脂肪

内臓脂肪はどうやって落とす? 痛風や高血圧も引き起こす可能性が!?

2018-11-16

関連キーワード

昨今、メタボリックシンドロームという言葉は珍しくないものになっています。それは最近の食生活の豊かさ故の結果でしょうか。しかしそれは内臓脂肪の蓄積によって、さまざまな病気を引き起こします。今回は内臓脂肪の蓄積によって起こる可能性のある病気についてと、その原因である内臓脂肪の落とし方を紹介したいと思います。

内臓脂肪が溜まりすぎるとどうなるの?

脂肪が溜まりすぎていると聞くと、「メタボリックシンドローム」を想像してしまいますね。メタボリックシンドロームは「腹部肥満」「高中性脂肪」「高血圧」「高血糖」の四つが日本における診断基準となっています。そのうち、二つ以上の症状が同時に見られる状態で診断される傾向があるようです。「腹部肥満」という言葉だけを聞くと、「ただお腹に脂肪がついている肥満状態」と捉えがちですよね。肥満状態には「リンゴ型」と「洋ナシ型」という二つの肥満で分けることができます。

●リンゴ型肥満とは
 内臓脂肪型肥満と考えられており、お腹周りの皮下脂肪が少なく摘みにくいと、一見太って見えない場合もあります。お腹の皮下脂肪は少ないけども、お腹が出ている状態ではリンゴ型肥満と分類される傾向があります。こちらの肥満は生活習慣病ハイリスクの肥満と考えられています。

●洋ナシ形肥満とは
 皮下脂肪型肥満と考えられており、下腹部、腰、足、臀部にかけて皮下脂肪が蓄積されるため、洋ナシの形っぽく見える肥満のタイプとされています。リンゴ型肥満に比べて、生活習慣病のリスクは低いと考えられているようですが、体型改善を考え取り組んでもなかなか体が締まらず、皮下脂肪は落としにくいと実感しやすい傾向があるようです。

 さて、生活習慣病ハイリスクのリンゴ型肥満ですが、それを判断するには腹囲の測定を行います。職場の健康診断で必ず受ける測定の一つであり、ズボンの購入時などでも測定する場合もあるため、子ども大人問わず、誰しも一度は受けたことがあるかと思われます。判断基準の腹囲は男性で90?以上、女性で80?以上となっています。

 このようにリンゴ型肥満の場合、内臓脂肪が蓄積している状態であるため、各臓器が脂肪により圧迫されることになります。すると、本来の機能を十分に発揮する働きを脂肪に邪魔されやすくなります。さらに内臓脂肪は消費されやすいことから、血液検査基準値を超えてしまいやすくする傾向があります。この状態が習慣化することが、数ある生活習慣病ハイリスクの要因としてしまうのです。内臓脂肪が溜まれば溜まる程、内臓にそれだけ負担をかけることになるわけですから、当然生活習慣病のリスクがより高くなってしまいますよね。

脂肪が蓄積されることで、特に起こりやすいと考えらえるのが高中性脂肪による動脈硬化と高血圧、高尿酸による痛風ではないでしょうか?中性脂肪はコレステロールとも捉えられ、コレステロールの原因はプリン体の過剰摂取に関係しているのではとも考えられます。

最近足が痛む?痛風・尿酸値・プリン体対策なら恵葉プレミアム。



内臓脂肪はどのようにすると落ちるの?

溜まりすぎると各内臓に負担をかける内臓脂肪。どのようにすると内臓脂肪を落とすことができるのでしょうか。皮下脂肪に比べて落としやすい傾向がある内臓脂肪ですが、食生活の改善だけでは残念ながら不十分ですし、ストレスを溜めこみやすく、リバウンドリスクが高くなってしまいます。

 そこで行う手段が運動です。「運動しなさい」と言われてしまうと、うんざりしてしまいますが、運動は内臓脂肪を減らすためにはとても効果的なのです。しかし、普段全く運動していなければ突然高負荷のジョギングなどを始めてしまうと怪我の原因となってしまい、運動や仕事どころではなくなってしまいます。

 そのため、まずは軽い運動から始めて少しずつ体を慣らしていきましょう。例えば出勤の際、階段を使う、歩く、自転車を使うなどが挙げられますね。時間や体力に自信があれば地域にもよりますが、朝のラジオ体操を一緒にやってみるとか、健康の太極拳をしてみるなんかもよいのではないでしょうか。

女性に人気のホットヨガも効果的で、最近では男性でも参加する人が増えているようです。フィットネスジムを覗いて見ると、中高年の男性と女性の割合がほぼ拮抗しているところもあるくらいです。

中にはペットの犬と毎朝散歩するようにしたところ、血液検査の結果が少しずつ改善したという方の話も聞いたことがあります。忙しい毎日、なかなか時間がないかもしれませんが、内臓脂肪を落とすためにぜひ取り組んでもらいたいことと思われます。

 さらに食事療法を合わせると完璧なのですが、食事療法はとても心理的負担が大きく、強い意志がなく、なんとなく行うだけではほとんど効果が期待できません。必ずと言っていいほどリバウンドするからです。血液検査で指摘された項目に対する食材を少し注意する程度で留めると、ストレスも少なく始められるのではないでしょうか?
この場合は、コレステロール・プリン体の接種を注意することです。現在では、味は同じでも低コレステロール・プリン体フリーの食品が多数販売されているので、こういった食品を利用するのも内臓脂肪を落とす対策の一つと言えるでしょう。

内臓脂肪を落とす方法にプラスアルファのサプリメント!

運動するには体力が必要です。運動・体力と食べることは切っても切り離せない関係であり、食べないと体力も気力もそがれてしまいます。普段の生活もそうですが、運動を取り入れるのであれば、運動負荷のことを考えたカロリー摂取を心がけましょう。一日普通に過ごすだけで2000kcalから2500kcal必要であると考えられています。運動負荷が高ければプラスアルファで食べる必要があります。

 本題から少しズレますが、ボディービルダーの人たちの体重をご存知ですか?ものすごい筋肉ですがスリムですよね。でも実は体重がかなりあるのです。筋肉というのは脂肪の免責から比べると半分以下と少なく、水を多く含むため重たくなるのです。それに筋肉は熱を生み出し活動するわけですから、カロリーを必要とします。普通の人より食べても内臓脂肪知らずの体は素晴らしいですよね。

 ただ、体力には限界があります。個人によってかなりの差がありますが、持続した運動をするとなると、気力も必要となります。そこで考えたいのがサプリメントの摂取。

「恵葉プレミアム」には、アンセリンという大型回遊魚が動き続けるのに必要としているアミノ酸を豊富に含んでいます。

アンセリンを摂ることで、体の気力・体力が湧いてくるような印象を受けると思われます。また、尿酸値を正常値に戻す効果も期待され、尿酸値の改善効果=高中性脂肪の改善効果にもつながってくる印象を受けます。尿酸値を正常値に戻すには代謝にて体外に排出することが必要です。これは中性脂肪も同様です。「恵葉プレミアム」をプラスアルファで召し上がって頂き、運動をして、若干食事に気を遣う。

 これらのことを日常の中で合わせて行うことで、様々な生活習慣病の予防効果が期待されますね。「恵葉プレミアム」で排出しやすくしたら、それに合わせてさらに代謝と排出しやすくするようお水をたくさん飲むように心がけましょう。生活習慣病の予防にはお水をたくさん飲むことも代謝と排泄を促進するために効果的なのではと考えられています。お水を飲まないと尿も便も作られにくくなるわけですから、健康維持の基本なのかもしれませんね。

最近足が痛む?痛風・尿酸値・プリン体対策なら恵葉プレミアム。



      キーワード一覧

      ▲ページトップ