ご当地グルメ

一度食べると美味しさにはまる!福井県大野特産の漬物すこ

関連キーワード

しゃきしゃきっとした美味しい漬物が食べたい!そんな漬物好きも納得の甘酢漬けと言えば福井県大野特産のすこです。
すこと聞くと一体原材料は何?と想像ができない方も多いと思いますが、これはサトイモの品種である八つ頭の茎である赤いずいきを甘酢漬けにしたもの。
福井県のお祭りなどには欠かせない料理としても有名です。

スポンサー

見た目は食欲の無い時でも思わず手が出る鮮やかな赤色。
一口食べればまた食べたくなり、止まらなくなるほどの美味しさです。
八つ頭そのものは里芋の種類の中でも流通量が少なく高級品。
子芋が分球せずに一つの塊になり、頭が八つ程かたまっているように見えるので八つ頭と名付けられたと言われています。
茎のズイキの部分は栄養豊富な優れもの。
カルシウムやカリウム、食物繊維が豊富なほか、女性に嬉しい鉄分も豊富です。
高血圧の方やむくみがちな方、貧血気味の方や便秘気味の方に嬉しい食べ物。
美容食・健康食・ダイエット食としても人気で精進料理などにも使用されています。

食べてみたい!と思ったら通販購入がおすすめ。
届いたら気軽にすぐに食べられます。
もし、八つ頭のズイキが手に入る機会があったらすこづくりにチャレンジしてみましょう。
作り方難しいものではありません。
赤ズイキ1キロに対して塩小さじ4杯、お砂糖200グラム、酢を1・5カップ用意。
まずは赤ズイキを洗った後皮をむき、食べやすい3~5センチほどの長さに切り、約1時間水にさらしておきます。
その後しっかりと水気を切り、お鍋に火をかけ、ズイキをカラ炒りします。
しゃきしゃき感が残る程度にから炒りすることですこの出来上がりが格段に美味しくなります。
カラ炒り後酢を入れて火を止めたらお砂糖と塩を入れて出来上がり。
じっくりと味がなじむよう冷ましましょう。
器に盛ったら最後にお好みの量の白ごまを掛けると風味が増し、美味しさがアップします。

すこはそのままたべるだけでも美味しいですが、ちょっぴりそのままだけでは物足りなさを感じたらキュウリの薄切りを加えて和える、細かく刻んでちらしずしの具にする、味のアクセントとして炒飯の具材に加えるなどアレンジが楽しめます。
朝ごはんにノおかずとして炊き立てのご飯にすこは最高においしいですが、消化の良いお粥にもぴったり。すこを刻んで入れると食が進み、朝から元気が出てきます。
また夜小腹が空いたときはすこ入りのお茶漬けもおすすめです。
すこをまだ食べたことの無い漬物好きな方は是非お取り寄せくださいませ。

スポンサー

「すこ」をつまみながらお茶をいただく

画像出典:株式会社平成大野屋


精進料理には欠かせない、甘酸っぱくしゃきしゃきとした食感が食欲をそそる「すこ」。通販の株式会社平成大野屋では、上庄農産加工株式会社の「すこ」を販売しています。上庄農産加工株式会社は添加物未使用、上庄地区の農産物だけを主要原材料とした食品加工の会社です。おやつに「すこ」をつまみながらお茶を飲むというのも、なかなか乙なものではないでしょうか。

株式会社平成大野屋
【所在地】
福井県大野市元町1番2号
【電話番号】
0779-69-9200
【営業時間】
9:00~18:00 年末年始(12月30日~1月2日)休業
URL:http://www.h-onoya.co.jp 冬季(12~3月)10:00~18:00 第2・第4火曜日

スポンサー

    ▲ページトップ