ご当地グルメ

栄養豊富で優しい味わいの青森県津軽地方のけの汁とは

2018-10-07

関連キーワード

日本全国にはそれぞれに自慢の汁物があります。
その中でも沢山の野菜や山菜・高野豆腐などをたっぷりと入れた栄養豊富な汁物として注目さなのが青森名物のけの汁です。
けの汁とは津軽地方青森県に伝わる郷土料理の1つ。
粥の汁が訛ってけの汁と名付けられたと言われています。
大根、ニンジン、ゴボウなどの根菜類やわらび・フキ・ぜんまいといった山菜類・豆腐・油揚げ・高野豆腐・大豆をすりつぶしたものなどの大豆製品を細かく刻んで煮込み、お味噌・お醤油などで味を調えて出来上がり。
たっぷりの具材が入っているため、とにかく栄養豊富。
けの汁があればほとんどおかずはいらないと言える程食べ応えとバランスが整った汁物です。

昔、小正月である1月15日は唯一お嫁さんが安心して実家に戻ってゆっくりできる日でした。
そのため女正月とも言われ、その際には実家に戻ったお嫁さんがいなくても他の家族が困らないようにけの汁を鍋いっぱいにつくり、里帰りをしたと言われています。
火をかけあたため直せる保存食として食べられる料理であり、津軽の七草とも言われ、無病息災を願う精進料理でもあります。

けの汁は作り立ても美味しいですが、日にちが立つほど素材の味がじっくりと染みこみ、美味しさがさらにアップしていくため、数日続いても美味しくいただけます。

家庭で作る際にはごぼう、人参、しいたけ、大根、蒟蒻、大豆、高野豆腐、油揚げ、ゆでたわらびやゼンマイ、フキなどの山菜を用意。
そして好みによって水煮か蒸した大豆を適量用意しましょう。
高野豆腐や水に戻して油揚げは熱湯をかけ、余分な油分を抜き、蒟蒻は下茹でしましょう。
ごぼうの皮は良く洗ってこすり取った後約5ミリ角に切り、あくが出ないように水にさらしておきます。
大根、人参、しいたけ、蒟蒻、油揚げ、シイタケも5ミリ角にカット。
山菜も5ミリ幅にカットします。
大きな鍋にたっぷりのだし汁を加え、カットした材料をすべて加え、材料が柔らかくなるまでじっくりと煮て、最後にお味噌・お醤油を加えて味付けをした後、軽く刻みつぶした大豆を加えて出来上がりです。
けの汁を美味しく作るコツは材料を均一5ミリに丁寧にカットすることとできるだけ大きな鍋で多めに作ること。
あまり少量よりもたくさん作り、煮込んだ方が素材の美味しさが引き出せ、美味しいけの汁となります。
いつもと違ったごちそう味噌汁としてけの汁にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。
大豆の美味しさ、根菜の美味しさ、山菜の美味しさが堪能できます。

けの汁のけは、お粥の意味

画像出典:みちのく料理西むら


津軽の小正月に欠かせない粥の汁、西むらでは地元青森の郷土料理メニューをゆっくりとご堪能いただけます。青森県は、白神山地・八甲田連峰、日本海・太平洋・津軽海峡・陸奥湾に囲まれています。ぜひ、豊かな緑と豊かな海恵まれた、青森県ならではの伝統のお料理を地酒と共に味わってみてください。
オーシャンビューの席もございます。

みちのく料理西むら
【所在地】
青森県青森市安方1-1-40 青森県観光物産館アスパム内10階
【電話番号】
017-734-5353
【営業時間】
11:00〜15:30(ラストオーダー15:00)16:30〜20:00( ラストオーダー19:30)
【定休日】
不定休
【アクセス】
JR青森駅より徒歩8分程度

かまどで炊いたふっくら美味しいご飯が自慢

画像出典:津軽旨米屋 TSUGARU-UMAIYA


津軽旨米屋 TSUGARU-UMAIYAは、津軽藩ねぷた村の中にあります。200kgの青森県産つがるロマンを石かまどと三升炊きの鉄釜で一気に炊きあげた炊き立てごはんと地場野菜のお漬物などとを組み合わせた、シンプルな日本の定食を提供しており、津軽海峡のいくらと鮭の親子丼や貝焼きけの汁定食などがあります。貝焼きけの汁は、個別なべをお膳であたためていただくスタイルなので、けの汁が炊き上がる様子を楽しみながらお食事をしていたくことができます。
津軽藩ねぷた村には津軽三味線や津軽弁などの体験講座もあり、実物大の大型ねぷたを見ることもできます。

津軽旨米屋
【所在地】
青森県弘前市亀甲町61 津軽藩ねぷた村内
【電話番号】
0172-39-1511
【営業時間】
11:00〜15:00(津軽藩ねぷた村の閉館17:30)
【定休日】
無休

    ▲ページトップ