ガーデニング

カイガラムシに効く殺虫剤のおすすめは? 

2018-11-05

関連キーワード

カイガラムシが発生したらまずどうしようとその気持ち悪さに思ってしまいますが、まず思い浮かべるのは殺虫剤ですよね。

カイガラムシと調べると「駆除」とまず出てくるのは多くの人がどれだけ駆除に困っているかということです。発生すると大量発生したりしてしまう所が見た目にも気持ち悪く、退治が困難なのがカイガラムシです。

その具体的な駆除の方法として殺虫剤のおすすめをまとめました。一緒にカイガラムシについてもっと知って駆除法を考えてみませんか。

不思議な生き物、カイガラムシの生態って?

カイガラムシは実は嫌がられているだけでなく、有効な活用もなされているという事実があるのを知っていますか。その不思議な生態から様々な活用もされているのです。

最も変わった生態は、カイガラムシの体表から体を覆う被覆物質が出る点です。カイガラムシの種類によってそれが有効に活用されていて、また、体の中に蓄積されている色素も利用されています。沢山の種類のカイガラムシがいるために、ロウを作るものがあってロウソクの原料や医薬品やワックスやインクなどに使われるものもあるのです。

古くから染色の材料に使われていたり、食品着色料や化粧品に使われたりしています。そんな話を聞くと実に不思議な虫だという認識を持ちますよね。

カイガラムシの生態を知ると駆除のコツも

また、生態が変わっていますので、実はそれによって駆除が難しくもなっています。成虫になると自分の余分な栄養や排泄物で体を覆われてしまいますので農薬や殺虫剤が効かないということにもなるからです。

ですからできるだけ早めに対処しておくことがカイガラムシの場合は大事です。5〜7月の繁殖期の前に事前の対策を取ったりすることが大事なのです。

例えばホームセンターなどで手に入る「マシン油乳剤」を冬の1〜2月頃に早めに複数回スプレーで散布しておきます。「マシン油乳剤」には95%剤と97%剤とがあり、カイガラムシには95%剤を使う人が多いのですが、97%剤の方がよく効くとも言われています。

これで早めに散布するだけで発生を結構予防できます。特に一度カイガラムシが発生した場所などにはまた発生することも多くありますので、こんな予防対策が有効と言われています。

そしてついに成虫を見つけてしまったら、今度は一番効果的なのはブラシなどで直接こすって落とすことになります。落としたものはしっかり殺虫スプレーをして袋に入れて処分します。その際には処分の仕方もきっちりしなければいけません。

またまだ幼虫の頃であれば、「カイガラムシ」の体は覆われていないので農薬や殺虫剤を掛けて駆除できますので、とにかく早めに見つけて成虫にならないうちにできれば駆除することが大事となってきます。

カイガラムシを早めに見つけるコツは?

それでは、どうしたらカイガラムシを早めに見つけることができるのかというと、小さいのでカイガラムシを見つけるのが大変と思う人もいるかもしれません。そんな方にコツをお伝えすると、例えば葉っぱに「すす病」と呼ばれる黒く葉がすすで汚れたような病気が出て来たらカイガラムシがいるのではという心配することが大事です。

またアリが木を登っていても注意をして見る必要があります。枝や幹、葉の裏に付いていることが多い「カイガラムシ」ですので早く見つけて早めの対処をするように気を付けます。しっかり日頃の観察をしておくことが大事だという事ですよね。

カイガラムシにおすすめの殺虫剤は?

成虫になると中々効かないこともあるのですが、「住友化学園芸 カイガラムシエアゾール 480ml」などカイガラムシ専用のエアゾールタイプのスプレーを掛けるのがおすすめです。その際はマスクやゴーグルなどをしてスプレーも注意をして行う必要があります。

スプレータイプはそこにピンポイントに掛けることができますのであまり広がらずに害になりにくいのでおすすめです。殺虫剤によってどんどん繁殖していくのを抑えることができます。

カイガラムシの生態、成長に合わせた駆除法を

いかがでしたか。カイガラムシは駆除が難しいと言われていますが、その生態をしっかり知って早めの駆除をするのが一番のおすすめということがわかりました。

早めならば、予防策の「マシン油乳剤」を冬のうちに複数回散布しておくのが一番効果的です。次が幼虫の時の殺虫剤、そして最後に成虫になってしまったらブラシで落とし取るという方法で、それぞれの時期に合わせてきちんと対処しておくことが大事となります。

葉っぱに「すす病」などを発症する可能性もある「カイガラムシ」ですから、きちんと駆除していっぱいに広がることを避けることが重要です。

また、駆除しても来年に備えて「マシン油乳剤」を散布しておくことも必要で、カイガラムシ対策は万全を尽くすことが理想と言えそうですね。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ