ガーデニング

ピートモスとは?良い土作りのために必要?

2018-11-06

関連キーワード

ブルーベリーを育てる時によく聞かれる「ピートモス」って何だか詳しく知っていますか。ピートモスはどんなもので、どんな役割をするのか、土作りが大事なガーデニングで「ピートモス」の役割を考えてみました。

上手に「ピートモス」を使ってブルーベリーや苔、山野草などを育ててみませんか。「ピートモス」は良い土作りをするという全般的な面において実はとても力強い味方なのですよ。

ピートモスは酸性にしてくれる優秀な土壌改良剤!

「ピートモス」は、本来何なのかと言うと、原料はヤナギやミズゴケなどの苔類が積み重なっていって炭化し固まったものです。それを乾燥させ粉砕したものが「ピートモス」となっています。

土に混ぜると保水性が良くなり、土を酸性にしてくれる酸性の性質を持ったものです。堆肥や腐葉土などが重宝されるように、土を酸性にするためには大事な土壌改良材と言われるものです。

この日本で売られている「ピートモス」は、主にヨーロッパの輸入品が多く売られています。また同じ土壌改良材の「パーライト」「バーミキュライト」と混ぜて使うとさらに通気性・保水性・保肥性がパーフェクトになり一緒に使われたりします。

また、「ピートモス」は、元々原料が苔類が積み重なったものなので見た目も清潔で乾燥させてあるので軽いのも特徴と言えます。10リットル入りなどとなるとやはり重いのですが・・・・・・。

また、ピートモスは無菌状態なので、種まき用の用土としても活用する使い道もあり、本当に優れものですよね。

酸性土壌にするってどういうこと?

 よく酸性土壌にするために「ピートモス」を使うと言われますが、酸性土壌というのは実際にはどういうものなのでしょうか。元々日本の土は弱酸性だと言われますが、もっと酸性にするには「ピートモス」が重要な役割を果たします。

 例えば、酸性の土が好きな「ブルーベリー」の場合には「ピートモス」を加えて育てることが必要になってくるというわけになります。

ではそういった植物を育てる場合にどれくらい酸性にするのかということですが、それを計測するのが土壌PH計と呼ばれる機械です。PHとは中性をPH=7としてそれより下がっていくと酸性、それより高くなるとアルカリ性ということがわかるというものです。 土壌PH計を土の中に入れてPHを測り酸性かアルカリ性かの今現在の土の性質を測ります。

植物ごとに好きなPH(酸性・アルカリ性)が分かれていますので、酸性土壌が好きなのかアルカリ性土壌が好きなのかを知った上で、土のPHを調整して育てることが大切という事が言えますね。

比較的酸性に強い植物は、サトイモ、椿、栗、パイナップルで東南アジア、中央アフリカ、アメリカなどを原産地とする植物は酸性に強いようです。これは原産地の土壌がそのようになっているからだということにあるようにも感じられます。ホーレン草やトマト、タマネギ、キャベツは酸性に弱い植物と言ったことをあらかじめ知っておくと植物を育てる場合、特に家庭菜園をする場合にも役立ちますよね。

ピートモスの基本的な割合は2〜3割

こうして「ピートモス」を混ぜる場合の割合は、基本的には全体の2〜3割の量がおすすめとなっています。
日本の土壌は弱酸性ですが、石灰などによって中性からアルカリ性になってしまった土の場合は、もっとピートモスを加えてPH度を下げて酸性にしていくことも必要です。食物によっても酸性が好きな度合いが違いますのでブルーベリーなどは特に酸性がもっと「ピートモス」の割合が高くなっていきます。

また、「ピートモス」を加えることで水持ちも良くなり、保水性や通気性も良くなることも期待できます。酸性に調整するだけでなく、保水性や通気性を改善するためにも「ピートモス」を使えば有効だという事です。ただし、この時はあまり酸性になり過ぎないように少しずつ加えて土壌の保水性や通気性を改良する必要があり、その際に充分に給水させて使わないと効果が薄れますので注意して下さい。

ピートモスの使い方次第で良い土作りに活かして!

そして、「ピートモス」を購入する際には、酸性が調整されていないものは弱酸性なのですが、既に酸性が調整されていてほぼ中性で売っている物や酸性に結構傾いているものもあり選ぶこともできます。「ピートモス」の種類も酸性の調整用に使うのか保水性や通気性の調整用に使うのかといったいろいろな使用目的によって選んで使うのがおすすめです。

その具体的な使い方としては、ブルーベリーを植える時に周り50cm、深さ50cmほどを改良していきます。穴を掘ってその土に2〜3割の「ピートモス」を混ぜ、その土をブルーペリーの周りに入れ込み、地面より少し高い位に土を載せます。この際に「ピートモス」は乾燥させてありますので水をたっぷりかけて湿らせて使います。

また、土を混ぜないで2〜3割の「ピートモス」を穴に入れてあげる方法というのも可能です。意外と簡単な「ピートモス」の使い方ですよね。

良い土を作りたい、植物に元気がない時に保水性、通気性などにも優れた土壌にしたい時の改良材となります。「ピートモス」の使い方に慣れてもっと植物を元気にしてあげませんか。土のPH(酸性・アルカリ性)についても知ってみるともっといろいろな試し方ができそうですよね。

    キーワード一覧

    ▲ページトップ