スイーツ

体に良く美味しいお餅!場所によって作り方が違うよもぎ餅

関連キーワード

よもぎ餅というとイメージするのはきな粉を付けて食べる丸い草餅を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。
色鮮やかで香りのよいよもぎ餅はあんこ入りとあんこ無しの2種類がありますよね。
ところ変われば品変わる、同じよもぎ餅という名前でも場所によってはこの草餅とは違うよもぎ餅が存在します。

スポンサー

珍しいよもぎ餅としてご紹介するのが奄美大島の銘菓であるよもぎ餅。
地元ではよもぎ餅という名称ではなくカシャモチと言われています。
自然豊富な奄美大島は昔からよもぎが豊富にあり、栄養も豊かなため、多くの家庭がよもぎを摘み、様々な料理に使用しています。
奄美で作られるよもぎがたっぷり入ったよもぎ餅であるカシャモチは3月3日の旧暦の節句で食べられるものですが、大変人気で美味しいお餅なので奄美では美味しいおやつとして年間を通してスーパーや物産所でも販売されており、各家庭でも作られています。
カシャモチの作り方はゆでたよもぎに島ザラメや黒砂糖、水飴、島餅粉・餅粉の他、家庭によってはさつまいもも加えたものをクマタケランやカシャ(月桃の葉)などに包み、蒸し器で蒸して出来上がり。
比較的強めの火でじっくりと50分程蒸し、蒸しあがりを確認して出来上がり。
食べる時に葉をはずして中身を食べます。
よもぎの香りに加え、葉の香りも楽しめるというお洒落な一品。
お店やネットなどでは葉にくるまったまま売られているものや、葉が無いよもぎ餅のままのものも売られています。
通常の草餅とは違った甘みとコクのある独特の美味しさ。
作る人によっては黒砂糖やザラメをたっぷりと加えるため見た目が緑ではなく黒っぽいものも。奄美に行く機会があったら色々なお店で食べ比べてみるのもおすすめです。

また、同じよもぎ餅でもたっぷりとよもぎの葉が加えられた切り餅もおいしい。
よもぎの香りと風味を楽しめ、鮮やかな色を楽しみながら切り餅が楽しめます。
よもぎの切り餅の良いところはお醤油をつける・きな粉をかける・茹で小豆などをかけて食べるなど自分好みの食べ方で焼き立てを楽しむことができます。

よもぎは日本では昔から愛されているハーブの女王。
キク科の多年草で繁殖力が高く、様々なところで気軽に見つけることができます。
栄養豊富で様々な効能・効果が期待できる薬草としても知られています。
デトックス作用・腸内環境改善、浄血効果、貧血予防、冷え性改善、デトックス作用など健康・美容に大いに役立ちます。
おやつや小腹が空いたときに健康・美容をサポートするよもぎ餅はいかがでしょうか。

スポンサー

おすすめよもぎ餅3選

画像出典:きた山中谷堂


きた山中谷堂

中谷堂では餅本来の柔らかさやコシを生み出すために高速餅つきにこだわり、よもぎ餅の風味のために素材にもとことんこだわっているそうです。
よもぎの風味と餡の甘味、そして餅の食感を存分に楽しんでいただける一品となっております。

http://www.nakatanidou.jp/
TEL:0742-23-0141



画像出典:中将堂本舗


中将堂本舗

中将堂本舗の中将餅(よもぎ餅)は、当麻の里に昔から伝わる掌大のあんつけ餅を一口の大きさにし、牡丹の花びらを型どったものです。

https://www.chujodo.com/
TEL:0745-48-3211



画像出典:虹だんご(虹屋)


虹だんご(虹屋)

蔵王の「よもぎ」を瞬間冷凍し、たっぷりとうるち米に搗きこんだ香り豊かなお餅です。
小豆は北海道十勝産を使用し、コクと旨みをを残しつつも、余分な雑味の無いすっきりとした甘さが特徴のあんこです。

http://www.nijidango.com/index.html
TEL:048-988-0248

スポンサー

    ▲ページトップ