を咲かせる植物です。その様子が泥の中から美しい花を咲かせるという事で、清らかで美しいという魅力を人々に感じさせています。ハスの花言葉には、「清らかな心」という花言葉があり、そうした所から花言葉が由来したものとなっています。

確かに、花茎をのばして、スッと咲く花を朝に見るということもあり、とても清らかさがありますよね。花の清楚な姿に心が洗われる思いがします。

また、ハスの花は、仏教やヒンドゥー教の発祥の地インドやベトナム、スリランカで国花となっている花です。その清らかな姿が尊ばれています。仏教では、お釈迦様が生まれて歩いた足跡からハスの花が咲いたとされ、ハスの上にお釈迦様が立ったことなどから神聖なものとされています。

ハスの花の咲き方も花言葉へとつながるもの

また、ハスの花は、4日間程度しか咲かないと言われているのも神秘性の一つでしょう。最初に開花をしてから、4日目には散ってしまいます。それまでは、毎日、朝早く花びらを少しずつ開いては午後には閉じるということを繰り返し、完全に開いた後はすぐに散ってしまいます。

1日目はまだ蕾程度、2日目で一番きれいなところまで開き、また閉じ、3日目は少し花色が褪せていき、4日目に完全に開いたかと思うと散ります。一番きれいなハスの花を見たければ、開花から数えて2日目を見るのが一番いいでしょう。ハスの花の咲き方には、はかなさも秘められている気がしますね。

英語では、ハスには「estranged love(離れゆく愛)」という花言葉もあって4日間で花びらが一枚ずつ散って全部なくなってしまうことから「離れゆく愛」と言った悲しい花言葉も付いているほどです。「清らかな心」といった美しい花言葉と同時に、「離れゆく愛」などと悲しい花言葉もあります。

また、「休養」という花言葉もハスには付けられています。ハスの花が咲いても、午後にはつぼみの状態に閉じる様子から「休養」という花言葉になっているのも、ハスならではのものですね。

また、英語では「雄弁」という花言葉もあり、昔エジプトの神オシリスにハスの花が捧げられ、そのオシリスが雄弁であったことから「雄弁」という花言葉になったそうです。様々な伝説に基づく花言葉が残っています。

スポンサー

4日間で花色が変わるハスもある?

清らかなイメージのハスの花は、ピンクや白のイメージが強いのですが、黄色の花を咲かせる「キバナハス」も北アメリカ原産にあります。そして、この「キバナハス」と「ハス」の両方の性質を持っているハスもあって、そのハスがさらに神秘的です。

「ミセス・スローカム」という品種で、花付きも良く、大輪の八重咲きの美しい花を咲かせます。最初に咲き始めた時はピンクで咲き、そのうちに「キバナハス」のように黄色く色が変化していくというハスです。4日間で花を少しずつ開く中で、色も変化していくという、まさに不思議な特徴を持った花ですね。

ハスの花の散ったあとも不思議

ハスの花が4日できれいに散った後について、どうなるのかご存知でしょうか。ここからもまた不思議なのがハスです。ハスの花は、花が咲いている時に真ん中に「花托」という部分ができています。その形が鉢の巣にも似ていることから「蜂巣」が「ハス」となったとも言われています。

花びらが4日できれいに散ってしまった後には、この蜂の巣状の花托が残ります。そして、それが乾燥して茶色の「果托」になります。そして、その蜂の巣状の中に、実が黒く熟していきます。よく見てみると、これもとても不思議な光景です。ドライフラワーに使われることもあり、こちらもとても神秘的な不思議な魅力を携えています。

スポンサー

ハスの花の神秘性、花の美しさ、尊さを感じたい!

ハスの花が泥から花茎だけを伸ばし、清らかな美しい花を咲かせるということに私たちの多くは感動します。そして、4日間しか開かないというハスの花の、はかなさにも感情を移入してしまいます。7月~8月などにハスの花が咲き始めたら、時期と時間を逃さずに楽しみたいですね。貴重だからこそ、尊ばれている花です。

「清らかな心」「離れゆく愛」など様々な魅力を持ったハスの花を、ぜひ鑑賞に出掛けてみてはいかがでしょうか。朝の静かな時間に心も静めて、ハスを見る心を持つことで心も洗われるひと時となるでしょう。ぜひ、夏の時間に「清らかな心」を感じられるように、ハスの花の神秘性、花の美しさ、尊さに触れてみたいですね。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ