食文化

美味しくて身体によい!栄養豊で健康・美容に役立つもずく

2018-09-28

関連キーワード

もずくはとても食べやすい海草の1つ。スーパーなどでは食酢で味付けされ小分けされて良く売られており、お父さんのお酒のおつまみの一つといったイメージを持つ方も多いかと思います。
しかしこのもずくは沖縄などではさまざまな調理法で食べられており、バリエーション豊か。味付けをしていない新鮮なもずくを購入すれば天ぷらやお吸い物、雑炊など様々な料理に加えて楽しむことが出来ます。
栄養も豊富で健康・美容に大きな効果がある食材として一時期大ブームとなり、品薄になったことも。妊婦さんにも安心して食べられる栄養価の高い食べ物としても良く知られています。

スポンサー

もずくはフコダインというぬめりの成分が特に注目されています。
フコダインは食物繊維の1種。このフコダインは体内に侵入したウイルスを攻撃する免疫活性作用があります。身体の免疫力を高める効果が期待でき、がん予防、ウイルス性の病気にかかりにくくなります。
整腸作用・腸内フローラ改善、むくみ解消にも役立ちます。
また糖質の吸収を緩和し、コレストロール値を下げる効果も期待できます。
ダイエット中に食べる食材としては最適です。
またミネラルが豊富なので髪の艶が少ない方、抜け毛が多い方にも効果的。
さらにフコダインは乾燥肌にうるおいを与え、ビタミンも豊富なので美白効果や若返り効果も期待できます。
美味しいもずくの食べ方は塩抜きを上手にすることが大切です。
塩抜きが中途半端ですと味が塩辛いというイメージだけが残り、美味しさが半減してしまいます。
まずは水で良く3回ほど洗い、30分から1時間程水に浸けておき、その後ざるなどに開けて使用しましょう。
水に戻す際には1度に食べきる分だけ戻すことが大切です。
戻したもずくは定番のもずく酢やもずくの玉子焼き、もずくの天ぷら、納豆和え、オクラ和え、モズクスープやお味噌汁、マヨネーズサラダやサラダのトッピングとしても美味しくいただけます。
また、春巻きの具や卵炒め、炊き込みご飯もおすすめです。

もずくは一度に沢山食べると消化不良の原因にもない、ヨード分の過剰摂取は甲状腺に悪影響を及ぼす可能性があるため身体によいからと言って一度に沢山食べ過ぎないようにしましょう。
もずくは低カロリーで食物繊維が豊富で満腹感を得やすいため、ダイエット目的であれば食前に食べると食べ過ぎを抑え、食事全体のカロリーを減らすことが出来ます。
是非一度通販などで沖縄特産の塩モズクなどを購入し、もずく酢の他、様々な調理方法をお試しになり、ご家族でもずくの美味しさを堪能してみてください。

『趣味時間』とは? 他とは一味違う旅情報と大人の趣味ネタが満載のWEBマガジン!

『趣味時間』は、大人の趣味を楽しむためのライフスタイルマガジンです。大人が気になるさまざまなジャンルの趣味・知識の情報を、楽しみながら吸収できる読み物スタイルでご提供しています。既に読みつくせないほどの記事をご用意しているほか、日々新しい情報が更新されていますので、ちょっとした空き時間を有意義に過ごすのに最適なWEBマガジンなのです。

    ▲ページトップ