温泉

ロマンスカーで行きたい箱根湯本温泉

関連キーワード

箱根と言えば「駅伝」「ロマンスカー」「温泉」というイメージは日本国民であればだれもが持っているイメージです。
歴史も古く、近年では人気アニメとのコラボによってさらに知名度を上げています。
ここではそんな箱根湯本温泉について紹介していきたいと思います。

スポンサー

1、箱根温泉の歴史

1-1 箱根温泉のはじまり
箱根の温泉は箱根火山が長い年月をかけてできたものです。
はじまりは非常に古く、奈良時代の736年、都を中心に疱瘡が流行して多くの人が亡くなりました。
そこで加賀の霊山白山を開いた泰澄の弟子である浄定坊が関東に遣わされました。
浄定坊は箱根の湯本に白山権現をつくり、十一面観音を刻んで十一面の修法を行うと湯本の山が避けてそこから霊泉が湧き出てきました。
付近の疱瘡にかかった人々がその湯につかると疱瘡が治ったとされており、そこから長きにわたって湯治場として愛されてきました。
箱根温泉が広く世間に知られるようになったのは安土桃山時代に豊臣秀吉が小田原征伐を行ったことです。
このとき小田原城に立て籠もった北条氏を攻めるために全国から大軍を集め、長期戦が行われました。その際秀吉は気を紛らわせるためと疲れを癒すために箱根の温泉を利用したとされています。

1-2 全国的な知名度の温泉へ
江戸時代になると箱根は五街道の東海道に沿った温泉地として有名になり、「箱根七湯」として知られていきます。
箱根七湯とは「湯本」「塔之沢」「堂ヶ島」「宮ノ下」「底倉」「木賀」「芦之湯」のことです。
街道からは大きく外れていたために七湯には入れられなかった「姥子」を含めて箱根八湯と呼ばれることもあります。
このころには全国の温泉番付が発表されており、箱根七湯は平均して上位に入るという快挙をなしとげています。
なかでも「芦之湯」は前頭上位に位置付けられていました。
明治時代に入るとさらに観光地化が進められ、「箱根登山鉄道鉄道線」「小田急グループ」などが相次いで箱根に乗り入れたことで多くの観光客が訪れるようになります。
新たな温泉の開発も行われ、江戸時代からの箱根八湯に加えて、「大平台」「小涌谷」「二ノ平」「強羅」「宮城野」「仙石原」「湯ノ花沢」「芦ノ湖」「蛸川」の九つを加えて箱根十七湯、「早雲山」「大涌谷」「湖尻」の三ヶ所を加えて箱根二十湯と呼ぶこともあります。

2、箱根湯本温泉とは

現在では箱根は都心に身近な温泉郷として宿泊利用客が全国トップとなっています。
そのなかでも箱根湯本は箱根の玄関口でもあり、もっとも古くに開かれた温泉としても有名です。
箱根湯本駅から箱根山に向かうとずっと尾根が続いている湯坂山が見えます。
名前の由来が「温泉が湧き出る急な坂の山」ということで、現在でも湯坂山の横穴からは温泉が湧き出ています。
この湯坂山の麓に広がっているのが湯本温泉なのです。

2-1 湯量と泉質
箱根湯本は奈良時代に開かれてから約1200年たっていますが、毎日約8000tもの湧出量を現在でも誇っています。
湯本・塔之沢には源泉が79あり、それらの揚湯量は5344L/分にも達します。
これは1秒間に100L近い温泉が提供されているということで、この豊富な湯量も箱根湯本の人気の秘訣となっています。

箱根湯本、塔ノ沢共にPH8.8~8.9ほどのアルカリ性単純泉ですので、肌に優しく刺激は低めとなっており、万人向けの温泉です。
無色透明、無味無臭ですので子どもやお年寄りでも安心して入ることができます。

2-2 箱根湯本の観光地
小田急ロマンスカーで箱根を目指せば新宿から乗り換えなしで箱根湯本まで訪れることができます。
途中、美しい景色を見ながら訪れることができるため小旅行先としては最高です。

「箱根神社」
箱根神社は古来より関東総鎮守箱根大権現とされてきた神社で、交通安全や心願成就、開運厄除に高い御利益があるとされており、近年では強力なパワースポットとして有名です。

住所:〒250-0522 神奈川県足柄下郡箱根町元箱根80-1
電話:0460-83-7123
公式HP:http://hakonejinja.or.jp/

「えう”ぁ屋」
箱根は実は社会現象にまでなった人気アニメ「エヴァンゲリオン」と非常に関わりが深い場所でもあります。
中でも箱根湯本は「第4使徒サキエル」が襲撃した場所でもあり、主人公の碇シンジの名シーンもここ箱根湯本でした。
現在でも熱烈なファンたちの聖地として人気になっており、箱根にはエヴァンゲリオン内で出てくる都市の名前がつけられたローソンが3店舗あります。
「第3新東京市北店」「第3新東京市南店」「(旧)第3新東京市店」というもので、店内のいたるところにエヴァンゲリオンが描かれ、ここでしか手に入らない限定グッズも販売されています。

また、箱根登山鉄道箱根湯本駅1Fには「えう”ぁ屋」が開店しています。
原宿の「EVANGELION STORE TOKYO-01」に続いての2店舗目となるお店で、こちらも箱根店だけのオリジナル商品が用意されておりそのグッズは大人気となっています。

えう”ぁ屋
住所:神奈川県足柄下郡箱根町湯本字 白石下707-1
電話:0460-85-9881
公式HP:http://www.evastore2.jp/evaya/

スポンサー

3、箱根温泉の運営は

箱根はそれぞれの拠点で観光に力を入れていますが、統括しているのは「箱根湯本観光協会」です。

運営 箱根湯本観光協会
住所:〒250-0311 神奈川県足柄下郡箱根町湯本211-1
電話:0460-85-7751
公式HP:http://www.hakoneyumoto.com/

スポンサー

    ▲ページトップ