ガーデニング

カーネーションの花言葉は色によって変わる?

2018-10-10

関連キーワード

カーネーションは母の日に贈る赤やピンクのカーネーションの印象が強いのですが、最近ではカラフルなカーネーションも登場しています。また、カーネーションの花言葉は色によっても様々です。
カーネーションの色と花言葉について詳しくなってみませんか。

カーネーションの花にはどんな色がある?

カーネーションの花にはどんな色があるのでしょうか。最近ではカーネーションの色も多彩です。赤、濃い赤、ピンク、オレンジ、黄色、青、紫、白など様々な色があります。

世界でも人気があるカーネーションは、スペインとモナコ公国、ホンジュラスでは国花となっています。世界で次々と品種改良が行われ、様々な色が開発されています。そして色の豊富さによっても益々人気が高まっています。

母の日にカーネーションを贈るのはアメリカと日本だけ

ところで、母の日にカーネーションを贈るのはアメリカと日本だけなのを知っていますか。元々、カーネーションを母の日に贈る風習はアメリカから来ていますから、それが伝わった日本とアメリカだけでカーネーションが贈られていることになります。

他の国は母の日の花として、オーストラリアでは菊、イタリアではアザリアの鉢、フィンランドではミニバラ、タイではジャスミンなどを贈る風習などがあります。その他特定の花ではなくお母さんの好きな花を贈るなどという国もあります。

母の日に赤のカーネーション以外を贈る人も!色別花言葉が参考に

昔は、母の日と言えば、赤いカーネーションでしたが、最近では、ピンクやオレンジなど他の色を贈ることも増えています。赤のカーネーションの花言葉は、「母への愛」「深い愛」などいかにも母の日に贈る花らしい花言葉ですが、他の色はどんな花言葉でしょうか。

ピンクですとかわいらしい色ですので「女性の愛」「熱愛」「感謝」や「気品」と母親以外に贈るのにもおすすめの花言葉となっています。濃い赤になると「私の心に悲しみを」や「欲望」などとなり、濃い色ということもあって少し悲しく強い意味合いを持ってきます。

また、オレンジですと「純粋な愛」「清らかな慕情」「感動」などとなります。カーネーションのオレンジは優しいオレンジを選んでみるとかわいらしくて珍しく喜ばれることも多い色です。

黄色のカーネーションはというと、「嫉妬」や「軽蔑」などといった花言葉もあり、母の日に贈るには少し考える必要も出てきます。

また、白のカーネーションは、花言葉は「純粋な愛」などですが、亡くなった母親に昔は贈られていたこともあり、気を付ける必要があります。

青のカーネーションが日本で開発されて注目に!

他にも変わった色として、紫のカーネーションなどもあり、「気まぐれ」「移り気」以外に「誇り」「気品」などが花言葉になっています。さらに青のカーネーションには「永遠の幸福」という花言葉があります。年配のお母さんにちょっと変わったカーネーションを贈る場合に品がある色として紫色や青のカーネーションに人気が出てきています。

特にこの青のカーネーションは、世界で唯一日本で開発されたもので、サントリーフラワーズによって作られた珍しい色です。青は「永遠の幸福」という花言葉もあって喜ばれ、とても貴重なものです。その名も「ムーンダスト」と言う名前がついた種類があって、様々な濃淡の紫色があって魅力的です。これからこの青いチューリップ「ムーンダスト」を母の日に贈ることが一般化することがあるかもしれません。

カーネーションの魅力とは

カーネーションは1週間程度花持ちするのも魅力です。贈った場合に長持ちする点はとてもおすすめです。最近ではカーネーションの鉢植えを贈るのも、多年草ですので毎年楽しんでもらえて人気です。耐寒性も耐暑性もあって育てやすくておすすめです。またカーネーションの香りも魅力の一つとなっています。

また近頃ではミニカーネーションも人気ですよね。10cmや20cmといった低い丈でも花を咲かせるミニカーネーションも魅力的です。

さらに、カーネーションの花色をずっと楽しんでほしいとプリザーブドフラワーのカーネーションを贈る人もいます。一度脱水して着色しますので好きな花色にして贈るのもいいでしょう。

カーネーションは花言葉も大切にカラフルな色もおすすめ!

いかがでしょうか。カーネーションの花言葉についてご紹介しました。カラフルな色が登場しているカーネーションです。母の日を始めてとして人に贈る場合も花言葉を大切にしながら贈ってみるといいでしょう。母の日も赤のカーネーションだけでなく、時にはピンクや可愛らしいオレンジなどもおすすめです。

また、貴重な青のカーネーションを「永遠の幸福」という素敵な花言葉と一緒に添えるのも素敵なプレゼントになりますね。母の日だけでなく、結婚祝いや結婚記念日にも贈るのに良さそうですね。色別の花言葉を知ってみるといろいろと楽しむことができますね。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ