ガーデニング

母の日花って最近はいろいろな種類がある?

2018-10-20

関連キーワード

母の日の花と言えば、カーネーションと言うイメージがありますが、最近ではいろいろな花を贈る人が増えています。どんな花を贈っているのか気になるでしょう。最近の人気の花をご紹介します。

母の日花ってどんな花がおすすめ

母の日に贈る花としては、カーネーションが代表的なようにお母さんのイメージを感じる優しい花の形や色がおすすめでしょう。最近では、カーネーションに限らず、お母さんの好きな花を選んで贈る人も増えています。例えばお母さんの好きな色を考えて花を贈る人も多くなっています。

贈る花の種類もバラエティに富むようになり、お母さんの優しくて上品で、大人の品がある花が好まれています。クレマチスやあじさい、バラ、そしてユリなどを贈る人も増えています。また、花束ではなくアレンジや鉢植えを贈るのも人気です。

鉢植えを贈ることで、長く育てる楽しみもありとても喜ばれます。特に園芸好きなお母さんには鉢植えはおすすめですよね。バラの鉢を花色違いでプレゼントしたり、様々なアイデアを工夫したりすることができます。

クレマチスの鉢植えは年中楽しめておすすめ

まず、クレマチスの鉢植えを最近母の日に贈る人が増えています。たくさんの花が咲き、長く楽しめるのでプレゼントしては最適です。ちょうど母の日頃から花の時期を迎えますのでぴったりな花と言えます。

また、鉢植えで贈れるというのも魅力です。耐寒性もあって初心者でも育てやすい多年草のクレマチスは、来年も花が楽しめておすすめです。種類によっては四季咲きもあって1年中花を楽しめます。

花色も赤、ピンク、白、黄色、青、茶色、黒、複色など様々な色が豊富で、お母さんの好きな色を選ぶことができるのもオリジナリティがあっていいですよね。

可愛いアジサイの鉢植えもおすすめ

他に、同じ時期に旬を迎える花としてアジサイもおすすめです。アジサイも優しい表情がある花で長く楽しめますので贈るのにいい花です。アジサイの花色もピンクや紫、青などがあって母の日のイメージにもおすすめの花でしょう。特にピンクのアジサイの花などは可愛らしくてボリュームがあって素敵です。また、最近では白い花の「アナベル」などといったアジサイも可憐で人気です。

母の日にミニバラの鉢も素敵!

母の日にバラを贈る人も増えています。女性でバラが好きな人は多いですよね。最近ではミニバラの鉢も人気となっています。

母の日と言うことで、赤いバラとしては「クリムゾン・グローリー」や「アレックスレッド」、「ローズオオサカ」などといった種類があり、人気です。赤だけでなく、ピンクもいろいろなピンクがあって、お母さんのイメージで選ぶといいでしょう。薄いピンクには「フェリシア」や「アベイドゥヴァルサント」、「デュシェス・ドゥ・ブラバン」といった品種、濃いピンクであれば「サンテグジュペリ」などといった品種を選ぶことができます。

ミニバラなので、置く場所にも困らないで育てることができるのも魅力です。ただ、バラは育てるのが少し難しく、特にミニバラは病害虫にもやられやすく、初心者にはずっと育てるのは難しいでしょう。できれば、園芸が好きなお母さんにあげるのがおすすめです。色も赤、ピンク以外にオレンジや黄色、紫、茶色、黒や複色とあり、たくさんの中から選べるのは大きな魅力です。

ユリの鉢植えを贈る場合は

ユリの鉢植えを贈るのもおすすめです。ユリは清楚な感じがして好きな人も多いですよね。ユリというと花束というイメージですが、鉢植えをあげるのもいい方法です。ユリは、初心者でも育てやすいのがいい点でしょう。6月〜7月に開花し、耐寒性もある多年草なので園芸初心者のお母さんにも贈るのにも最適です。

ユリの花色も白以外に赤、ピンク、オレンジ、黄色や複色などがあって、それぞれに雰囲気が異なります。母の日にはオリエンタル系のピンクの華やかな大輪の鉢植えも人気です。その名も「マザーズピンク」などというユリも登場しています。他にも「スターゲイザーイザー」という濃いピンクのユリもあります。

また、「シュガーラブ」と言って、クリームっぽい花弁にピンクの縁取りが可愛いユリも魅力的です。女性の憧れでもある白い大きなカサブランカも有名で、育てやすくていいでしょう。ユリは、甘い香りをずっと楽しんでもらえる贈り物になっておすすめです。

お母さんによって贈る花の種類も変えてみるのもおすすめ!

クレマチス、あじさい、バラ、ユリとそれぞれに花色も豊富でお母さんの雰囲気によって選べるものがあるのがポイントです。長く楽しんでもらえる鉢植えはおすすめですので、園芸が好きかどうかによって育てやすさを考えて母の日に鉢植えも贈るといいでしょう。もちろんカーネーションの鉢植えもいいですよね。いろいろな種類の花の中から、お母さんのイメージに合うものを母の日花として贈ってみてはいかがでしょうか。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ