ガーデニング

福寿草の開花の季節はいつ?

関連キーワード

福寿草というと、雪の中からのぞく黄色の花が印象的なイメージです。
冬から春にかけて咲く新春を感じる花ですが、実際の開花の時期はいつなのでしょうか。
福寿草の開花について詳しく知ってみませんか。

スポンサー

福寿草の花についてもっと知りたい!

福寿草」の花は、縁起がいい花として知られています。「福寿草」の「福寿」という意味は、「幸福で長命なこと」という意味です。「福を招く花」とも言われ、お正月にも福寿草の鉢を床の間に飾ったりするでしょう。

別名「元日草」とも呼ばれ、旧暦の正月の2月頃に開花します。冬の寒い時期に雪の中でさえ黄色の花をしっかり咲かせることから、「幸福で長命なこと」、「福寿」という名前も付いたのではないかと思います。

福寿草は、キンポウゲ科の多年草です。日本や東南アジアが原産地の山野草で、日本の気候には合っている植物です。一度植えると来年も楽しめるのも魅力です。歴史も古く江戸時代から園芸品種もたくさん作られ、縁起がいい花として多くの人々に愛されてきています。

福寿草の花の不思議

福寿草の草丈は実際には20cm〜30cmになると言われていますが、私たちのイメージする福寿草は雪の中にちょっとだけ花を見せるような、とても小さなものですよね。しかし、自分で実際に栽培していくと、草丈は大きくなります。福寿草の小さくて可憐なイメージが変わるかもしれません。

その福寿草の花は黄色をしていますが、花には不思議な特徴もあります。日光が当たっている間は開いて、日光が当たらなくなる夕方には花が閉じる性質を持っています。つまり、花を楽しむためにはよく日に当てることも大切と言えます。花の時期になった頃から日光のよく当たる所に鉢などは移動するといいでしょう。意外と知らない福寿草の花の咲き方を知ると不思議なことがありますよね。

スポンサー

福寿草の開花時期は2月〜4月!

福寿草の花の咲く時期ですが、実際には2月〜4月頃に咲きます。耐暑性も耐寒性も普通で、明るい日陰などで育てるのがおすすめの福寿草です。落葉樹で、夏の前には早くも落葉してしまいます。そこから長く休眠して2月〜4月の早春に花を咲かせる多年草です。

この早い時期に休眠してしまう福寿草については、気を付けることもあります。落葉して休眠しているからと言って福寿草に水を遣らないと枯れてしまいます。休眠中もある程度は水を忘れないで遣ることが大切です。地上部は休眠していますが、根はしっかり生きて来年の早春に備えようとしていますので、水遣りを欠かさないようにしましょう。

そうすることで、落葉した何もない状態から翌年に地中から芽が出て2月頃に蕾ができます。花が何もないような時期に黄色の可憐な花をまた咲かせてくれる、とても貴重な福寿草です。早春に花茎を伸ばすと葉っぱを付けて成長し、夏前にはまた落葉するということを繰り返します。

福寿草の根は本来太い?花の凍結にも注意!

福寿草の苗についてですが、小さなイメージの福寿草ですが、根は意外と太いのが特徴です。園芸店などで売られているものは太い根を切ったものもありますが、元々は太いので大きくて深い鉢を準備して植えるのがおすすめです。20〜30cmに大きくなることを想定して鉢植えの場合には植えます。

もちろん庭でも育てることができますが、庭植えの場合には注意も必要です。花はまだまだ寒い2月から咲き始めますので、花びらに水がかかって花が凍結しないようにも気を付けましょう。寒い時期に咲く花ならではの育てる注意点もあります。

スポンサー

福寿草には毒がある?

縁起がいい花として好まれている福寿草ですが、毒草とも一方では言われているのを知っていますか。フキノトウと同じような時期に新芽を見かけますので食べられるかもと思ってしまいがちですが、毒草です。間違って食べないようにくれぐれも気を付けましょう。

福寿草の根に毒があり、芽がたらの芽にも似ているため、注意が必要です。強心作用があって嘔吐や呼吸困難や心臓まひなどで死に至ることもあります。福寿草にはそんな一面もあることを知っておきましょう。

福寿草を庭に増やしたい!

福寿草と言えば、白い雪の合間から黄色の鮮やかな花がのぞくイメージがやはり強いでしょう。庭で、そんな福寿草を楽しみたいならば、庭では落葉樹と落葉樹の間に植えるのがおすすめの環境です。落葉樹の近くに植えておくことで、福寿草の花が咲くころには、落葉していて日当たりもよく花が良く開く好環境となります。そして、福寿草もそんないい環境に植えておくと自然と増えていきますのでおすすめです。

早春の福寿草の可愛い花を楽しもう!

福寿草の花の時期は他の花がない時期で、小さな福寿草の花はとても貴重です。そんな可愛い花を楽しむためにぜひ自分でも育ててみたいですね。縁起がいいと言われる福寿草を植えて毎年増やしてみるのもいいでしょう。鉢植えの場合にも年に1度か2年に1度、植え替える際に株分けして増やすことができますので楽しんでみませんか。

スポンサー

植物を探す

花の名前
あ行 か行 さ行 た行 な行 は行 ま行 や行 ら行 わ行

    ▲ページトップ