関節痛

座禅で足が痛い? それってひょっとして痛風かも

2018-12-09

関連キーワード

座禅ブームは相変わらず続いています。マインドフルネスなど、西洋の新しい健康法とも通じる、日本古来の健康寿命を支える力。しかし、足の痛みなどで修業に集中できないというお悩みも…その足の痛み。
ひょっとして痛風の前触れでは? 痛風の初期症状として最も多いのは、足の親指の付け根に強い痛みを感じ、その部分が赤くなったり、熱をもったりすることと言われています。痛風の初期症状を感じてしまったら、その強い痛みから健康とは言いにくくなります。痛風の初期症状を改善して、健康のための座禅やマインドフルネスに励めるようにしていきましょう。

座禅で足が痛くなる?

座禅は、禅宗の基本的な修行法の一つとされています。
座った状態で姿勢を正して精神統一を行うもので、自宅でも心身をすっきりさせることができると注目されています。最近では座禅をベースにした「マインドフルネス」という瞑想法も評判となり、様々な著名人たちがその魅力にはまっています。

座禅をする際、結跏趺坐(けっかふざ)という座り方をすることがありますが、足を結ぶようにして座るため、苦手な人も多いと思います。結跏趺坐ができなかったり、できても足が痛いという人は、股関節や足首の関節の可動域が狭い可能性があります。しばらく各部位のストレッチを行って股関節と足首を柔らかくすれば、足を痛めることなく結跏趺坐で座れるようになるはずです。それでもなお足が痛いという場合はあぐらなどリラックスした座り方でも問題はありません。
ただ、リラックスした状態で座っているのになぜか足が痛む場合は、痛風の初期症状の可能性があります。

痛風かも?と感じたら試してみたい痛風対策

痛風は全身の関節や骨端部に尿酸結晶が蓄積した結果、免疫機能がその尿酸結晶を攻撃し始めるため、赤み・痛み・熱を持たせると考えられています。その尿酸結晶ができ上がってしまう過程において、高尿酸血症となってしまうことが挙げられます。この尿酸とは、プリン体が分解されて生成される物質であり、通常、尿として排泄されます。

プリン体は食品における旨味の成分であると考えられており、多くの食品に含まれています。このプリン体を多く含んだ食品を、食べすぎる生活を続けると尿酸を多く生成してしまうことになります。尿酸は通常、尿として排出されますが、生成されすぎた尿酸は水に溶けにくいという性質があり、血液中に残ってしまうことになってしまいます。その状態が積み重なっていくことで、痛風の初期症状を発症してしまうと考えられています。

まず、試してみたいこととして、プリン体を多く含む食品をさけること、血液中の尿酸値を下げるために水を多めに飲んで、利尿をつけることなどが挙げられます。痛みの対策として、痛みが強い発作時は、患部を氷水で冷やし安静にすること、お風呂に入る際は長湯を避けて、温めないようにすることが挙げられます。お風呂に入り、温めることは症状の増悪を招くことで知られているため、入浴中に強い痛みを感じた場合は注意が必要です。お風呂に入らなければ不衛生となるため、入浴前、入浴後に患部を冷やすなど、冷やし方を工夫していくことがよいのではないでしょうか。

これらのことは、病院にかからなくても、薬局などで特別専門的なものを購入しなくてもできる対症療法です。そのため、痛風かも!? と感じたら、すぐに気楽に始められる方法と言えるでしょう。

鎮痛剤を使うほどではないけど痛みが続くようになってしまった! どうしよう?

常に痛みが続くようになってしまったら、その痛みはとても辛いものがあります。我慢できないわけではないけど、気になるのが当然と言えます。そこでどうするか、考えてしまいますよね。
上記で紹介した「患部を氷水で冷やす」方法は、痛みを麻痺させ、赤みと熱をひかせる効果があり、痛み対策としてとても効果的な対症療法です。しかし、仕事中などは常に冷やしているわけにはいきませんし、冷やしすぎることで皮膚トラブルを引き起こしかねません。そこで次なる一手を考えていきます。

痛風があまりにも疑わしい、患部に強い痛み、腫れ、赤み、熱感を感じた場合は速やかに病院にかかり、診察を受けることが望ましいことは言うまでもありません。しかし、鈍い痛みが続くだけで、赤み、腫れ、熱感も感じないとすれば病院にかかるのは、ためらってしまいますし、市販の鎮痛剤を使用するにも躊躇してしまいますよね。

病院も薬も躊躇してしまうような軽い症状だけど、ありきたりの対症療法では効果があまり感じない場合、試してみたいのが痛風に効果があると宣伝されているサプリメントが当てはまるのではないでしょうか? 病院にかかり、検査を受け、内服薬を処方してもらうより安価で済みますし、サプリメントの内容を自分の症状に合わせて選んで購入することができます。

痛風対策としてお勧めされるサプリメントには、尿酸の生成を抑制する効果が期待される成分を含有しているもの、プリン体と尿酸を排泄しやすくするもの、抗炎症作用が期待できる成分が含有されており、抗炎症作用によって痛みの緩和が期待できるものなど、実に様々な種類の商品が販売されています。痛風が気になり始めたら、痛風対策としてお勧めされているサプリメントを試してみるのはいかがでしょうか。

最近足が痛む?痛風・尿酸値・プリン体対策なら恵葉プレミアム。



処方薬よりサプリメントの方が使いやすいけど、痛風対策の効果は期待できるの?

サプリメントが痛風対策として、本当に効果が期待できるのか?とても気になる点ですね。サプリメントを販売している会社はとても多くあります。その中で痛風対策のサプリメントを探すとしてもとても数が多く、何を購入しようか迷ってしまいますよね。そこで注目したいのがサプリメントの成分。

抗炎症作用が期待される成分、尿酸の生成を抑える効果が期待される成分、プリン体・尿酸の排泄を促すことが期待される成分に注目してみてください。成分については、販売元のホームページや販売店に掲示してあるチラシなどから情報を収集することができます。そこには、利用者の感想も掲載されており、自分に似た症状を持っていた人が、サプリメントを使ってその効果を実感できたのかを見ることができます。

痛風対策のサプリメントによく見られる成分として「アンセリン」というものがあります。この「アンセリン」は大型の回遊魚に多く含まれているとされ、その含有量をめぐって、各社しのぎを削っており、宣伝でもよく見られている成分です。「アンセリン」には、尿酸の生成を抑え、さらにプリン体と尿酸の排出を促す効果が期待されると考えられています。その効果が最大限発揮できると考えられる含有量について販売元は研究し、期待される効果が発揮できる量が十分含められるよう精製に当たっています。

サプリメントの商品に含まれている含有成分を見て、自分の症状と照らし合わせ、さらに利用した人の感想を見て、購入を検討してみる。利用してみると、思いがけないほどの効果を感じるかもしれませんよ。サプリメントと対症療法を工夫して組み合わせれば、その効果をさらに高くできる可能性が期待されます。痛風と思われる症状が緩和されるように生活を整えて、気持ちよく座禅やマインドフルネスができる健康体を目指しましょう。

最近足が痛む?痛風・尿酸値・プリン体対策なら恵葉プレミアム。



    キーワード一覧

    ▲ページトップ