食文化

女性にファン多し!食事がわりにもなる美味しいキッシュとは

2018-10-05

関連キーワード

おしゃれな前菜や総菜が売られているお店やデリカ店、高級パン屋さんなどで見かけるキッシュ。
見た目はグラタンやピザの様だけど具体的にどのようなものなのか知らないという方も多いのではないでしょうか。
キッシュとはホームパーティやお洒落なカフェレストランなどで人気のパイ料理。
見た目もおしゃれでインスタ映えし、パーティなどでも華があるため、女性から特に支持されています。

キッシュの正式名称はキッシュロレーヌ。
フランスのロレーヌ地方の家庭料理で、パイ生地またはタルト生地の入った器に卵、生クリーム、チーズを混ぜ合わせたクリームとベーコンやホウレンソウなどの具材を混ぜ合わせたものを流し入れ、焼き上げ、ケーキのようにカットして食べるのが一般的です。
濃厚な卵の入ったクリームが焼くことにより適度にかたまり、絶妙な美味しさ。
たとえて言うなら洋風のしっかりとした茶碗蒸しといったイメージです。
ピザやグラタンとはまた違った食感。
具材もホウレンソウ+ベーコンの相性は最高ですが、鶏肉やひき肉、ズッキーニ、トマトやナス、マッシュルームやウインナーなどその時その時で具材を変えることにより、様々なキッシュを楽しむことができます。
焼き上がりの熱々も美味しいですが、焼きあがった後完全に冷めるまで時間を置いてから食べるのも最高。全体が落ち着き、味がなじむため、より一層美味しくなります。

キッシュが食べたい!と思ったら近くのお店を探すよりもネット通販の方が見つけやすく便利。お店によって具材やチーズの種類・大きさなどで個性を出し、売られています。
お店によってはミニサイズのキッシュを具材の種類を変えてセットにして販売しているところもあります。

市販のキッシュはとても美味しいですが、生クリームをたっぷりと使用したキッシュはちょっぴり高め。
気軽に食べたいときは簡単にできるお手軽キッシュを手作りしましょう。
タルト生地やパイ生地からつくると手間と時間がかかりますがすでに売られているタルト生地や冷凍パイシートを使用すれば後は基本のクリームと好きな具材を入れ焼くだけ。とても簡単にキッシュが作れます。
また、サンドイッチ用の食パンを型に詰めても土台となり、美味しいキッシュができます。
セミドライトマトを使用すると見た目が綺麗で味もぐんとアップするのでパーティ用のトッピングにおすすめです。
きのこたっぷりキッシュも美味しいですし、アボカドを加えればさらに濃厚でクリーミィなキッシュができます。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ